北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カンボジアの味

屋台の女将

シェムリアップというところは、
アンコール・ワットがあるせいで
ツーリスト向けのホテルやレストランがたくさん並んでいます。

私も、当然ながらそんなホテルに宿泊。
しかも、かなり豪華なホテルでした。

でも、食事はカンボジア料理ばかり選んで食べました。

ガイドブックに、定番と書かれていたのが
"アモック・フィッシュ"です。

中国で暮らしていると、相当でっかい淡水魚も食べるようになりました。
日本ではあまり淡水魚を食べませんね、
そもそも、そんなでかい淡水魚もいませんし。

アモック・フィッシュは、雷魚をココナツ味で煮込んだものです。
バンテアイ・スレイ遺跡の横にあったレストランでは、
ご丁寧に、ココナッツに入って出てきました。

アモック・フィッシュ

味はちょっと甘いので、いまひとつかな。
運転手さんが食べていたフィッシュ・スープを味見させてもらいましたが、

フィッシュ・スープ

こっちの方が好みです。

朝陽を拝んだ日は、市場など街中で過ごしました。
お昼ごはんもオールド・マーケットの一角にあったこちらの食堂。

地元の人は、ガラスケースや大鍋の料理、
外人観光客は、英語メニューからの注文。

市場の食堂

私は両方食べました。

こんな食堂ではなく、
市場の中には本当のつまみ食い食品を売ってる人がたくさんいます。

これは、ベトナムのような生春巻き。

市場の生春巻き

ここシェムリアップでは、米ドルが普通に使えます。
現地通貨リエルとの交換レートは、$1=4,000リエル。
この春巻きを一つ買って1ドル札を渡すと、
3,000リエルのおつりが帰ってきました。

こんなところで食べている外人は見ませんでしたね。

市場の焼きうどん

この焼きうどんを注文したかったのですが、あいにく満席。
すると、座っていた地元の人が、どこからか椅子を持ってきて、
座らせてくれました。

このお姉さんのエプロンの文字はハングルじゃないですか。
売っているのは揚げ春巻き

市場の揚げ春巻き

ベトナムにも似たようなものがありますね。
ここのはちょっと塩っ辛かったです。

一旦ホテルに戻り、夕食は街の屋台街に繰り出しました。
是非挑戦してみたかったのが"ポンティア・コン"
孵化直前の卵です。

テーブルに座っている地元の人は、5つ、6つ、平気で食べています。
私も隣に座り込んで、これをちょうだいと指差すと、
私の皿にも5個ほど並べられました。
1個で結構と、残りは辞退申し上げました。

みんなの真似をして、卵の上部をスプーンの背でコンコン叩き、
殻を剥いたところがこちらです。

孵化前卵

食べて見ると、特に違和感はありませんが、
立て続けに5個も食べるほどはおいしくないかな。

今度は焼肉の屋台。
小さな味つきの肉片を炭火で焼いておりうまそうです。

屋台の焼肉

うん、ビールがほしくなる。

アペタイザーはこれくらいにして、
そろそろ今晩のメーンディッシュにいきましょう。
選んだお店がこちら。

屋台そば

冒頭の写真のおばちゃん、愛想がよさそうでしょう。
このあたりの屋台は、どこも同じ料理を扱っているようで、
私も焼きそばと野菜炒めをオーダー。
まあ、可もなく不可もなくかな。

デザートを物色に、先ほど卵と焼肉を食べた一帯へ。
こちらは、食べるところというより買って持って帰るのがメインのようです。
テイクアウトいうのは格好良すぎ?

そこで見つけたのが、私の好物のモツ屋さん。

屋台の肉屋

豚の耳やホルモンを選ぶと、
こんなまな板で切ってくれます。

ちゃんと野菜も一緒で栄養のバランス満点。

屋台の肉料理

たれは別の小さなビニール袋に詰めてくれます。

ビニール袋をぶら下げ、帰りにスーパーで缶ビールを購入。
レストランで出てくるアンコールビールでなく、
別のブランドをチョイスしました。

屋台のモツディナー

カンボジア最後の晩餐は、
高級ホテルの部屋で食べる、屋台のモツで幕を閉じたのでした。
スポンサーサイト
  1. 2007/05/21(月) 23:05:08|
  2. アンコール・ワット観光記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<さよならアンコール・ワット | ホーム | カンボジアのマーケット>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/137-3a63aa20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。