北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

故宮-午門の"なぜ"

午門

北京の観光名所、天安門と故宮。
長安街から歩いて天安門をくぐり、端門を通ると午門があります。
実は、ここまでは無料です。

午門を通って故宮博物館に入るには、60元の入場料を取られます。
紫禁城の南の入口が午門なのです。

では、なぜ"午門"というのでしょう?


週末何も用事がなかったので、
中国人の友達からもらった"故宮"というDVDを見てみました。
全部で12集の大作です。

これが、実におもしろい。
今まで知らなかったことが沢山紹介されていて、
故宮をじっくり見学したくなりました。

この問題も、DVDで紹介されていたことです。

古代中国では、"子"は北を表わし、"午"は南を表わしました。
だから、紫禁城の南の門は"午門"なのです。

そういえば、地球を南北に走る線を"子午線"と呼びますね。
これも同じ理屈でしょう。

清の時代、午門の中央を通れるのは皇帝だけ。
官僚は東の東華門を通って出勤していました。
でも、例外が2つあります。
一つは、輿入れする皇后。
もう一つは、科挙の試験のトップ3。

科挙の最終試験は殿試と呼ばれる、皇帝出題の試験です。
その結果は、紫禁城の太和殿で発表されました。
成績第一の者を"状元"、第二を"榜眼"、第三を"探花"と呼び、
この3名には"進士及第"の資格が与えられます。

殿試の受験者は、恐らく東華門から紫禁城に入って来るのでしょうが、
発表の結果、進士及第となった3名だけは、
午門から退出することができたそうです。
皇帝と同じ門を通ることは、この上ない栄誉でした。

ところで、子が北、午が南なら、どうして北門は"子門"じゃないんだ?
なんて聞かないでください。


スポンサーサイト
  1. 2007/07/05(木) 01:04:17|
  2. 北京でお散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<故宮-東華門のなぞ | ホーム | 近所で朝飯>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/146-e0608e46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。