北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東北地方の農村料理

048吉林荘稼院宴卓

冬の寒い中、東北地方に出張しました。
気温は低かったのですが、
訪問先の暖かい心遣いで、有意義な出張となりました。

仕事は置いといて、気に入ったのが、東北地方の農村料理です。

吉林市では"荘稼院"というレストランに行きました。
実は私はここが2回目です。
前回連れて行ってもらって大ファンになったので、
今回もリクエストしました。

今日は、この農村料理をご紹介しましょう。
慣れない人は目を覆いたくなるような写真も出てきます。
いわゆるゲテモノが苦手な人は、
警告マークが出たらそれ以上先に進まないでください。

[東北地方の農村料理]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2008/01/28(月) 08:27:51|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

フレディもしくは三教街

25税関

♪フレディ~あなたと、出会ったのはハンカオ(漢口)
揚子江沿いのバンドで、あなたは人力車夫を止めた♪

だったですかね。

私はこう見えても、さだまさしのファンです。
昨年11月、「フレディもしくは三教街」に歌われた
武漢の漢口に出張しました。

ヘーゼルウッドのおじいさんには会えませんでしたが、
まだまだ残る租界の雰囲気を味わってきました。

(2007年11月27日)
[フレディもしくは三教街]の続きを読む
  1. 2008/01/19(土) 21:16:42|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

麺の王国-山西

033一得客桟筱麺搓魚

夜行列車で午前中に平遥に到着、宿泊先の一得客桟で昼食をとりました。
地元の名物料理は何かと尋ねたら、指差されたのが"筱麺搓魚"。

「いやいや、魚はいりません」と断ると、
お店の人が笑って教えてくれました。
これは、魚ではなく、麺の一種なのだそうです。
出てきた麺は、確かに魚に似ているかも。

山西は麺の王国です。
以前紹介した刀削麺も山西省のもの。
今回の山西旅行で味わった麺料理を一挙にご紹介しましょう。

(2007年9月)
[麺の王国-山西]の続きを読む
  1. 2008/01/13(日) 23:13:30|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黄河と共に栄えた村

129西湾陳宅門枕石

磧口や李家山では顔を洗った水は貯めておいて別の用途に再利用。
当然雨水も貯めて使います。
人々は山肌に掘った横穴住居に住み、肉や酒はめったに口にすることない、
そんな生活をしながら、明るさは決して失っていません。

「こんな場所が、北京からそれほど離れていない山西にあったとは。」
「日本軍がこんな場所にも侵攻し、統治を試みたとは何とおろかな。」
「こんな厳しい環境で、聞き取り調査をする日本人がいて、
 女子大生、女子高生が泣言も言わずに2週間も滞在しているなんて。」

大きな感動を伴って、李家山から一足先にふもとの磧口に戻って来ました。

今日の午後は、磧口の街並を散策です。

(2007年9月6日) [黄河と共に栄えた村]の続きを読む
  1. 2008/01/08(火) 17:40:52|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。