北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

天女の舞

アプサラ宮廷

プリア・カン寺院の巻で、天女(アプサラ)の化粧部屋を紹介しました。
レリーフでなく、本物の踊りが見たいとも書きました。

実は、内戦によって途絶えていたアプサラ・ダンスを
内戦以前にプロの踊り子だった人が再開し、若手の養成をしているのだそうです。
今では、あちこちのレストランで見学できるとのこと。

郊外の遺跡見物から帰った後、
ホテルの近くにある"ジャスミン"レストランに出かけました。

(2007年2月21日)

[天女の舞]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2007/04/27(金) 00:14:10|
  2. アンコール・ワット観光記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カンボジアの影絵芝居

影絵始まり

インドネシアの伝統芸能に、”ワヤン・クリット”というものがあります。
影絵芝居のことで、水牛の皮で作った人形を使い、
ラーマーヤナなどの物語を演じます。
通常夜通し行われるとのことで、私は2年半の同国滞在中
結局見る機会がありませんでした。

カンボジアにも似たような影絵芝居があり、
しかも簡単に見ることができると聞き、
遺跡見物の後に出かけました。

(2007年2月20日)

[カンボジアの影絵芝居]の続きを読む
  1. 2007/04/24(火) 00:54:42|
  2. アンコール・ワット観光記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

これはすごい! ベン・メリア

BM南門

炎天下のバンテアイ・スレイを後にし、
最後の遺跡、ベン・メリア(Beng Mealea)に向かいました。

入口に到着したのは15:15頃。
夜、民族舞踊を見る予約をしていたので、
時間を逆算して16時過ぎに戻ると、運転手に告げました。

この遺跡の入口は南向き。
上の写真が南門です。

今までに見た遺跡と比べ、崩壊の度合いが違います。
樹木に絡みつかれた、トゥームレーダーの遺跡タ・プロームなんか
メじゃありません。

(2007年2月21日)

[これはすごい! ベン・メリア]の続きを読む
  1. 2007/04/20(金) 13:50:14|
  2. アンコール・ワット観光記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東洋のモナリザ

ナーガとガルーダ


川底の遺跡クバール・スピアンで思ったより時間を食ったので、
急いで次の目的地に向かいました。

郊外の遺跡、2ヶ所目はBanteay Srei(バンテアイ・スレイ)。

アンコールワットより200年ほど前、967年に建設されたそうです。

今回多くの遺跡を見ましたが、
バンテアイ・スレイは私的にはベスト3に入ります。

(2007年2月21日)

[東洋のモナリザ]の続きを読む
  1. 2007/04/16(月) 23:25:00|
  2. アンコール・ワット観光記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川底の遺跡-クバール・スピアン

水中のヴィシュヌ神

滞在3日目は、車で1~2時間かかるところの遺跡群を見に行きました。
地球の歩き方によると、昨日までの遺跡とは一味違ったところです。

昨日のガイド、ポリンさんと運転手のコンビは、
遠距離の追加料金がやたら高い。
日系旅行会社やホテルに当たったところ、
ホテルの英語ガイドが一番安かったので、そちらに決めました。

翌朝8時の出発時刻にロビーに下りましたが、ガイドさんが来てません。
ホテルの人がガイドの携帯に電話してもつながらず、
結局英語の話せる運転手だけで出発しました。
[川底の遺跡-クバール・スピアン]の続きを読む
  1. 2007/04/02(月) 23:00:09|
  2. アンコール・ワット観光記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。