北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

これが飲めたら北京人

磁器口豆汁


北京での朝食といえば、豆乳がポピュラーですね。

豆乳と一文字違いの"豆汁"
漢字は似てても、味はまったく似ていないこの飲み物も、
昔からの北京っ子が愛する朝食メニューです。

見かけは雑巾を絞ったバケツの水、
発酵臭が鼻に付き、
飲んでみるとすっぱいのと苦いのが混じった味。

中国人でも、北京以外の出身者は飲めない人が沢山います。
私も、初めて飲んだときは、注文したのを後悔しました。
でも、2回、3回と飲んでいくと、慣れてくるものです。

北京で豆汁といえば錦馨豆汁店。
今までは別の店でばかり飲んでいたので、本家に挑戦してみました。


豆汁は、古くは宋の時代から飲まれていたそうです。
緑豆から春雨を作る時に出てくる絞り汁を発酵させた物です。

まだ清の時代の1910年、丁徳瑞という人の開いた豆汁の屋台が大評判になりました。
中国解放後の1958年、いくつかの小吃の屋台が合併してお店となった時、
その店で豆汁を担当したのはやはり丁さん。
その後70年代に店の名前が錦馨豆汁店となったそうです。

この本店、住所は広渠門内大街193号。
タクシーの運ちゃんに告げると、知っていました。
ところが、現地に着いてみると、ありゃりゃりゃりゃ。
既に取り壊されていました。

でも大丈夫、この店には分店があるんですね。
とある北京っ子から、龍潭公園北門にあると聞き、タクシーで出かけました。

ところが、北門に着いてもそれらしき店はなし。
仕方がないので歩いて探そうと思いながら、
降り際に運ちゃんに豆汁屋さんを知っているか尋ねると、

「何だ、お前も豆汁なんか飲むのか。
それなら早く言えば連れて行ってやったのに。
100m歩けば着くよ。」

と、西の方を指します。
ホッとして歩き出しました。

本店の写真は、緑色の看板があったので、それを目印に歩いたのですが、
とうとう見つからずに大きな十字路に着いてしまいました。
店の外で休憩していた、食堂のコックさんに聞いてみると、
そこだよ、と指差されたのがこれ。

磁器口豆汁店外観

看板がないじゃないか。
中をのぞくと、確かにここでした。
龍潭公園の「西北門」でした。

磁器口売り場

分店は錦馨豆汁店を名乗らず、本店のあった場所を取って
磁器口豆汁店と書かれていました。

豆汁を頼むと、一緒に漬物が付いてきます。
そして、小麦粉を輪のように揚げた焦圏を一緒に食べるのが、お決まりです。
お店の人が、炒めたての麻豆腐もあるよ、と言うので頼みました。
これも、緑豆から春雨を作った時の搾りかすで、羊の油で炒めたものです。

豆汁以外は正面の窓口で渡され、
豆汁は脇にある鍋からよそったのを別に取りに行きます。

豆汁の鍋を覗くと、
磁器口豆汁鍋

ブクブク発酵してますね。

テーブルが揃ったところで(冒頭の写真)まずは豆汁を味見。
慣れたからか、はたまたこの店の味なのか、
最初に飲んだ時より臭さは和らぎ、結構いけます。
それと、麻豆腐は絶品でした。

普通なら麻豆腐をつまみにビールを飲むところですが、
今日は、サッカーの試合前だったので、お酒はバツ。
炭水化物にしました。

磁器口焼餅

左側は普通の焼餅。
右側は糖火焼。
これは、小麦粉に黒砂糖を練りこんで焼いたものです。
甘さ控えめで、おいしかった。

店の中に、店舗の所在地を示す地図が掛けてありました。

磁器口豆汁店地図

店の人に聞くと、「老磁器口豆汁店」と書かれた本店以外は健在だそうです。
全部で分店が4軒あるんですね。
どの店も、北京の南側、天壇公園の周りでした。

私が行った龍潭湖分店、
目印は、龍潭公園の西北門です。

龍潭公園西北門

スポンサーサイト
  1. 2007/08/02(木) 19:12:25|
  2. 北京でグルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<にわか美術コレクター | ホーム | 先農壇にある古代建築博物館>>

コメント

meiguiさん

ご覧いただきありがとうございます。
昨日、日本から来た友人と会いました。
去年食事をした場所を同行者に紹介しようとしたら、
2ヶ所とも無くなっていたそうです。
10年前と比べると、様変わりでしょうね。
久しぶりの北京をお楽しみ下さい。
  1. 2007/08/06(月) 12:06:25 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

はじめまして。来来週、北京に行くので、いろいろ探していてたどりつきました。とても参考になります!
10年ほど前、北京に留学しておりまして、帰国して以降、いつ頃からか、行くたびに「なくならないうちに行っておかなきゃ/見ておかなきゃ」と急き立てられるような気持にさせられる街になってしまった北京ですが、今回はぜひ豆汁に挑戦したいと思います。
でもちょっと怖いです(笑)
これからも見せていただきます!
  1. 2007/08/04(土) 11:23:05 |
  2. URL |
  3. meigui #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/153-eea7574d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。