北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

桂公府でご接待

桂公府三進正房

桂公府の入り口を入った右側には、茶室があります。

元々レストランより茶室がメインだったのか、
朝陽門内南小街から方家園胡同への入口には、
"翰墨軒茶(桂公府)"と、茶館の名前を前面に出した案内板が立っています。

レストランも、茶葉を使った料理が売り物です。

この日は、3つ並んだ四合院の一番奥、
三進院の正房で食事を取りました。


よく、雑誌の紹介に出てくるのがこの料理、
"陸羽煮茶"です。

陸羽煮茶

左の人形は、唐の時代の人、陸羽です。
『茶経』という書物を著し、茶聖と呼ばれています。
香港には、"陸羽茶室"という、伝統のある茶室がありますね。
私は香港に3年住んでおり、しかも会社や家はこの近くでしたが、
服務態度が悪いというので、行ったことありません。

それは置いといて、料理の説明に戻りましょう。

急須の下にあるのが、食べるところです。
細切りの牛肉は薪、
お茶の葉は柴、
赤い唐辛子は炎、
をそれぞれ表わしています。

甘辛い味付けですが、
それほど辛くはありません。

こちらもこのレストランの名物料理で
"茶農春運"

茶農春運

卵で作った巾着を布袋に見立て、
お茶農家の人が、春の新茶を運んでくることをイメージしてます。
中にはにんじん、セロリ、蝦など。
お茶の葉っぱも入っているかもしれません。

こちらは、ダック。

桂公府アヒル

お茶の葉っぱで燻してあるような味です。

何かおいしい野菜はないかと尋ねると、
いつも薦められるのがこの娃娃菜。
桂公府娃娃菜

柔らかい白菜みたいな味で、サフランのソースが合います。

締めの主食はいつもこれ。

桂公府炒茶麺

お茶を練りこんだ麺です。
お酢をかけて食べます。

この桂公府。
どの料理も無茶苦茶おいしいわけではありませんが、
どんな人でも食べられそうな味です。
建物の格式が高く、雰囲気もいいので、
日本人、中国人を問わず、お客さんには喜ばれます。

お値段も1人100元程度とリーズナブルなので、
お金を払う人にも喜ばれます。


スポンサーサイト
  1. 2007/09/11(火) 23:11:29|
  2. 北京でグルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<九寨溝への誘い | ホーム | 桂公府でオヤッ?>>

コメント

yukoさん
レストランもどこかで復活して欲しいですね。
  1. 2008/09/12(金) 08:25:48 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

やはり、そうでしたか。。。
情報ありがとうございます。

整備された桂祥府として公開されることを祈ります。
  1. 2008/09/11(木) 18:57:18 |
  2. URL |
  3. yuko #-
  4. [ 編集]

yukoさん
残念ながら、このレストランは閉店となったようです。
ガードマンに聞いたら、文物保護単位として建物が保存されるそうですが・・・
  1. 2008/09/11(木) 06:45:06 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

絶対に行きたい!
私が行ったときは門が閉まっていました。
電話予約が必要かとは思いましたが、電話する能力がなくて。。。
  1. 2008/09/11(木) 04:04:33 |
  2. URL |
  3. yuko #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/164-79a4f7fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。