北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

掘り出しスポット-張壁古堡

張壁老人たち

前回紹介した張壁古堡。
地下道だけでなく、地上の街並も素晴らしいです。

運転手には2時間の約束で待ってもらっていたのですが、
30分は時間超過。

もっと長いこと居たかった村です。

平遥の近くでどこかいいところ、と探してたまたま見つけた村ですが、
良い意味で、期待を大きく裏切ってくれました。
これから山西に行かれる方は、是非足を伸ばしてください。

[掘り出しスポット-張壁古堡]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2007/11/25(日) 23:52:36|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

張壁の地下要塞

張壁南門

平遥の南、車で約30分の介休という町の郊外に、
張壁という古都があります。

この街の歴史は隋の時代に遡ります。
隋末の混乱期、突厥と同盟して唐と戦った劉武周という人物がいました。
後の唐二代皇帝となる李世民と戦って敗れるのですが、
一時は太原を包囲して、唐軍を慌てさせました。

この劉武周が築いたのが、張壁古堡。
2004年に観光地として開放されたばかりで、
古代の建築様式を残した城堡としては、中国で最も保存状態が良いそうです。

私がここに興味を持ったのは、
総延長6000mに及ぶ立体構造の古代軍用地下道が残されていると聞いたからです。

(2007年9月3日)
[張壁の地下要塞]の続きを読む
  1. 2007/11/21(水) 01:19:43|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

王家大院

王家大院獅子と猫

山西省の略称は"晋"。
清の時代に山西省の商人は全国を席巻し、
中国で最初の銀行制度を作ったことは、平遥の項でも紹介しました。
これらの商人は、晋商と呼ばれています。

山西省には晋商の豪邸がいくつも残っています。
張芸謀監督の映画の舞台となった「喬家大院」、
他にも曹家大院、常家荘園、などです。

私の持っている山西省のガイドブックには、
"もし山西省のxx大院の1ヶ所だけを訪れるなら、疑問の余地なく「王家大院」。
規模が最大で、彫刻の精緻さも一番。”と書かれています。

それなら行ってみましょう、王家大院。

(2007年9月1日)

[王家大院]の続きを読む
  1. 2007/11/17(土) 18:06:54|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もう一つの宋慶齢故居

南小街宋慶齢故居全景

皆さん、宋慶齢という方をご存知ですよね。
有名な宋家三姉妹の次女で、孫文の妻。

夫の死後は国民党左派として、共産党との協調路線をとり、
中華人民共和国成立時には、国民党員の身分のまま、
中央人民政府副主席となりました。

亡くなる直前に共産党員への入党が許され、
名誉国家主席の称号ももらった2週間後に88年の生涯を閉じました。

当時の指導者の常で、宋慶齢もあちこちと住まいを変えており、
彼女の旧居も、たくさんあります。

北京では、後海のほとりにある旧居が有名ですが、
王府井のわが家の近くにも旧居があることを、最近知りました。

[もう一つの宋慶齢故居]の続きを読む
  1. 2007/11/12(月) 07:40:18|
  2. 北京でお散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紹興・咸亨酒店のアレ?

咸亨酒店全景

学生の時、中国語の授業で魯迅の『孔乙己』を読まされました。
冒頭は、こんな書き出しです:

"魯鎮の酒場の構えは他所と違っていずれも皆、曲尺形の大櫃台(カウンター)を往来へ向けて据え、櫃台の内側には絶えず湯を沸かしておき、燗酒がすぐでも間に合うようになっている。肉体労働者達は正午の休みや夕方の手終いにいちいち四文銭を出しては茶碗酒を一杯買い、櫃台に靠れて熱燗の立飲みをする。― これは二十年前のことで、今では値段が上って一碗十文になった。― もしもう一文出しても差支えなければ、筍の塩漬や茴香豆の皿盛を取ることが出来る。"

中国語の先生が言っていました
「魯迅の故郷紹興には、この小説の描写通りに造られた、
"咸亨酒店"という店がある」

そして、留学中に紹興を訪ね、確かにこういう造りの店を発見し、
茶碗酒と茴香豆を頼みました。

ところが、最近紹興に行って店の人と話したら、
この店が、魯迅の小説の舞台になった、と言われました。

店が先か、小説が先か?


[紹興・咸亨酒店のアレ?]の続きを読む
  1. 2007/11/07(水) 13:25:32|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

古鎮に暮らす人々

182上西門街八百屋

平遥の人口は4万5千人。
結構な人口ですね。

前回のブログでも紹介しましたが、
観光とはまったく無縁の(ように見える)のどかな街並が残り、
普通の人々が、普通の暮らしをしてました。

[古鎮に暮らす人々]の続きを読む
  1. 2007/11/04(日) 09:28:20|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。