北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

別荘裏の"野長城"

新紅資長城窓から長城

北京郊外の新紅資別荘。
売りの一つは、裏手に万里の長城があること。

八達嶺、慕田峪、司馬台等は観光用に整備され、
入場料を払わなければ行けませんが、
まだまだあちこちに残る未整備の部分は、
"野長城"と呼ばれ、自由に登ることができます。

今回の駐在で2度目の長城は、
初めての野長城でした。
別荘のフロントに、手書きの散策図が置かれています。
ここは、すべての説明が英語だけなので閉口しますが、
苦労しながら読んでみると、

フロント脇の川に沈み込んでいる石の壁は、
秦の始皇帝が築いた当時の長城だそうです。

新紅資長城秦

本当か?
なんて聞かないでください。
そう書いてあったのは本当です。

この別荘は谷間にあり、慕田峪の方から続いている長城が、
この谷間で途切れています。

こちらが、道の向こう側に見える長城。
8時間歩くと、慕田峪だそうです。

新紅資長城正面

始皇帝の長城は別荘の裏の山につながっていきます。

新紅資長城裏

フロントから部屋に向かう道に、こんな門があります。
これが、長城に続く小道の入口です。

新紅資長城入口

裏の栗林を抜け、フェンスの向こうの大きな犬に吠えられ、
獣道のようなところを登って行くと、
長城の壁が見えてきました。

別荘から見えた、下のほうの烽火台です。
中に入ってみると、かなり崩れてますね。

新紅資長城下烽火台窓

西の方を見ると、道の向こうの長城が見えます。(冒頭写真)

そして、外に出てみると、
これから登る長城が目の前に迫ってます。

新紅資長城下烽火台から

上に見える盛り上がったところが、もう一つの烽火台。
とりあえずあそこまで登ることにしましょう。

それにしても、ここの石段は相当傷んでます。
踏むとグラグラするレンガもたくさんありました。

新紅資長城階段

勝手に登っておきながら言うのもなんですが、
もう少し整備した方がいいんじゃないでしょうか?
世界遺産なんだから。

崩れ落ちないか確かめながら、一段一段登ります。
登り始めてから1時間、
汗びっしょりになって、ようやく最初の烽火台に到着。
ここからは道が緩やかになり、東の方につながっています。

新紅資長城東へ

先の方に二つの烽火台が見えますが、
行かれるのはとがった峰の下まで。
そこまで行くと往復4時間かかるそうです。

当然、ここで止めにしました。

この長城は、北方の騎馬民族の侵入を防ぐ物。
この烽火台から長城が東の方に延びているのはわかります。
でも、何故か南にも延びており、
この烽火台は三叉路の交差点になっています。

新紅資長城南へ

例の、英語の手書き案内図によると、
工事業者が地図をよく見ず、間違えて造った、
なんていう伝説もあるそうです。

さてこれから下りですが、

新紅資長城上烽火台

いやー、怖かった。
壁につかまりながら横向きでなければ下りられません。
そのうち、壁が崩れないか、心配になってきました。

この殿様バッタは、
全然気にせず、壁にくっついてました。

新紅資長城バッタ

スポンサーサイト
  1. 2007/10/14(日) 22:31:02|
  2. 北京でお散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<炸醤麺の有名店 | ホーム | 郊外の別荘 by 新赤い資本家>>

コメント

津野田さん
連絡先をお知らせください。
  1. 2012/11/04(日) 22:18:20 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/11/04(日) 18:51:14 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/179-16d733ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。