北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

この物語は何だ?

長廊

頤和園の聴鸝館で食事を終えた同窓会のメンバー、
ビールと白酒が入っているので、いい気分です。

天気も良かったので、正門に当たる東門まで湖の周りを散歩しました。

ここには、「長廊」と呼ばれる回廊が通っており、
中国の古典に題材をとった絵が、数千枚描かれています。


それぞれの絵が、どの物語の、何の場面か、ほとんどわかりません

と、思ったら、これは西遊記ですね。

西遊記

おや、劉備、関羽、張飛の3名が諸葛孔明を訪ねています。
三国志の三顧の礼の場面です。

三顧の礼

同じく三国志で、蜀と呉の連合軍が、揚子江をはさんで魏の軍隊と戦う赤壁の戦。
それに先んじて、矢の少ない呉の将軍が、蜀の諸葛孔明に10万本の矢を集めるよう頼みます。
3日で集めて見せると豪語した諸葛孔明、
霧の深い夜、わら人形を船側に並べて魏軍に近づきます。
銅鑼と太鼓の音に驚いた魏軍は、すわ敵軍の急襲とばかり、必死に矢を射掛けます。
ところが、矢はわら人形に突き刺さり、諸葛孔明は見事10万本の矢を手に入れるのです。

10万本の矢

金に攻められて中国南部に逃れた南宋に、岳飛という将軍がいました。
和平を主張する政界にあって、主戦論を展開し、
中国では愛国者として英雄扱いされています。
この岳飛の母親が猛烈で、
若い頃息子の背中に「尽忠報恩」と刺青をして、叱咤したそうです。

岳飛

しかし、頤和園を作った清朝は、金と同じ女真族の王朝です。
当初、「後金」という国名を名乗っていました。
金にたてついた漢民族の英雄を、良くこんなところに描きますね。

老荘思想というのは有名ですが、その荘子と知人の会話:
知人:あそこで泳いでいる魚は実に楽しそうだ。
荘子:お前は魚ではないので、魚が楽しんでいるかわかるはずがない。
知人:お前は俺ではないから、俺がそのことをわかるかどうか、わかるはずがない。
わけのわからない禅問答ですが、「知魚楽」というお話です。

知魚楽橋

長廊からみえるこの橋は、知魚楽橋というそうです。

山大22号さん、さすがは歴史を専攻しただけあってよく知ってますね。
なんて感心しないでください。
以上はすべて、一緒にいた同窓会のメンバーから教えてもらったのです。

我々が食事をした聴鸝館は、西太后が京劇などを鑑賞した場所ですが、
観劇の舞台は、後に新しい建物に移りました。
こちらがその徳和園。

徳和殿

3階建てで、3階は天国の神様、1階は地獄の鬼達のためだそうです。

入口の照壁にはこんな模様がありました。

徳和園照壁

幸せのしるし、こうもりです。
これより中に入ると10元取られるので、引き返します。

正門をでると、門枕石、
俗に言う門dun[石敦(併せて1文字)]があります。

門枕石

北京の街中でよく見かける門枕石は、丸い太鼓の形です。
壁との間の三角の部分はありません。
故宮には、三角部分が壁の方についていた門があった気がします。

どういう違いがあるのか、誰も知りませんでした。
スポンサーサイト
  1. 2007/06/11(月) 13:55:00|
  2. 北京でお散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<まだまだ飲んだビアライゼ | ホーム | 頤和園の宮廷料理>>

コメント

yukoさん
ご訪問いただき、ありがとうございます。
コメントを励みにさせていただきます。
  1. 2008/09/11(木) 06:32:34 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

すごく勉強になります。
北京雑学知識が増えて楽しいプログですね。
  1. 2008/09/11(木) 01:15:25 |
  2. URL |
  3. yuko #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/145-2009ec19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。