北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大連に残るニッポン

大連夜景

日本の後押しで建国された満州国。
首都は新京(今の長春)に置かれましたが、
統治の一躍を担った満鉄の本社は大連にありました。

現在の中国政府は、
満州国は日本が中国の国土に侵略して建てた傀儡政権であると認識し、
偽満州国と呼んでいます。

日本による侵略を象徴するような建築物(例えば神社の鳥居など)は
終戦後、みんな取り壊してしまいました。

しかし、政治的な意味がなく、使える建築物は今でも大事に使っているのが現実的なところ。
大連にはそれらがたくさん残っていました。



大連は山東半島の向かい側、遼東半島にあります。
この半島は、そもそも日清戦争の後、日本が割譲を受けた土地です。
しかし、のどから手が出るほど不凍港が欲しかったロシアは、
三国干渉によってこの地を返還させて、自らの支配下におさめました。
大連(Dalian)という地名は、「遠い」という意味のロシア語"ダーリニー"を
この地の名前としたのが始まりだそうです。

大連にはロシア風情一条街という通りがあり、
ロシアが建てた建物が保存されています。

大連ロシア街

こちらはその通りの入口にある芸術展覧館。
ロシアが東清鉄道汽船会社として建てたものです。
東清鉄道汽船会社は、ロシア版満鉄ですね。
日露戦争後は"大連倶楽部"、その後は"日本橋図書館"として使われていました。
大連の友好都市北・九州市の門司には、この建物を模倣した建物があるそうです。

満鉄本社は、大連賓館(旧ヤマトホテル)のすぐ近くにありました。
現在大連鉄道有限責任公司が使っています。

旧満鉄本社

こちらは、向かって右側の棟の装飾。
実に精巧な彫刻ですね。

旧満鉄本社彫刻

中央玄関前の駐車場には、こんなマンホールの蓋がありました。
"M"とレールを組み合わせた、満鉄のマークです。

旧満鉄本社マンホール

大連大学付属中山医院はかつての満鉄病院ですが、
ここにも同じ模様のマンホールがありました。
平壌で見た日帝時代のマンホールの蓋は、写真を撮らせてもらえませんでしたが・・・。

日本が支配していた頃、満州にもあちこちに神社が建てられました。
大連神社は、現在の大連外国語大学のあたりにありました。

多くの神社は敗戦と共に、地元の人やロシア軍の手によって破壊されました。
しかし、大連神社は破壊を免れ、ご神体ごと日本に引き上げています。
終戦直後は福岡の筥崎宮に仮安置、
その後山口県下関市の赤間神社の一角に小さな祠を建てて安置され、現在に至っています。

大連にあった神社の建物は、まったく残っていません。
でも、その近くにあった東本願寺は、ちゃんと残っています。

大連旧東本願寺

極彩色に塗り替えられ、大連京劇院になっています。
どうでもいいですが、別の色はなかったんでしょうか?

ここから程近い延安路、当時は播磨町と呼ばれたところに、
中国ではあまり見かけないような門がありました。
その奥には日本式の屋根が見えます。

大連延安路日本家屋

裏に回ってみると、

大連延安路日本家屋屋根

瓦や樋が実に日本的ですね。

さて、大連は中国でも数少ない、市電を保存している町です。
その市電もレトロでした。

大連市電

運転席はこんな感じ。

大連市電運転席

小学生の頃、横浜の自宅の前に市電が走っていました。
自動車の邪魔になるので廃止される時、花電車に乗ったのを思い出しました。

市電202系統の中継点になっているのが、勝利橋。
橋を渡ると先ほど紹介したロシア風情一条街です。

大連旧日本橋

この橋は当時の"日本橋"。
だから、この橋の向こうにある図書館が"日本橋図書館"だったのです。
橋の上は常に渋滞しており、
道路からあふれんばかりの自動車を支えて、今でもがんばっていました。


スポンサーサイト
  1. 2008/02/13(水) 12:32:30|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<皿にも、箸にもくっつかない・・・ | ホーム | 日本が中国に造ったダム>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/02/19(火) 20:37:06 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

はてこさん
基本的には、事前に見所を調べていきますよ。
旅行計画と下調べは、旅行と同じくらい楽しいので。
この東北旅行は、特に念入りに調べました。
  1. 2008/02/17(日) 20:44:49 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

山大さんは、でかける前にその地域について知識を入れてから出かけるのでしょうか??それとも既知事項なのかしら??
色々知っていたほうが旅行が楽しめるのはわかっているのですが、勢いで旅行に出てしまうことが多い私です^^;
私だったら知らずに素通りしてしまうようなところを、丁寧に楽しんでいらっしゃって、読む度感嘆してしまいます。
  1. 2008/02/17(日) 09:45:36 |
  2. URL |
  3. はてこ #Y8E8kkJc
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/200-faae24b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。