北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ご近所の胡同

北帥府胡同

北京の胡同の色は、瓦の灰色。
でも、実は緑も多いのです。

私のマンションからは、王府井の裏にまだ残る胡同がよく見えます。
豊富な緑に癒されます。

ところが、このあたりにも取り壊しの波が!
目の前にある協和病院の増築だそうです。

まあ、ロックフェラー財団の資金で建てられた、
当時最先端のこの病院も、
今では、健康な人でも病気になりそうな感じですから、
増改築も止むを得ないか。




いつ取り壊されるかわからないので、その前に、写真を撮っておこう。

私が留学していた20年前、王府井には103系統などのバスが走っていました。
今は歩行者天国となり、バスは東側の校尉胡同を通っています。
ここから、東側に、小さな胡同と四合院が広がっています。
我が家の窓から見えるのは、この一帯です。

校尉胡同

時は、昼時。
家の中は暑いので、リヤカーでお昼寝です。

昼寝1

もっと暑苦しそうですが。

隣の北帥府胡同には、面白い門がありました。

後退門

形式は如意門ですが、
如意門の扉は壁と一直線で、前檐柱の位置にあるのが普通です。
この門では前檐柱が見えており、扉は金柱大門のように奥に入っていますね。
(門の形式についてはこちらを参照→"四合院の門"

後退門アップ

天井部分を見ても、扉の上に梁が見えません。
後からとって付けた様な扉です。

ついでに、もう少し東の方まで足を伸ばしてみました。
東単北大街を越えた、東堂子胡同。

昼寝2

リヤカーのベッドもないのか、歩道でお昼寝。

更に朝内南小街も越えて、趙堂子胡同から、後趙家楼胡同に入りました。

この門は、昔門だったところを塗りこめ、壁にしています。
部屋を作ったのでしょう。

塗り込め門

門枕石が半分はみ出しているので、すぐにわかります。

北総布胡同に出ました。
ごみの不法投棄には、中国の人も困っているようですね。
魚など生ごみを捨てられては、臭いでしょうね。

ゴミ捨て禁止

しかし、自分の画才によほど自信がないのか?
魚の絵に、漢字で"魚"と書かれています。

この門は、盛芳胡同にあります。
四合院の門の彫刻として、よく紹介されています。

盛芳1号

アップで見ると、彫刻の細かさがよくわかりますね。

盛芳1号アップ


金宝街を越えて北側の小雅宝胡同。
門の脇においてあるこの石を撮っていたら、
門の中にいたおばさんから声がかかりました。
「あんた、何やってんの?」
「これは拴馬石でしょ?珍しいから撮っているだけですよ」
「???」

詮馬石

拴馬石とは、馬をつなぎとめておく石です。
マッチなど置いてあって、これが拴馬石とは知らなかったのかも?
スポンサーサイト
  1. 2007/06/27(水) 01:39:21|
  2. 北京でお散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<北京にあった日本人街 | ホーム | ドイツ旅行記>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/143-eb0f00f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。