北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ポルトワインで乾杯

061LisboaLisboa As  Janelas Verde のポルト酒

ポルトガルに到着した夜、
リスボンのホテルに入ると、
お出迎えしてくれたのがこちらのボトルです。

中身はもちろんポルトワイン

甘いデザートワインというイメージが強く、
自分ではほとんど頼んだことがなかったですが、
寝酒として飲んでみると、悪くないですね。

折角ポルトまで来たのに、
FC Portoのサッカーの試合を見られなかったので、
ポルトワインのワイナリーくらい見学しなくちゃ。

[ポルトワインで乾杯]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2008/12/30(火) 11:00:50|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ポルトの街並

CIMG9135

ポルトの町はそれほど大きくありません。
バスと地下鉄で十分回れそうなので、
観光インフォメーションセンターで2日間のチケットを買いました。
[ポルトの街並]の続きを読む
  1. 2008/12/29(月) 07:40:39|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北へ

463Porto Grahamsワイナリーから

アレンテージョ地方は、もう少し他の都市も回りたかったのですが、
日程の都合で断念。
エストレモスの古城ホテルに2泊した後、
次の目的地は今回の旅行の最後を飾る北部の都市ポルトです。

南東部のエストレモスからポルトに直行することはできないので、
一度バスでリスボンに戻り、ホテルに預けてあった荷物を受け取り、
特急列車でポルトに向かう作戦です。


[北へ]の続きを読む
  1. 2008/12/21(日) 21:38:00|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アレンテージョのワイナリー

322Estremozブドウ畑

ポルトガルのワインと聞いて思い出すのは、
甘ーいポルトワインや、
なぜか貧乏学生の頃時々飲んだ、マテウス・ロゼ、くらいですかね。

実際は、それ以外にもたくさんの種類があります。

エストレモスが位置するアレンテージョ地方も、
ワインの名産地です。
ポサーダの周りにもブドウ畑が広がっていました。

フロントに尋ねると、
近くのワイナリーが見学できるとのこと。
タクシーを呼んで連れて行ってもらいました。


[アレンテージョのワイナリー]の続きを読む
  1. 2008/12/17(水) 23:15:51|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

13世紀のお城に泊まる

319Estremoz Castelo

エストレモスの中心にあるCastro。
このお城全体がポサーダになってます。
地球の歩き方によると、数あるポサーダの中でも屈指の豪華さを誇っているらしい。

何しろ、最初に建てられたのが13世紀で、
中央にそびえたつ主塔はその時のものだそうです。

ポルトガルのお城は、
おとぎ話に出てくるようなシンデレラ城とは大分異なり、
無骨な、いかにも戦いのための城、といった感じですね。

[13世紀のお城に泊まる]の続きを読む
  1. 2008/12/14(日) 08:28:36|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

城壁都市エストレモス

363Estremoz Castelo Towerから

ポルトガルで行ってみたかったのが、スペイン国境近くにいくつもある
城壁に囲まれた都市です。

エヴォラ、エルヴァス、ポルタレグレなどもあったのですが、
交通の便や、ポサーダの評判などを考慮して、
エストレモス(Estremoz)を選びました。

セトゥーバルからリスボンに戻った日は、前に泊まったホテルが取れず、
Rato駅近くのCasa de S. Mamedeというホテルに泊まっていました。
ここも、18世紀に建てられた建物です。

大きな荷物はホテルに預け、地下鉄でJardin Zoologico駅へ。
駅を出ると目の前にSete Rios長距離バスターミナルがあります。
エストレモス行きのバスはここから出発、
約2時間半で目的地に到着しました。

[城壁都市エストレモス]の続きを読む
  1. 2008/12/11(木) 07:40:31|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東富西貴

102東四4条85号門

北京には「東富西貴」という言い方があります。
その昔、北京城内の東側には金持ちが住み、西側には位の高い人が住んだ、
そんな意味でしょう。

清朝初期には、北京城内を8つに区切り、
いわゆる八旗が、それぞれ管轄する区域を持っていたそうです。
だから、東が金持ちだとか、西はくらいが高いということはなかったはず。

このような区別ができてきたのは、清朝も末期のことではないかと想像します。

で、東四の周辺は正に「東富」といわれる金持ち地域。
確かにそんな雰囲気がありますね。

[東富西貴]の続きを読む
  1. 2008/12/06(土) 08:13:52|
  2. 北京でお散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

東 よんじゅう条?

089東四4条61号院内

北京に来たばかりの知人(日本人)に、どこに住んでいるのかと尋ねたら、

「東 四十条です。」

東京に「東十条」というのはありますが、「東よんじゅう条」ってどこだろう?
と、一瞬迷ってしまいました。

東四(トンスー)の交差点から北に向かうと
東四頭条、東四二条、東四三条・・・と東西の胡同が並んでいます。
彼が住んでいるのは、地下鉄の駅名にもなっている、東四 十条ですね。

切るなら、四と十の間で切ってくれ!

この東四xx条は、昔ながらの雰囲気を残す胡同と言われています。
近くに住んでいながらこれらの胡同を散歩したことがなかったので、
とある秋の日、サッカーの試合のウォーミングアップを兼ねて散歩してみました。



[東 よんじゅう条?]の続きを読む
  1. 2008/12/02(火) 22:32:15|
  2. 北京でお散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。