北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

窑洞に泊まる

066李建新民宿玉米と辣椒

以前"窑洞を目指して"の巻で、
"旅行の後「磧口に行った」と告げても、
この街を知っている中国人はほとんどいませんでした。"
と書きました。
実際知っていたのは一人だけ。
どんな人かというと、山西省発展改革委員会主任の令政策氏です。

とある会議で一緒になったこの方、非常に有名な政治家です。
立ち話で磧口に行った事を伝えると、彼は驚いた顔をしてこう言いました:
"私は「扶貧工作」も担当しているんですよ。"

胡錦涛政権下で調和社会の建設を目指す中国では、貧困層の底上げが急務です。
そして、磧口は貧困対策の対象になるような村なのです。

「扶貧工作」の一環で道路建設中の李家山。
この村に住む人は、その名の通りみんな李さんでした。

我々が泊まったのも、李建新さんが営む民宿。
念願の窑洞です。

(2007年9月5日~6日) [窑洞に泊まる]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2007/12/30(日) 21:47:39|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

棗の実る村

025李家山


磧口に行こうと思い立ち、ネットで情報を集め始めました。
すると、磧口に住んでいる日本人のHP発見。
普段は近くにある李家山に滞在し、住民への聞き取り調査をしているようです。

何の聞き取りかというと、戦争当時日本軍はこんな山奥まで攻めてきて、
いわゆる「三光作戦」を展開したとされており、
直接被害にあわれた人々から事情を聞いているのだそうです。

村人達がその怒りを引きずっているのは当然であり、
最初にNさんがこの地へ足を踏み入れて地元の人と話した時、
日本人と知った相手の顔がみるみる険しくなったとHPには書かれていました。

ひょんなところから、その方の名前を知ったのですが、女性とわかってビックリ。
連絡を取ったところ、彼女が日本から山西に戻る途中、
北京でお会いすることができました。

彼女(Nさん)は某通信制高校の関係者でもあり、
その高校の現役生、卒業生などが丁度私の滞在中に研修で磧口を訪れているそうです。
私も、学生さんたちと一緒に行動させてもらうことにしました。

(2007年9月5日) [棗の実る村]の続きを読む
  1. 2007/12/24(月) 07:16:40|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

窑洞を目指して

162ヤオ洞四合院写真

以前山西省の太原に出張した際、『山西古鎮』という本を買いました。
そこに載っていたのがこの写真。
いつか行ってやろう、と思っていました。

今回企画した山西旅行、一番行きたかったのが平遥でも、張壁でもなく、
この写真が撮影された、磧口です。

清の時代には、黄河が物流の手段として広く使われていました。
黄河の流れが急に激しくなり、これ以上上流には船で進めないところにできたのが、
磧口の港です。
船荷はここで陸揚げされ、馬やロバに乗り換えて中原の各地に運ばれていきました。
当然磧口も港町として栄えていました。

しかし、鉄道の発達に伴って黄河による船の物流が廃れると、
港町磧口もドンドン衰退していきました。

旅行の後「磧口に行った」と告げても、
この街を知っている中国人はほとんどいませんでした。

(2007年9月5日)
[窑洞を目指して]の続きを読む
  1. 2007/12/12(水) 19:32:38|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

引っ越しの前に・・・徒歩通勤路

117北極閣三条

今住んでいるマンションから会社までは、歩いて約25分。
東単北大街と朝陽門南小街の間にある、小さな胡同を通るのが楽しみで、
いくつかある胡同を、代わる代わる歩いています。

北から見ると
金宝街:大通りでつまらない。
東堂子胡同:北京市公安局の苦情受付所があり、
        朝は各地から来た苦情を言う人と、公安局員で大混雑。
        東側には立派な洋館が残っています。
外交部街: 迎賓館跡があります。
西総部胡同:李鴻章の家祠が、壁だけ残ってます。
新開路:  "新"と言っても相対的に新しいだけで、清の時代からの胡同。

そして、一番南にある北極閣三条は、
すぐ南が長安街とは信じられない静けさで、
私の最もお気に入りの通勤路です。

今日は、このルートをご紹介しましょう。

[引っ越しの前に・・・徒歩通勤路]の続きを読む
  1. 2007/12/07(金) 21:31:04|
  2. 北京でお散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

引っ越しの前に-近所にあった四合院食堂

Yuanxin外観

今まで3年間住んでいた、金魚胡同のマンションですが、
今週末に引っ越すことにしました。

理由は、オリンピックを控えて家賃が値上げされたことと、
窓の外に広がる古い胡同/四合院が取り壊されそうなこと。

二環路内に的を絞って引越し先を探したところ、
理想的な場所を見つけました。

で、引っ越そうとしていた時に、
今のマンションのすぐ近くに、いい食堂を発見しました。


[引っ越しの前に-近所にあった四合院食堂]の続きを読む
  1. 2007/12/03(月) 13:57:47|
  2. 北京でグルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。