北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

円明園ってどんなとこ?

円明園大水法


7月は蓮の花の季節です。

北京に蓮の名所は沢山ありますが、
昔から有名だったのが円明園。

円明園では、昨年漏水防止プロジェクトを行い、
湖底を掘り返して、底にビニールを敷いたため蓮の花がなくなった、
と報道されていました。

でも、今年も蓮が満開になったと聞き、
見に行ってきました。

実は、円明園に行くのは初めてなんです。

蓮の花は午前中に開くらしいので、
朝のうち(といっても10時頃)に出発。

今回行ってみて、
私は大きな誤解をいくつもしていたことに気づきました。


誤解その1
円明園というのは一つの庭園かと思ったら、
円明園、長春園、綺春園(万春園)の3つの庭園からなってるんですね。

誤解その2
円明園というと、高校の歴史で習ったカスティリオーネとか、
必ず紹介される石柱の写真などのため、
敷地中が西洋庭園なんだと思ってました。

実際は、西洋建築があったのは、長春園のそのまたほんの一部なんですね。

誤解その3
広ーい敷地に、壊れた建物の残骸が無造作に転がってるのだと思ってましたが、
きちんと整理されているんですね。
そりゃそうか。

円明園全体図

タクシーで東門につけ、すぐに西洋建築遺跡を見に行きました。
全体の入場料10元の他に、西洋遺跡地区に入るには15元かかります。

冒頭の写真は、大規模な噴水だった、大水法。
その向かいに、皇帝が噴水を見物する場所、観水法があります。

円明園観水法

真ん中の高いところに、皇帝の玉座があったそうです。

そして、そこから眺めると、こんな具合です。

円明園観水法から大水法

大水法の奥には"遠瀛観"がありました。
遠くに水を見る、という意味です。

柱がぽつぽつ立っているだけで、
柱には蜂が巣を作ってました。

円明園蜂の巣

どこにも落書をする人はいるんですね。

円明園落書

"愛国"?
愛国者だったら、国の大事な遺跡に落書するな!

その隣に、展覧館がありました。
ちょっと涼みに入ったつもりが、なかなか面白かったです。
当時の様子が、絵や写真で説明されていました。

例えばこの海晏堂、

円明園海晏堂

当時はこんな壮麗な建物だったんですね。

円明園海晏堂説明

展覧館には歴史の展示もあります。

円明園は、第二次アヘン戦争終了後の1860年、
英仏連合軍に破壊されました。

その後、1900年に義和団の乱が起き、
外国の駐在員が今の東交民巷の一角に包囲された、いわゆる北京の55日の際、
8ヶ国の連合軍が義和団群鎮圧と外国人の救出を行いました。

ところが、中国にしてみれば、外国軍による侵略です。
こちらはそれを説明するパネル。

円明園八国連合

各国公使館の写真が並んでいます。
下の列は、左から
"俄国(ロシア)駐北京公使館"、"英国駐北京公使館"、"意大利駐北京公使館"

ところが、真ん中の列の右端だけは"日本侵略軍駐北京兵営"

何じゃそりゃ?
日本政府は、絶対に抗議するべきだ!

面白いのはこちらのパネル。
国内に流失してしまった遺跡です。

円明園略奪

右下には、大八車の行列でせっせと遺跡を盗み出している、
中国軍閥の写真があります。

この展覧館、ヒーターがかわいらしいですね。

円明園パンダ

さて、外に戻って、こちらも有名な写真ですね。

円明園黄花陣

当時の迷路です。
結構難しいらしいので、暑さに負けてパス。

迷路の向かいにある諧奇趣には、まだ池が残っています。
獅子の像もあって、中国チックですね。

円明園獅子

でも、折れた足がもの悲しい。
この獅子、後ろから見ると、

円明園獅子裏

リボンを結んでました。

のんびり西洋遺跡を眺めてたので、
蓮の花を見ないうちに、午後になってしまいました。
何のために朝からやってきたのかわかりませんね。

蓮池に向かうべく、出口の方に歩いていると、
不届き者発見!

円明園侵入者

西洋遺跡への入場料15元(約230円)をごまかしている5人組。
「写真撮られちゃった、どうしよう」
なんて言ってもだめだよー。
ブログで公開しちゃうからね。
スポンサーサイト
  1. 2007/07/14(土) 16:13:54|
  2. 北京でお散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<復活!円明園の蓮の花 | ホーム | 餛飩侯>>

コメント

さすまたさん
コメントありがとうございます。
おっしゃる通り、廃墟も良いですが、当時の姿を見てみたかったです。
  1. 2013/03/02(土) 22:25:28 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

円明園、美しいところですね。教科書で見たきりでした。
当時のまま残っていて欲しかったですね。
でも、廃墟になったらなったでまたロマンチックな気がします。
  1. 2013/03/02(土) 21:04:57 |
  2. URL |
  3. さすまた #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/155-2882bae1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。