北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

もう一つの宋慶齢故居

南小街宋慶齢故居全景

皆さん、宋慶齢という方をご存知ですよね。
有名な宋家三姉妹の次女で、孫文の妻。

夫の死後は国民党左派として、共産党との協調路線をとり、
中華人民共和国成立時には、国民党員の身分のまま、
中央人民政府副主席となりました。

亡くなる直前に共産党員への入党が許され、
名誉国家主席の称号ももらった2週間後に88年の生涯を閉じました。

当時の指導者の常で、宋慶齢もあちこちと住まいを変えており、
彼女の旧居も、たくさんあります。

北京では、後海のほとりにある旧居が有名ですが、
王府井のわが家の近くにも旧居があることを、最近知りました。


こちらは、孫文と結婚後二人で暮らした上海の家です。
孫文の秘書をしていた22歳の宋慶齢は、27歳の年の差を克服して結婚、
今で言えば、略奪婚でした。
1925年に夫が死んだ後も、しばらくここに住んでいたそうです。

上海宋慶齢故居

こちらは、北京の後海北岸にある旧居。
1963年、70歳の時にここに移り住み、
1981年に亡くなるまでここで執務を行っていました。

後海宋慶齢故居

元はといえば、清末の醇親王府の花園です。
醇親王というのは、光緒帝の弟で宣統帝溥儀のお父さん。
ラストエンペラーは、ここで生まれたわけです。

さて、冒頭の写真が、今日のテーマであるもう一つの宋慶齢故居。
住所は、東城区朝陽門内南小街439号
公開はされておらず、いつも重そうな門が閉まってます。

南小街宋慶齢故居アップ

この家が建築されたのは1920年代。
当時このあたりは日本人街だったらしく、
日本の特務(スパイ)機関もここにあったとか。

終戦後は、アメリカ大使John Leighton Stuartも住んでいました。
中国名を"司徒雷登"というこの人物、アメリカキリスト教会の牧師で、
更には燕京大学の学長も務めました。
毛沢東の『別了,司徒雷登』という文章により中国では相当有名だそうです。
でも、アメリカではまったく無名らしい。

そして肝腎の宋慶齢。
1949年初、上海から建国事業のため北京に来た時から、
1958年9月までここに住んでいたそうです。

門にはいつも鉄製の引き戸が閉まっていますが、
この日は少しだけ隙間が開いてました。
隙間にレンズを当ててパチリ。

南小街宋慶齢故居中庭

きれいに整備された中庭でした。

さて、この宋慶齢邸の近くに、別の洋館があります。

西総部胡同李済深故居全景

ここに住んでいたのが、
国民党左派で国民党革命委員会の主席を務め、
新中国建国時に、宋慶齢と同じく中央人民政府副主席となった
李済深です。

元々は広東軍閥の出身で、
一時は白色テロ(共産党弾圧)にも参加したのですが、
急に右から左に変わっていったようです。


1948年12月、彼が北京入りした当時は、四合院だったものを、
1953年に壊してこの洋館を建てたとのこと。
1959年に死ぬまでここに暮らしていたそうです。

西総部胡同李済深故居門

住所は西総布胡同9号
中国国際友誼促進会って、何をする機関なんでしょう?

スポンサーサイト
  1. 2007/11/12(月) 07:40:18|
  2. 北京でお散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<王家大院 | ホーム | 紹興・咸亨酒店のアレ?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/166-bad728ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。