北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

春餅

巻餅


北京には、立春に「春餅」を食べる習慣があります。
「春餅」というのは、北京ダックの皮のような、クレープのような、「餅」で、
いろいろな料理を巻いて食べるものです。

昔の北京では冬の間、野菜は白菜だけになります。
春になって出回りだした野菜を、皆で食べたのが始まりではないでしょうか?

今年の春節から立春にかけて、私は事情により上海で過ごしました。
上海で春餅を探したのですが、全く見当たりません。
上海人に「春餅(チュンピン)どこかで食べられない?」と聞くと、「葱油餅(ツォンヨウピン)」と間違えられてしまいます。
上海は冬でも野菜があっただろうから仕方ないか、と勝手に納得しました。

そこで、立春は過ぎていましたが、北京に戻って友人達と春餅を食べました。



[春餅]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2006/02/18(土) 16:47:34|
  2. 北京でグルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

天上龍肉、地下驢肉

驢肉火焼


中国に、「天上龍肉、地下驢肉」という言葉があるそうです。
要するに、

天国で食べられるという龍の肉と同じくらい、ロバの肉はおいしい

そういう意味です。
そんなにおいしいなら食べないわけにはいきませんね。

天高くロバ肥ゆる秋 11月、
胡同のお散歩の後でロバ肉を食べる計画を立てました。

まず、以前yanboさんに教えてもらった毛沢東の故居を見物。
その後、後海の方まで歩いて恭王府を参観。
そして、護国寺の近くでロバ肉の昼ごはん。

こんな感じです。


[天上龍肉、地下驢肉]の続きを読む
  1. 2006/02/15(水) 13:18:07|
  2. 北京でグルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

北朝鮮旅行記まとめと索引

出発ロビー売店


4日目の朝、6時過ぎにホテルを出て空港に向かいました。
預けていた携帯を無事取り戻し、
取り上げられる予定のビザの写真を撮って、出国審査に向かいました。

帰りの機内でスチュワーデスの写真を撮ろうとしたら、機内撮影禁止と断られました。
代わりに、平壌空港出発ロビーの売店にいた美女の写真で北朝鮮旅行記を締めくくります。

こちらは今までの記事の索引です。

1. 平壌への道 その1
2. 平壌への道 その2
3. 国境越しの悲しい恋物語
4. 平壌への道 その3
5. 平壌への道 その4
6. チョソン上陸
7. 主体思想塔から日帝の架けた橋を見る
8. アリラン祭
9. 高麗ホテル
10.平壌2日目の朝-板門店へ出発
11.国家分断
12.古都開城(ケソン)
13.北朝鮮名物料理-開城の飯床器
14.平壌のエンターテインメント
15.平壌市内散策-万景台
16.地下鉄乗車
17.偉大な金日成主席
18.北朝鮮の名物料理-平壌冷麺
19.平壌牡丹峰第一中学
20.アヒルの焼肉-北朝鮮最後の夜


[北朝鮮旅行記まとめと索引]の続きを読む
  1. 2006/02/08(水) 17:56:43|
  2. 北朝鮮旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

アヒルの焼肉-北朝鮮最後の夜

オリコギ包


早いもので、もう北朝鮮最後の夕食となりました。
今晩は平壌にて人気の「オリコギ(アヒルの焼肉)」です。

以前は豚の焼肉が人気だったけれども、今はアヒルの焼肉がはやっていると、
李案内員が言っていました。

2005年10月3日

[アヒルの焼肉-北朝鮮最後の夜]の続きを読む
  1. 2006/02/06(月) 22:16:12|
  2. 北朝鮮旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

硬臥の旅今昔

列車


私は20年前の留学時代、一人で中国内を随分歩きました。
飛行機には一度も乗らず、もっぱら汽車、バス、たまに船での移動でした。

なかでも、長距離はほとんどが汽車による移動です。
中国の長距離列車には、軟臥(一等寝台)、硬臥(二等寝台)、硬座(二等椅子席)があり、
ランクが一つ落ちると値段も半分になっていきます。

夜行列車で硬座に乗るのはちょっときつい。
軟臥は、硬臥の倍の料金を支払うほど快適さに差がない。
というわけで、できる限り硬臥を利用していました。

会社に入っての出張では、もっぱら飛行機を利用しましたので、
その後20年間、長距離列車に乗っていません。

今回の湖南旅行で、昔の雰囲気を味わうために、
わざわざ帰路に列車(硬臥)を選びました。


[硬臥の旅今昔]の続きを読む
  1. 2006/02/01(水) 13:07:53|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。