北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

復活!円明園の蓮の花

円明園蓮1

朝開く蓮を見ようと思ってたのですが、
西洋建築の遺跡を見ていて、気づいたら午後1時過ぎ。

それでも、折角だからと、東門まで戻って長春園内の蓮池を見に行きました。

ちなみに、私が行ったのは2007年7月7日です。
書いてて気づきましたが、七夕、かつ盧溝橋事件の記念日だったんですね。

中国では、七夕は旧暦で祝いますが、
盧溝橋事件は新暦です。


案内板に沿って歩くと、"Lotus Enjoying Point"あちら、との表示。

そちらには池があって、蓮も咲いていましたが、
まだ成長しきっていない感じ。
やっぱり、昨年の漏水防止プロジェクトでやられたか?

円明園白蓮

しかも、花は池の中央、南を向いて咲いており
池の北側の道を歩いても、あまりLotus Enjoyingができません。

まあ、北京の中にあって、
池と緑に囲まれ、高層ビルが全然見えないような風景は、
他では味わえないな、

なんて自分を納得させながら、木々で隔てられた隣の池に向かうと、

円明園蓮2

おおっ。
これは見事な蓮池じゃないですか。

船頭さんが漕ぐ船で、池を回ってくれるサービスもあります。
1回10元で、約10分の船旅。

水面を泳ぐ蛇や、
蓮の蕾にとまるトンボも見られました。

円明園トンボ

紫竹院の蓮池にも似たような船がありますが、
あそこは人が多すぎ。
円明園は、ちょっと遠くて、入園に金が掛かるし、
園内が広すぎて人が分散されるからか、
それほど混んでいません。

円明園の大部分の敷地には、中国風の建物があったようですが、
ほとんど残されていないのは残念です。

円明園蓮3

円明園は、紫竹院に沢山いるような素人音楽隊とか、
民族舞踊の出し物もなく、
静かに楽しめます。

それでも、変な人はいますね。

円明園アカザ摘み

園内に生えるアカザを摘むおばちゃん。
スーパーのビニール袋を持っており、計画的です。

円明園テント

蓮池の水際にテントを張ってる家族。
まさか、寝泊りしてるんじゃないだろうな。

大きなカメラを、玄人っぽく構えてる人がいました。
「写真は構図だっ!」と
同じ角度から撮ってみました。

円明園蓮4

どうですか?
やっぱり構図じゃなくて、腕前だって?

ほっといてくれ!

長春園と円明園に挟まれた福海。
ここも蓮が咲いていると期待しましたが、ただの湖でした。
最初にここを見たら、これほど「なーんだ」なんて思わなかったでしょうが。

円明園福海

もう一度蓮を眺めながら、今の道を逆に歩いて東門に向かいました。
帰り際には、尾長鳥がお見送り。

円明園尾長鳥

スポンサーサイト
  1. 2007/07/17(火) 23:24:43|
  2. 北京でお散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<その箱の正体は? | ホーム | 円明園ってどんなとこ?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/156-9f80e19d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。