北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

近所で朝飯

炒肝と包子

久々に少年サッカーがお休みの土曜日。
朝早く起きたので、朝飯前にお散歩に出かけました。

故宮の方まで足を延ばすと、道端で朝食を食べている人もいます。
豆乳に油条、
豆腐脳に油餅、

おっ、炒肝もありますね。

炒肝は、モツやレバーを柔らかく煮込み、
とろみの利いたスープと一緒に食べるものです。
内臓料理に目がない私の、好物の一つです。

事務所の運転手によると、朝食に食べるのが一般的で、
包子、それも豚肉と葱の肉まんと一緒に食べるのがお決まりだそうです。

店の名前は「祥八福」。
私も早速店内に入り、炒肝1碗と包子2つ分の食券を購入、
隣でよそってもらい、外のテーブルで食べました。

炒肝

全部で3.5元(約56円)でした。

トロットロに煮込まれたモツは、舌の上でとろけそうです。
でも、運転手に言わせると、最近の炒肝は具が少なくなったそうで、
ここの炒肝も具はちょっとです。
レンゲなどはなく、お椀に直接口をつけて飲めます。
具がない代わりに、生のにんにくみじん切りがいっぱい入っています。
家に帰ったら、ブレスケア飲まなきゃ。

私の住むマンションのすぐ西隣に王府井通りがあります。
でも、普段はいつも東側に行っちゃうので、
王府井の辺りがどうなってるのか、ノーチェックでした。

そしたら、とんでもないことになってるではありませんか。

ここは、王府井大街と東安門大街の交差点。
新東安市場の前から北西側を撮ったとこです。

王府井取り壊し

私がよくお土産の陶器を買っていたミニ百貨店はしばらく前に閉鎖でしたが、
毛沢東の靴も作ったという、
中華老字号の「同昇和」まできれいになくなってました。

ここから灯市口まで、道路の西側は取り壊しが進んでいます。
王府井教会「東堂」の向かいにある逆バンジーも、風前の灯。
そういえば、東堂の北隣、天倫王朝ホテルの1階にあった
老舗山東料理店「翠華楼」にも移転の張り紙がありました。

周りが取り壊されている中で、唯一がんばってるのが、
ワンタンの老舗「餛飩侯」。

残されたワンタン侯

取り壊される前に、もう一度行っておこう。
スポンサーサイト
  1. 2007/07/02(月) 23:08:34|
  2. 北京でグルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<故宮-午門の"なぜ" | ホーム | 北京にあった日本人街>>

コメント

自分も、古い家を壊して作ったマンションに住んでいるので、複雑ですが、雰囲気を残した都市計画をして欲しいですね。
朝食、私でよければお付き合いしますよ。
  1. 2007/07/04(水) 12:57:41 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

そうですよね?王府井は、5月頃から工事が初まってとんでもない事になっていますね。
現在の王府井も以前と比べて随分とキレイになってしまったと思っていたのに
またまたリニューアルなんて?!
キレイになるのは、嬉しいですが個性のない店が増えるのは
ちょっと寂しいですね。
私も こんな朝食が好きですが なかなか一緒に行ってくれる人が無くて食べる機会がありません。
いいなぁ~~

  1. 2007/07/04(水) 00:07:46 |
  2. URL |
  3. ミント #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/150-4fc93af7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。