北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カンボジアのマーケット

乾物屋

スラ・スランで日の出を堪能した後は、
シェムリアップの街の散策。

「オールド・マーケット」という市場があるそうなので
行ってきました。

(2007年2月22日)
泊まっているホテルから、炎天下の道を歩いて15分ほど。
フランス植民地時代の建物が残るエリアにありました、
オールド・マーケット。

市場の東隣にある雑貨屋の二階から。
右手にはフランス風の洋館が見えますね。

マーケット外観

北京にも市場はありますが、肉・魚・野菜などの食物が中心です。
でも、ここの市場にはいろいろなものが売っています。

手前の床屋には客はいませんが、
その奥ではミシンで縫い物をしています。

縫い物屋

こちらは普通の野菜売り場ですが、
ごちゃごちゃ感は北京よりずっと上です。

八百屋

先ほどのミシン屋の先には、
ネイルアートのお店も。

ペディキュア屋

でも、お客さんはあまりおしゃれとは・・・

とにかくいろいろなものが売ってます。
板の上に乗っている物体も、売り物かな?

魚屋

こちらのお店、
雛鶏のから揚げの脇に並んでいるのは、
売りもののタガメです。

タガメ

私がカメラを向けていると、お店の人が一つつまんで食べました。
すると、通りがかりの人も。

隣の皿に大量に並んでいるゲンゴロウは、

ゲンゴロウ

つまんでいる人はいませんでした。

トランプ占いもやってます。

占い屋

アジアのにおいあふれる、濃~い市場と、
すぐ隣の洋館が、良いコントラストを奏でています。

右端の建物の屋根の上、
プレートには"1920"と書かれていました。

市場外のフランス建築

ホテルへの帰り道、
CD屋さんの店内では、女性店員がだらだらと掃除をしていましたが、
店先に若いお坊さんが来てお経を唱えだすと、

お布施

パタパタと飛び出して来て、お布施を差し出し、
お祈りをささげていました。
スポンサーサイト
  1. 2007/05/13(日) 23:02:05|
  2. アンコール・ワット観光記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<カンボジアの味 | ホーム | 沐浴場のサンライズ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/136-76f6e2ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。