北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

修道院でビール三昧

イルゼー醸造所

「まだやってんの」と言われそうですが、
去年の6月に行ったドイツ旅行記の続きです。

町自体が世界遺産になっているバンベルクを後にし、
向かったところは、今回の旅行の最終訪問地イルゼー。
ドイツ南部、ミュンヘンの南西方向にあります。

皆さん、イルゼーなんて聞いたことがないでしょう。
有名なサッカーチームがあるわけでもありません。
地球の歩き方にも載ってません。

そんなところに行く理由は唯一つ。
ビールです。

ここにはビールを醸造しており、宿泊も可能な修道院があるのです。


この日バンベルクからイルゼーへのの電車のルートを考えた時、
ポイントとなったのは、17時から始まるドイツ-アルゼンチン戦に間に合うこと。
その通りスケジュールを組み、時間通り到着しました。

レセプションで、(当然見られると思い)どこでサッカー観戦するのか聞いたところ、
我々の試合だけレストランの一角で観戦可」とのこと。
開始30分前にレストランに行くと、まだ誰も来てないので、テレビの目の前の席を占拠し、
自慢のビールを飲みながら待ちました。

イルゼーUntruk

Ur-trunk
古文書に書かれていたレシピで作ったというヘルスです。
少し甘くてフルーティー、酵母の香りが強いビールです。
Schmalzという独特のラードを塗ったパンをつまみに
Ur-weisse、Ur-Dunkelを続けて飲みました。

試合時間が近づくとちらほら客が集まってきました。
ほとんどがお年寄りで、試合中も非常に静かに観戦です。
でも、クローゼのヘディングシュートでドイツが同点に追いついた時にはさすがに会場が沸きました。
当然ながら、私は今日もにわかドイツファンとなってます。
1-1のまま延長戦も終了し、PK戦になりました。
ドイツがPK戦に負けたのを見たことがありません。
その時点で勝負ありでした。
クローゼのヘディングとPK戦。
2-1ではなかったですけど、バンベルクのビアホールでの私の予想は8割的中と言ってよいでしょう。

翌日の昼食時にはUr-weisseとStarkbierを飲みました。

イルゼーUr-weise

前者はいわゆる白ビール。
一口目にかなりの酸味が味わえます。非常にすっきりした味で「生」っていう感じ。
0.5lで2.85ユーロ。


イルゼーStarkbier

後者は黒ビールで、甘くてこってりした味。思ったより色は濃くありませんでした。
0.4l入り2.95ユーロ

この日は、17時からポルトガル-イングランドの準々決勝がありました。
"我々の試合"ではないので、レストランでのPVはなし、部屋のテレビで観戦しました。
キーマンのデコが出場停止でも、ポルトガルはなかなかいいサッカーを展開しています。
ついに、ルーニーが退場。
故意に踏みつけたようには見えませんが、そう判断させたロナウドの勝ちでしょうか。
ポルトガルがPK戦に勝ち、準決勝は技のチーム同士の対決に決定しました。

PK戦までもつれ込むと、とっとと食事を済ませないと次の試合に間に合わなくなります。
でも、メニューは決まっています。
まずビールで作ったスープWurzige Bierbrotsuppe、
あわせたビールはUr-Dunkel。

イルゼー ビールスープ

今ひとつ特徴がないビールでした。0.4lで2.65ユーロ。

21時からのフランス-ブラジル戦をテレビ観戦。
10分ぐらい遅れたが、まだ両チーム無得点です。
フランスがかなり攻めまくり、
FKから、ロベカルが靴の紐を結んでいマークを怠るうちにフリーになったアンリが決勝点。
86年、98年に続いてフランスはブラジルに3連勝です。

ここのメインレストランは、石造りの重厚な部屋と、

イルゼーメインレストラン

透明な天井から日光が降り注ぐ明るい部屋とに分かれています。
どちらもビール醸造所らしいインテリアです。

イルゼー明るい食堂

ビールはもちろん、敷地内の醸造所からパイプラインで直送されます。

レストランカウンター

醸造所の一角は博物館になっていて、見学可能。
こんなかわいらしい入口から中に入ると、
実際に運転しているところが見えます。

イルゼー博物館


こちらは発酵槽。
イルゼー発酵槽

何かわかりませんが、こういう釜もあります。

イルゼー 釜

それどころか、あまり人のいないドアを開けて、1階におり、更にその辺のドアを開けると、
んっ!?
ここは本物のビールが置いてある倉庫だっ!
飲もうと思えば1本抜き出して飲めそうでした。

スポンサーサイト
  1. 2007/05/27(日) 22:48:27|
  2. ドイツ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<イルゼー・・・ビールはなくても | ホーム | さよならアンコール・ワット>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/115-4d4db834
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。