北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

横浜正金銀行

正金銀行1

北京の東交民巷と正義路がぶつかる交差点の南東角には、
かって有名な六国飯店がありましたが、今は別のホテルになっています。
私が香港に駐在していた頃、事務所の近くに六国飯店があったのですが、
まだあるのでしょうか?

さて同じ交差点の北東角にはこんな建物があります。
ちょっと前まで、確か民生銀行の看板があったはずですが、
今は「中融集団」・・・これ何の会社?

それはどうでもいいとして、
最初は、「横浜正金銀行」北京支店として建てられたものです。

"正金"というのは現金のことだそうです。
1880年に開業したこの銀行は、1887年には外国貿易専門の銀行となりました。
北京支店ができたころは、世界三大為替銀行の一つだったそうです。
ちなみに他の2つは、 チャータード銀行と香港上海銀行。

同行は戦後に閉鎖されましたが、その資産を受け継いで生まれたのが東京銀行。
私が社会人になった頃も、外為といえば東京銀行でした。
それが、三菱銀行に吸収合併され、
今は三菱東京UFJ銀行ですね。

[横浜正金銀行]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2009/04/12(日) 07:29:12|
  2. 北京でお散歩
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:8

北京の租界

058ベルギー大使館

第二次世界大戦前に上海や天津、武漢にもあった外国租界。
そこには、今でも当時建てられた洋館が残っており、
最近は"歴史風貌建築"とか"優秀歴史建築"などの名前で保護されるようになりました。

租界というのは北京にはありませんね。
でも、洋館が固まっているところはあります。
それは「東交民巷」。
当時、各国の大使館が置かれ、治外法権とされていたエリアです。

古くは映画「北京の55日」、最近では浅田次郎の『珍妃の井戸』の舞台にもなりました。

前門を東に進むと、道路の北側に冒頭写真のような赤い屋根の洋館が見えますね。
これは当時のベルギー大使館。
この1本裏(北側)の道が東交民巷です。


[北京の租界]の続きを読む
  1. 2009/04/06(月) 16:13:57|
  2. 北京でお散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。