北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

北京にあった日本人街

東堂子6号

以前、エイジアンナビゲーターさんが教えてくれましたが、
私が住んでいる東単周辺には、戦前日本人街があったそうです。

確かに、よく気をつけながら散歩をしていると、
20世紀初頭に建てられた様な洋館がたくさんあります。

ちょっと覗いてみましょう。


この辺で洋館といえば協和病院。
アメリカのロックフェラー財団の手によって、1921年に設立されました。

協和病院

こちらの中西折衷様式の建物、今は病院としては使われていません。

周辺には関係する施設がいくつかあります。
こちらは、東単北大街から見える、協和病院の専門家宿舎。

協和病院別荘

先ほどの中西折衷の建物の北側に、北帥府胡同があります。
その奥に入っていくと、
昔ながらの四合院に混じって、ちょっと変わった建物が見えます。

洋行帰り1

路地の塀越しではよく見えないので、
北帥府胡同37号の門の中にはいってみました。
昼時は、みんな昼寝しているのか、誰からもとがめられません。

洋行帰り2

資料によると、洋行帰りの兄弟が建てた家だそうです。
本来は、裏にある似たような洋館も同じ敷地にあったようですが、
今では塀で仕切られています。

東堂子胡同と外交部街をつなぐ協和胡同という細い路地。
そこからこんな家が見えます。

建築家

こちらは、清末にフランスに留学し、中国の西洋建築に大きく貢献した建築家、
華南圭さんの家だそうです。

建築家2

入り口で改装工事をしており、中に入れませんでした。
窓の形など、斬新ですね。

東堂子胡同に戻ると、こんなきれいな洋館が見えます。

財政部長

私の持っている資料によると、
日本の財政部長(財務大臣)が住んでいたとされています。
中国のネット情報では、
北京大学人民医院の創設者、伍連徳博士が1912年に購入したとの記載もあります。

最近、ずうずうしくなった私は、ずかずかと門の中に入り込み、
見学しました。

当時の洋館に共通しているのは、優雅な階段。

財政部長階段

ずうずうしさが徹底せず、手振れを起こして申し訳ありません。
でも、曲線の優雅さは見て取れますよね?

東二環路から長安街に入る手前(北側)に金宝街という通りがあります。
そもそも、金宝街なる通りは、5年前には存在しませんでした。
私が北京に赴任した2004年、事務所にかけてあった北京地図には、
こんな通りはありません。
私の住むマンションのオーナーが、反対を押し切って造ったそうです。

良し悪しはともかく、私は便利なので毎日使っています。
で、二環路から入って、最初の信号の右手に、こんな建物があります。

三菱

ちょっと覗いてみましょう。

二階にベランダがある優雅な造り。
柱は、当時の日本人に好まれたコリント様式です。

三菱ベランダ

建物の西側には、二階に上がる階段がありました。
今では、針金にデカパンが干してある、庶民の住宅ですが、
この階段の手すりは、半端な建物ではありません。

三菱階段

実はこの建物、去年の夏に潜入したことがあります。
当時は、入口の脇に部屋が付け足されており、
そこに住むおばちゃんがいろいろ説明してくれました。

ところが、そういった、後から付け加えた部屋は皆取り壊されてます。

三菱取り壊し

正面、リヤカーが見えるところがおばちゃんの住む家でした。
おばちゃん、どこに行ったのだろう?

その時集まってきた住民は、以前日本人が建てた建物だと言っていました。
後に手に入れた資料では、三菱が使っていたと記されています。

さてさて・・・
スポンサーサイト
  1. 2007/06/29(金) 21:16:46|
  2. 北京でお散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<近所で朝飯 | ホーム | ご近所の胡同>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/144-bc5d1cd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。