北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

麗江民俗学的考察

192瓦猫

麗江の空港に迎えに来てくれた運転手の姓は「和」。
納西族の人はほとんどが「和」姓だと言います。
ところが、玉龍雪山ツアーを頼んだ旅行社の人の姓は「楊」。
麗江は以前「木氏」が統治しており、木偏の付くのは木氏の系統だそうです。
私が滞在中に会った人は「和」さん、「李」さんか「楊」さんでした。

西郊の観光に連れて行ってくれた運転手も楊さん。
96年高校卒なのに、今33歳。
聞いてみると、山間地は1時間も歩かないと小学校がないので、
ある程度大きくならなければ小学校に通えなかったそうです。

彼女が小学校に上がったのも14歳。
背の高い同級生には、小1のくせに先生より大きい生徒がいたそうです。

彼女によると、96年の地震でも木と土でできた古都の家はあまり壊れず、
農村の貧弱な建物が倒壊して被害を出したそうです。




麗江の家を見ていて特徴的なのは、屋根の両端がピンと立っていること。
北京の屋根とは違って南方的ですね。

麗江屋根

門や屋根に乗っかっているこの動物、
"瓦猫"と呼ぶそうです。

0054瓦猫

顔の形には、いろいろなバリエーションがありました。

瓦猫模型

猫だけでなく、獅子が乗っている家もあります。

瓦獅子

どちらも、魔除けの意味を持つ物だそうです。

軒にぶら下がっているこれは、"懸魚"と呼ばれています。

懸魚

魚を表しているんですって。(そうは見えませんが)
これには以下の2つの意味があるそうです:
① 魚は水の中に住むので、火事を防いでくれる。
② 魚を扱う家は魚臭いので、徴税人が寄り付かない。

古都の外にできた新街区の団地には、まさに魚の形の懸魚がぶら下がってました。

懸魚は、白族が主流の剣川県沙渓鎮では見かけず、
麗江に帰る際、納西族の村に入ると急に目立つようになりました。

一方、沙渓でも同様なのが建築様式。
北京で典型的な四合院に対して、こちらは"三坊一照壁"。

方氏故居

三方が部屋に囲まれているのは一緒ですが、
一方は部屋でなく壁になっています。
ここは、日を反射させて採光する役割があるそうです。

三坊一照壁

こちらでは、北京で"院子"と呼ぶ中庭を"天井"と言うようです。
"天丼"ではありません、念のため。

麗江では納西の古典音楽を保存している人たちがいます。

納西古楽会

明の軍隊が元の残党を討伐しに来た時残した音楽が、
地元の要素を取り入れながら残っているのだそうです。
独特の楽器も使うこの楽団、多くは80歳以上のお年寄りで、

納西古楽会老人

最高は最後列の白鬚の方、88歳だそうです。

ところで、古楽会のチケットはその場で買うと最低で100元(約1,500円)。
人が少ないので、最低のチケットを買っても150元(約2,250円)の最高の席に座れます。
儲けたと喜んでいたら、古都内の旅行会社で買えば30元引きだと後から知りました。

納西族の民族衣装、若者とお年寄りでは色が違います。
若者は白と赤。
納西族若者


お年よりは紺や黒。

納西族老人

背中にTシャツ型の物をぶら下げていますが、
背中で物を背負うための背当てと、防寒の意味があるそうです。

そして、子供はお尻をカバーする腰あてを着けます。

納西族子供

関係ないですが、
こちらはウェディングドレスを着て結婚写真を撮っていた新婦さん。

結婚写真

野次馬で撮ったのですが、送ってあげたくなるくらい良く撮れました
スポンサーサイト
  1. 2007/01/23(火) 07:51:39|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素朴な村を探して | ホーム | 麗江西郊観光>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/109-7247edaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。