北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

意外にうまかったドイツ料理

骨付き肉

今回の旅の日程は13日間、全部で40回近く食事をしている勘定です。
今までの旅行記では、あまり食べ物のことに触れていませんでした。

ここで、私の選んだドイツ料理ベスト10を紹介しましょう。

まずは第10位
サッカー仲間と一緒に、フランクフルトはザクセン・ハウゼンで食べた
骨付き豚肉のロースト。

小さい頃よく見たアメリカの漫画では、
こんなでっかい骨付き肉の骨の部分を持って、
ガブッて噛み付いてましたね。
うらやましくてしょうがなかったもんです。

40ウン歳にして、やっと念願がかないました。



第9位は、バンベルクのビアハウス、シュレンケルラで、
同じテーブルに座ったご夫婦が、
隣の店で買ってきてくれたレバーペースト。


レバーペースト

この街出身のご夫婦が、里帰りするたびに食べるご馳走です。
私がドイツで最も気に入った、ラオホビールとの相性もばっちりでした。

第8位は、写真がないのですが、
ホテルの朝食に必ず出てくるハム。
ほとんどのホテルが朝食付で、しかもハムとパンがうまい。
チーズも含めて、ほとんど外れはありませんでした。

第7位は、イルゼーの修道院で食べた豚肉料理。
Spanferkelkrustenbratenという長い名前でした。

イルゼー豚肉

こんがりと焼きあがった豚肉に、あっさりしたソース。
Klosterbreuのビールによく合いました。

第6位は、ニュルンベルク・ソーセージ
さすがにドイツにはいろいろなソーセージがありましたが、
これは、小さめのソーセージを、直火で焼いたもの。

ニュルンベルクソーセージ

この写真は、Tさんと一緒に白ワインで食べた時のもの。
ドルトムントからカイザースラウテルンに移動する列車の、
立ち食いカフェテリアでは、ビールのつまみに食しました。
塩味と香辛料がきいていて、もう、最高でした。

さて、いよいよベスト5



ですが、発表は次回にしましょう。
スポンサーサイト
  1. 2007/06/17(日) 12:08:16|
  2. ドイツ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ドイツ料理-発表ベスト5 | ホーム | まだまだ飲んだビアライゼ>>

コメント

gb927さん

お久しぶりです。
さすがに眼の付け所が違いますね。
私は、食い意地と飲み意地ばかりで、テーブルにはほとんど注意が行っていませんでした。
  1. 2007/06/18(月) 08:21:17 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

どの写真も美味しそう&テーブルがオシャレですね!
ベスト5も楽しみにしています♪
  1. 2007/06/17(日) 22:22:45 |
  2. URL |
  3. gb927 #qYqkr5qc
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/141-418af28f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。