北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雨の遊歩道

箭竹海から熊猫海

昨日は、4時間以上歩いて足は棒状態。
お風呂で念入りにマッサージして本番に備えました。

前日見た天気予報によると、この日は"陣雨"。
にわか雨といった意味ですが、
朝起きて空を見ると、昨日より雲が厚くて低い、
しかも青空はまったく見えません。

でも、雨は降っていないので、九寨溝1日コースに出発しました。
前日確認したところ、開門は6時半、ホテルの食事は6時から。
6時半出発を目標に、5時に目覚ましをかけましたが、
出発は7時になってしまいました。
今日はホテル前にタクシーがいたので、6元(約100円)で体力を買い九寨溝の入口へ。
さすがに、これだけ早いと人はほとんどいません。
ホテルの食堂にいた人たちは、皆黄龍に行ったのでしょう。

ゲートの左端で今日の分のバス券を購入、ゲートを通過して中に入ると、
それでも大型のバスはほぼ満席です。

(2007年8月29日)


今日のバスも、Yの字の交差点で一旦止まり、引き続き右側の原始森林に向かいます。
交差点から18Kmの山道は、バスで上ってもかなり時間がかかります。
全部歩いて下りたらさぞ大変でしょう。
右側に次々に現れるポイントを見ながら、作戦を考えました。

途中から霧雨が降ってきたように見えましたが、
終点の原始森林に着いた頃には結構な雨になっています。
箭竹海から原始森林までは大きな滝や湖はなかったので、
そのままバスに乗り箭竹海まで戻ることにしました。

バスの乗客は途中のポイントで降りてしまい、他の観光客は見当たりません。
昨日5元で買った合羽をかぶり、歩き出しました。

箭竹海の海抜は2618m。
ビジターセンターより300mほど高いところにあります。
今日は残念ながら雲が垂れ込め、海子に映る景色も沈みがち。

159箭竹海

昨日と同じように、海子の山側にある遊歩道に向かいました。
箭竹海と熊猫海の間には小さな滝があり、
その上下を遊歩道がめぐっています。

167箭竹海瀑布

雨なので、湖を見るのはいまいちですが、
滝や清流を歩くのに天気は関係ありません。

遊歩道脇の小さな池に、鴨が1匹のんびり泳いでました。

177箭竹海から熊猫海(鴨)

時間が早いこともありますが、
バスの停車場所から離れたところには、中国人の観光客はあまり来ません。
おかげで、途中にあるこんなきれいな場所を独り占めできます。

どこかの雑誌に載っていた、糸を引くような水の流れを撮るべく、
カメラについてる絞り設定機能というのを初めて使ってみました。

179箭竹海から熊猫海

如何でしょう?

歩き始めて約1時間で、熊猫海に到着。
この近辺で熊猫(パンダ)が活動しているそうですが、
お目にかかることはできませんでした。

ここの水の色は紺でなくエメラルドグリーン。
石灰分か何かが水に混じっており、光が乱反射しているようです。
透明度もあまりよくありませんが、魚はたくさんいました。

この海子は、九寨溝で冬に氷が張る2つの海子の一つ。
水位の変化が最大の海子だそうです。
渇水期には5mも水位が下がり、豊水期にはあふれる水が滝となって流れます。

200熊猫海

海子に張り出したような遊歩道を通ると、
バス通りとつながる広い遊歩道に出ます。
バスを降りた観光客が、貸衣装を着て写真を撮っています。

195熊猫海人込

バスガイドは、ここで降りたら下にある滝を見物して、
五花海まで歩くようアドバイスしています。

お目当ての熊猫海瀑布はこちら。

204熊猫海瀑布

今は豊水期なので、水量が豊富。
高低差57mは九寨溝で最大です。

熊猫海瀑布から30分ほど歩くと、九寨溝を代表する海子、五花海が見えて来ます。

230五花海

ご覧の通りの透明度で、水の底に沈んだ樹木が本当にきれいです。
九寨溝で1、2を争う人気なのもうなずけます。

232五花海

五花海が狭まって下流に注ぐ孔雀河道も非常に美しいところでしたが、
雨脚がだんだん強くなってきました。

243五花海孔雀河道

水面に映る山々や、水底を楽しむような場所は、雨滴による波紋があるとダメです。
合羽だけでなく、北京から持参の折りたたみ傘も差して、
金鈴海を右手に見ながら、人の少ない遊歩道を進みました。

そのうち、ザーザーという水の音と共に、観光客が見えてきました。
珍珠灘です。
幅112m、長さ189mにわたる、底の浅い潅木のエリアは、
九寨溝を紹介する番組では必ず登場しますね。

248珍珠灘上流

ここにかかる遊歩道は、距離も長いけど、それに勝る混雑ぶり。
しかも、今日は皆傘を差しているので、結構危険です。
一度他の人の傘の先で、めがねを振り落とされそうになりました。

ところで、九寨溝は全域禁煙。ゴミのポイ捨ても当然禁止です。
中国の観光客もきちんと守っており、感心していました。
けれども、ここ珍珠灘の遊歩道で目撃した悲しい光景。
お母さんに手を引かれた子供が、
食べかけのカップラーメンを遊歩道に置いていったのです。
注意するべきだったと、後から後悔しています。

254珍珠灘

さて、この水が一気にがけを落ちていくのが、珍珠灘瀑布。
幅163m、最大落差40m。
勇壮です。

261珍珠灘瀑布

九寨溝で最も水が美しく、流れが最も激しいと説明されているこの滝を見たら、
そろそろお昼の時間です。


スポンサーサイト
  1. 2007/09/25(火) 06:00:00|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<九寨溝のハイライト | ホーム | チベット族の住む九寨溝>>

コメント

雲南からの友さん
お褒めの言葉、ありがとうございます。
上海旅行では、いい親孝行ができるといいですね。
  1. 2007/09/28(金) 12:48:47 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

こんにちは。
そろそろ国慶節、大連休の始まりですね!
それを知らずに、羽田発上海の初便を利用し、親孝行旅に出ます。
どこも混雑してそうで、老人連れて大変なことになりそうです。
箭竹海、お天気が悪いお陰で、幻想的でとっても素敵ですね。
絞りを工夫されたお写真も、シュワシュワ感たっぷりで素敵。
九寨溝は、晴天でも雨でも全天候OKなんだなあと実感しております。
  1. 2007/09/26(水) 16:24:42 |
  2. URL |
  3. 雲南からの友 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/173-3b76a2bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。