北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アリラン祭

人文字


しばらく休んでましたが、北朝鮮旅行記の再開です。

今回の旅行代金は3泊4日で125,000円でした。他にビザ代9,000円、アリラン祭チケット(3等席)6,000円等、結構な金額がかかりました。

北朝鮮に資金援助するとはけしからん!とお叱りの向きもありましょうが、
国が豊かになれば考え方も変るのではないか、中国みたいに、と私は思ってます。


「北朝鮮なんか行くと、拉致されちゃうんじゃないの?」

何人もの人が真剣に心配してくれました。
でも、そんなことあるはずがない。

我々外国人観光客は、北朝鮮にとって貴重な外貨獲得源です。
観光旅行に行った人が万が一危険な目に会ったら、観光客は一挙に激減するはずです。
そうなっては北朝鮮もたまらないから、絶対観光客は大事にされるはずだ、と行く前から信じてました。

もう一度来たくなるよう、海外からの観光客にはすばらしいところを見せて、
願わくば帰国後に北朝鮮の良さを宣伝して欲しい、当局はそう思っていることでしょう。

<2005年10月1日>


そのすばらしい出し物の最たるものがアリラン祭です。

出発の前々日、覚えた朝鮮語を試しに北京の北朝鮮系レストランに行きました。
平壌から来ている美人ウェートレスの一人に、アリラン祭を見に行くと言ったら、すごくうらやましそうでした。

帰国後に行った別の店のウェートレスは、我々が平壌で泊まった高麗ホテルで働いていたそうです。
彼女も見に行ったことがないと言っていました。
地元の人の入場料はいくらか聞いたら、無料招待だそうです。

外国人だけでなく、北朝鮮人にも憧れのイベントのようですね。
確かに、全国からバスを仕立てて見学にやって来ていました。

アリラン祭は20:00開始。
その前に、北朝鮮での最初の食事に行きました。
食べるのは「鍋焼き」だそうです。

通された部屋は電気がやけに暗く、やはり電力不足なのだな、と思っていました、が
ウェートレスがやって来て、皆が気づかなかった電気のスイッチを入れると、
なんてことはない、普通の明るさになりました。

食べたのは、鍋焼きというより、よく温泉旅館で出てくるような一人用の鍋で関東風のすき焼きをつくる、といったイメージです。卵はつけるのでなく、最後にかけます。
まずくはないけど、特にうまいというわけでもありませんでした。

飲んだのは、機内と同じ「大同江ビール」と朝鮮焼酎。
案内員の二人も良く飲みます。
尹「山大22号さんは酒が強いですね。朝鮮では『酒量は度量』と言います。』
誉められたのかな?

お腹がいっぱいになったら、いよいよアリラン祭の会場 メーデースタジアムに向かいます。
主体思想塔からも見えたこのスタジアム、15万人収容だそうです。
15万人というと横浜国際競技場(日産スタジアム)の2倍以上ですが、ちょっとそうは見えませんでした。
写真はこちら↓
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/blog-entry-6.html#more

スタジアムの周りには、さすがに大勢の観客が来ています。
並んで入り口に向かう小学生が、物珍しそうに我々を見ています。
2~3人で列から離れ、こちらに寄ってきて何か話しかける子もいました。
このあたりは、日本の子供と一緒ですね。
恐らく英語だったのでしょうが、聞き取れず、笑顔とアンニョンハセヨでごまかしました。

我々の入場は開演10分前。
三等席は下の方ですが、メインスタンドの真ん中に近く、まあまあです。

"8.15"
一瞬8時15分かと思いましたが、ちがいますねぇ。終戦記念日でした。

バックスタンドでは人文字が出来ています。
アリラン祭高校名


書かれている文字は、その区画を受け持ってる高校名だそうです。
一番左がモランボン(牡丹峰)、その右側がテドンガン(大同江)。
これが掛け声と共に一斉に消えたり現れたりするのは見ものでした。

ところで、約1時間半の開演中、バックスタンドは常に何かの人文字や人絵を出しているか、スクリーンとなって映像を写しているかでした。
私は人文字というものをやったことありませんが、色のついた板か何かを頭上に掲げておくんですよね。
彼らは、1時間半ずーっと手を挙げてたのだろうか。
しかも、間違えないように緊張しながら・・・。

やがて、ファンファーレと共にバックスタンドの方から旗を持った大群が列を作って入場して来ました。
始まり始まり。

一糸乱れぬマスゲーム
踊り、組み体操、バトントアリング
軍人の訓練
子供のダンス

私が一番驚いたのが空中ブランコです。
2階席の高さで空中ブランコをしていた女性が、落ちてしまったのです。
「あっ」と息を呑みました。

私たちの目の高さに、いつのまにか安全ネットが張られていたのにはまったく気付きませんでした。

人間ロケットとなって安全ネットに発射されてる人達は、落ちるところが近すぎて、ぶつからないか怖くなります。

器械体操が演じられる出し物があり、バックスタンドの近くには鉄棒があります。
演技者は、ずー---っと大車輪をしてました。

統一を示す、朝鮮半島をかたどった人文字の登場には、観客席が沸きます。

確かに、見て面白いショーでした。
相当の練習を積んだに違いありません。
ただ、事前に想像していたものからそれほど外れておらず、まあこんなもんかな、という感じ。
ホリエモン風に言えば、想定の範囲内、でした。

不思議なのは出演者です。
本日の観客は4万人、演じていたのは10万人だそうです。
平壌の人口は300万人ですが、郊外の人口が多く、市街に住むのは100万人とのこと。
アリラン祭に出演するような若い人が、平壌に10万人もいるとは思えません。
色々な人に、アリラン祭に出演したことがあるか聞いてみましたが、出演したという人には出会っていません。
観光大学の先生でもある李案内員の生徒にも出演している人はいないそうです。
容姿端麗で、すぐれた技能を持った若者をどこから10万人も集めたのでしょう?
彼ら、彼女らはアリラン祭が終わったらどこへ行くのでしょう?
パフォーマンスの専門機関がどこかにある気がしてきました。

この日は、ミスした人に気づきませんでしたが、前日の演技では何かを落とした人がいるそうです。
毎日やってりゃ、たまにはミスもあるだろう、と思うかたわら、
もしかして・・・粛清?なんて思ったりして。

10月10日の労働党創建60周年イベントの練習は、我々の滞在中あちこちで行われており、
出し物で使う飾り物を持った普通の人が道を歩いているのもよく見かけました。
この期間は、仕事も学業もストップしてしまうのでしょう。

カメラの性能か、私の腕か、あるいは両方に問題があり、アリラン祭の写真はほとんどピンぼけでした。

私の前日に同じショーを見た だおさんのブログにはきれいな写真が載っています。
そちらでお楽しみください↓
http://strobolight.blog12.fc2.com/blog-entry-84.html

よく見ると、グランドには立つ位置を示すマークが打ってありますね。
そりゃそうだろうなぁ。
スポンサーサイト
  1. 2005/11/04(金) 13:37:37|
  2. 北朝鮮旅行記
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:6
<<高麗ホテル | ホーム | 日中3000人青年大交流>>

コメント

きむさん、
私の世代では、人文字と言うと野球のPL学園、サッカーの帝京高校ですね。
アリラン祭の人文字は、赤い点になっても退屈しないこと請け合いです。動きは激しいし、もし失敗したら・・・。
  1. 2005/11/05(土) 23:08:47 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

みんみんさん、
想定の範囲内とはいえ、1時間半まったく目が離せませんでした。
是非次回は見に行ってください。
  1. 2005/11/05(土) 23:05:22 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

すごいっすね。。。
昔小学校のときに一文字の航空写真を撮ってもらったことがありますが、ずーっと座りっぱなしで面白くなかったです。あとから写真をみて、「あ、この赤い点が俺なんや。。。」って感じでした。
  1. 2005/11/05(土) 22:52:29 |
  2. URL |
  3. きむ #-
  4. [ 編集]

迫力ありそうですね。
観客数よりも演技者の数が多いなんて・・・
アリラン祭をおいて他に例がないんじゃないでしょうか???
  1. 2005/11/05(土) 22:12:37 |
  2. URL |
  3. みんみん #-
  4. [ 編集]

だおさん、
気がつきませんで、申し訳ありません。
早速トラックバックさせてもらいました。
  1. 2005/11/04(金) 13:45:24 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

ありらんらん

山大22号さん、リンクいただきありがとうございます!
せっかくですので、トラックバックをさせていただきました、もし迷惑でなければTBくださいませ。
  1. 2005/11/04(金) 13:23:03 |
  2. URL |
  3. だお #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/14-e8aff405
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2005年アリラン祭観覧のメモ書き

後もう少しで訪朝して1年過ぎますが、いい加減に旅行4日目の午後の事を書こうかと。さすがにメモやらその他記録が少ないのであくまでも参考に確か18~19時頃:アヒルの焼肉を食する19時頃:確か金日成広場にてバ
  1. 2006/06/25(日) 21:15:16 |
  2. チョソンの中心でマンセーを叫ぶ

北朝鮮旅行 1日目(9/30)  驚愕のマスゲーム

9/30出発の3泊4日の北朝鮮ツアーに参加してきました。アリラン祭りから人々の暮らしにハプニングまで、かいつまんで書いてみたいと思います。まずは1日目から。・ツアー形式現在、北朝鮮を訪れる観光客は、中国、ロシア
  1. 2005/11/04(金) 14:21:18 |
  2. 自遊 ziyou

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。