北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

これが有名なアンコール・ワット

AW聖池から

アンコール・ワットに行こうと思っても、
"アンコール・ワット空港"なんてありません。

最寄の都市はSiem Reap、ここに国際空港があります。
私は、バンコクから入りました。
バンコクからだとたった1時間。
1日に何便も直行便が飛んでいます。

驚いたのがビザ。
カンボジアへの入国にはビザが必要ですが、
何と、ネットで申請ができます。
デジカメで撮った写真を添付して申請すれば、
2~3日後にEメールでビザが送られてきます。
これをプリントアウトして持っていくだけ。

シェムリアップ空港到着時にも申請できますが、長蛇の列でした。
こちらはe-VISAを持っているので、入国審査カウンターに直行。
1人しか待っておらず、極めてスムーズに入国できました。

頼んでいた迎えの車もちゃんと来ており、
朝8:30にバンコク空港を出発してから、
11:00前にはホテルにチェックインできました。

(2007年2月19日)


空港への出迎えを依頼した現地の旅行会社、
遺跡観光の車と日本語ガイドも手配可能と言います。

それではと、アンコール・ワット用に半日分の車とガイドをお願いしました。
ホテルで昼食を取った後、午後2時に現れたのがガイドのポリンさん。
今時の若者風です。

ホテルから車で約20分、アンコール・ワットのお濠端に到着しました。

ここで、ポリンさんに聞いて悟った誤算が一つ。
春節休暇中に中国国内を旅行したら、中国人観光客で大混雑だろうと、
敢えて海外に出たのですが、
カンボジア人は歴史的経緯からほとんどが中国系、
そのため、春節期間はカンボジアでもお休みなんだそうです。

アンコール・ワットは人人人。
お濠端でピクニックしてる人もいます。

AWピクニック

アンコール・ワットの中心は、一番背の高い中央祠堂を囲んで4つの祠堂が立っています。
参道から進んでいくと、これらの祠堂が隠れたり、3つに見えたり、5つ現れたりします。
地球の歩き方によると、視覚による効果を綿密に計算しているそうです。(本当か?)

外濠の、ピクニック客の脇からは、5つの祠堂がすべて見えます。

AWお濠から

お濠をわたる参道に来ると、祠堂が見えなくなりました。

AW造園隊

ちなみに、行列している青い服の人たちは、内部の造園業者達。
刈り取った木の枝を、自宅の薪にしようと持ち帰ってます。

お濠を越えて、周壁の西門をくぐると、中央祠堂の脇に2つの祠堂が見えます。

AW西門から

この写真いいでしょう。
私のお気に入りです。

そして、もっと近づくと、後ろに隠れていた祠堂も姿を現し、5つになりました。

AW祠堂全景

なるほど。

これらの祠堂を囲んで三重の回廊がめぐらされています。
祠堂に到達するには、第三回廊への階段を上らなければならないのですが、
こんなに急です。

AW南階段下から

ガイドのポリンさんは、こんなところを上ると明日の仕事に差し支えると、
一緒に上ってくれません。
仕方なく一人で上りました。

上る時はあまり大変ではなかったですが、
上から見下ろすとおっかない。

AW南階段上から

回廊の東西南北に同じような階段があり、南側には手すりのついた階段が整備されてます。
でも、この階段は下り専用。
この専用階段を使うため、回廊上では行列ができてます。

AW階段行列

30分位待つらしい。
私は、手すりのない急な階段を下りましたよ。
手に汗かきながら・・・。

これが苦労して到達した中央祠堂。

AW中央祠堂

シェムリアップの街では、これより高い建物を建ててはいけないそうです。

第三回廊にあった美しい彫刻。

AWアプサラ

アンコール・ワットには、こういった女神や、
ヒンズー神話などのきれいな彫刻がたくさん残っています。
ガイドのポリンさんは、日本語学習歴2年とは思えない上手な日本語で、
これらの彫刻の説明をしてくれます。

とても書ききれないし、実物を見ながらでないと感動が薄いでしょうから、
ここでは紹介しません。

でも一つだけご紹介。
アンコール・ワットの建設は完成せずに終わっています。
彫刻も、彫りかけ、下書きだけのものがところどころにありました。

AW彫りかけ彫刻

スポンサーサイト
  1. 2007/03/06(火) 21:40:13|
  2. アンコール・ワット観光記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<プノン・バケンのサンセット | ホーム | 行ったぞ!アンコール・ワット>>

コメント

是非見に行ってください

ミントさん

お久しぶりです。
アンコール・ワットそのものも良かったですが、周辺の他の遺跡がすばらしいです。
来年の春節休暇にお薦めです。
  1. 2007/05/18(金) 18:21:47 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

羨ましい!!

アンコールワットは、いつか必ず行くぞ!!と思っている場所です。
乗り継ぎでしか行かれないのが面倒だと思っていたのですがバンコクから1時間でいけるんですね
カンボジアに入国してからさらに 車で数時間かかるのかと思っていました。
でも写真を見れば見るほど やっぱり良いです!実際にこの目で見てみたなぁ~
かなり広いのですか?
  1. 2007/05/16(水) 08:41:31 |
  2. URL |
  3. ミント #-
  4. [ 編集]

階段は万里の長城ほどきつくはありませんが、
万里の長城より暑いですね。
是非行ってみて下さい。
  1. 2007/03/07(水) 23:42:52 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

これ万里の長城より大変そうですね。

俺もいつか行ってみたいです。

綺麗な写真を有難うございます。
  1. 2007/03/07(水) 20:22:28 |
  2. URL |
  3. ハシヅメ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/122-08458433
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。