北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

沐浴場のサンライズ

SSシンハ像


アンコール・ワットに来たからには、美しい日の出は必見です。
でも、遺跡観光で疲れた身では、
朝5時に出発するような日の出見物には、何度も行けません。

1回だけのサンライズに私が選んだスポットは、
有名なアンコール・ワット寺院でなく、

王様の沐浴上だったスラ・スラン。
人は少ないけれど、池の向こうから昇る太陽は絶景だそうです。

(2007年2月22日)

情報によると、日の出の時間は6時半頃。
1時間前から徐々に明るくなっていく様子を拝もうと、
出発は5時に設定しました。

昨日の運転手のおじさんがトゥクトゥク乗りだそうで、
朝だけ送り迎えをしてもらうことにしました。

5時といってもまだ真っ暗。
30分ほどでスラ・スラン遺跡に着きましたが、
依然として真っ暗です。

北京から持参した懐中電灯が初めて役に立ちました。
本当に、懐中電灯がないと足下が見えないくらい真っ暗です。

さすがに私が一番乗り。
特等席のテラスに陣取ると、
小さな虫が寄ってきます。

それだけでなく、物売りの女の子も集まってきました。

ほとんど観光客はいなかった、なんていう旅行記も見ましたが、
ボツボツと他の人もやってきます。

SS見物者

私の隣に座ったのは、中国から来たカップルでした。

だんだん空が明るくなり、
物売りの女の子は学校に行く時間となりました。

6:45頃待望のお日様が顔を出しました。

SS日の出

残念ながら地平線沿いには雲があり、
池から昇る朝陽は拝めませんでしたが、
十分きれいな眺めでした。

スラ・スラン遺跡の前には、
バンテアイ・クディという遺跡もあります。

バンテアイ・クディ

さすがに疲れたので、こちらは見に行かず、
帰って一眠りすることにしました。

SS子供

駐車場の入口にいた少年、
君もちょっと疲れ気味だね。
スポンサーサイト
  1. 2007/05/06(日) 16:51:03|
  2. アンコール・ワット観光記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<カンボジアのマーケット | ホーム | 天女の舞>>

コメント

歓迎光臨

daikubo335さん

はじめまして。
貴ブログにもお邪魔しました。

アンコールワットって、見ると行くとは大違いですよ。是非、サッカー観戦と併せて、行ってみては?
  1. 2007/05/13(日) 19:29:57 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

はじめまして

はじめまして。アンコールワットってテレビで見るイメージしか残っていないのですが、生で見ると違った印象を受けるのでしょうね。先日私は中国に行ってきました。サッカーのスーパーリーグを観にいく予定だったのですが・・・。
もしよろしかったらこちらのブログへいらしてください。
  1. 2007/05/12(土) 02:37:56 |
  2. URL |
  3. daikubo335 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/135-bac45124
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。