北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

杭州が嫌いな芥川龍之介

新新飯店1

杭州で私が泊まったのは、西湖の北岸にあるシャングリラ・ホテル。
かつての杭州飯店で、毛沢東も泊まった歴史のあるホテルです。

上の写真は、その隣にある新新飯店というホテル。
ここは、1921年に大阪毎日新聞の特派員として訪中した芥川龍之介が、
杭州を訪れた時に泊まったホテルです。

ホテルにあった日本語フリーペーパーによると、
彼は、杭州が好きではなかったようです。

その理由は、新たに洋風建築が立ち始め、
雰囲気を損ねているから。

今では、その洋館がレトロな雰囲気を街にもたらしており、
我々はありがたがっています。

時の流れはわからないもんですね。



ところで、この新新飯店、
上のほうに、年号が書かれています。

新新飯店創設年

ん?
これって、1922年開業って意味では?
すると、1921年の3月から7月までしか中国にいなかった芥川龍之介は、
どうやってこのホテルに泊まったのでしょう???

さて、上海に到着直後体調を崩し、20日間の入院を余儀なくされた芥川、
回復後は杭州、蘇州、南京、廬山、長沙、漢口、洛陽を経て北京に到着しました。
北京で、彼が勤める大阪毎日新聞の事務所があったのが、八宝楼胡同。
私の今の事務所からも近い、東単の南東です。

ちょっと前までは、東単の南東角には昔の店が残っていましたが、
最近見に行ったら、取り壊されていました。

問題の八宝楼胡同、
ここだと思うのですが、表示は蘇州胡同。

八宝楼全景

いずれにしても、旧大阪毎日新聞の社屋は残ってそうにありません。

おやっ、
胡同の入口に、こんな表示がありました。

八宝楼胡同

そこで世間話をしてるおじさん、おばさんに、
どうして二つの名前が書いてあるのか聞いてみましたが、
知りませんでした。

本来、八宝楼胡同は南北の通り、蘇州胡同は東西の通りです。
とりあえず、蘇州胡同に行ってみましょう。

蘇州胡同

北京の一番の繁華街、王府井、東方広場のすぐ南とは思えない、
昔ながらの路地が広がっています。

そこから南八宝胡同という路地に入って見ると、
平屋の合間からこんな建物が見えました。
この洋館、ちょっと怪しい。

南八宝胡同

蘇州胡同に戻り、入口を探して見ると、
恐らくこの門だ!

蘇州胡同118入口

勝手に進入すると、
こんな長屋です。

蘇州胡同118内側

ややっ!
正面には先ほどの洋館が見えました。

蘇州胡同118日本建築

私の立っている右側の長屋で、
おばあさんが料理をしていました。

私:この建物は、昔何の建物だったか知ってますか?
婆:ムニャムニャ・・・
私:(大声で)この建物は、昔何の建物だったか知ってますか?
婆:こりゃ、日本人が建てたんじゃよ。
私:日本人は、何に使ってたんですか?
婆:こりゃ、日本人が建てたんじゃよ。

丁重にお礼を述べて、この場を去りました。

蘇州胡同118日本建築二階

当時、このあたりには日本の旅館も多かったらしいので、
あの婆さんの証言だけでは、大阪毎日新聞とは断定できません。
芥川龍之介の勤務場所はいまだにわかりません。

杭州が気に入らなかった芥川龍之介、
北京は大好きだったようです。

スポンサーサイト
  1. 2007/08/31(金) 18:58:13|
  2. 北京でお散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<桂公府でオヤッ? | ホーム | 西湖の湖畔でハスを食す>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/165-82d1109c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。