北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

皿にも、箸にもくっつかない・・・

10三不粘


私の初訪中は1983年。
北京師範学院(現首都師範大学)での1ヶ月の語学研修です。

食事は基本的に大学内の食堂でしたが、
少し慣れてきた頃、クラスメート達と連れ立って、
市内のレストランに行ってみました。

行き先は、誰かが日本から持って来た雑誌で紹介されていた所で、
店の名は"同和居"。
西四にありました。
思えば、私にとって初めての"北京でグルメ"でした。

大学の同窓会で、その同和居に25年ぶりで行きました。
場所は西二環路の外側、三里河に移転していました。



同和居看板

看板は、最後の皇帝溥儀の弟溥傑の揮毫です。
さすが老字号。
移転の時に持ってきたのでしょう。
と言っても、この方の揮毫はあちこちで見かけますが・・・


この店の名物は何といっても"三不粘"。
"箸にくっつかない、皿にくっつかない、口にもくっつかない"
という、摩訶不思議な料理です。

これは、甘いデザートなどで登場するのは少し後。
その他の名物料理を見てみましょう。

ウェートレスの一押しがこちらのナマコ料理"葱焼海参"。
138元(約2,200円)とこの日食べた中で一番高い料理でした。

06葱焼海参

138元(約2,200円)と今日食べた中で一番高い料理でした。
でも、評判の方は・・・。

もう一つ、ウェートレスのお勧めがこちらの玉子鮑魚。
"玉子"というのは日本の玉子豆腐、
"鮑魚"といってもトコブシでしょう。

12玉子鮑魚

こちらも138元と、最高値ですが・・・。

お店の名誉のために、おいしかった料理もご紹介。

同和居の案内では、三不粘と並んで必ず載っている糟溜三白。
魚、鶏肉、たけのこを酒粕で炒めたもの。
1皿72元(約1,100円)ですが、参加者に大評判でした。

糟溜三白(雪魚)

この料理に卵白を使い、余った卵黄で作ったのが三不粘だと、
どこかで読んだ気がします。

こちらは"清炒蝦球"、116元(約1,800円)。
何の変哲もない名前ですが、何かの味付けがなされていて、とても美味。

07清炒蝦球

これも普通の料理"清蒸桂魚"。
魚500gあたりで68元、実際は900gあったので122元(約1,900円)。

13清蒸桂魚

特に賞賛の声はなかったですが、クセもなくておいしかったと思います。
実際、きっちり骨だけになってました。

同和居の料理は山東料理。
私の留学先ですが、はっきり言って留学中こんなものは一つも食べたことありません。
で、しょっちゅう食べていた前菜を頼んでみました。

15炸花生米

山東省は落花生の産地です。
当時千葉県出身の留学生がいました。
山東には何もないと聞いて、親御さんが千葉県名物落花生を山ほど送ってきました。
よりによって、これだけは豊富にあるものを送ってくるなんて!

同和居に戻ると、7元(約110円)のこの揚げ落花生が、本日の一番人気。
本番の料理が出てきた後も、伸ばす手が止まらず、
空っぽになってもう1皿頼みました。

さてお待ちかねの三不粘。
原料は、卵黄、緑豆粉、白砂糖。
これをものすごい速さでかき混ぜて作る、というのが1983年に覚えた作り方です。

11三不粘お碗

初めての方が多く、「本当にくっつかないや」と感心しながら食べてました。
でも、1皿98元(約1,600円)はちょっと高すぎますよね。

主食に頼んだのがこちらの"銀糸巻"
外から見ると普通のパンですが、

16銀糸巻

割って中を見ると細い紐を束ねた生地でできてます。
ちょっと甘めでしっとりしており、食後でも簡単に入っていきました。
1個1.5元(約13円)。

さて、まだ紹介していない料理を一挙にご紹介。
まずは前菜から、

02水晶肘03香辣八爪魚04香椿苗
1番左が"水晶肘"、豚桃肉のにこごりです。
真ん中は"香辣八爪魚"、日本の酢だこをイメージしてたら、ピリ辛のしっかりした味でした。
右端は"香春苗"、メニューに"香春苗"、伝票には"香椿苗"と書かれていました。
香椿じゃなさそうですね。

続いてお料理。

08同和爆炒腰花09清炒四梭豆14烏魚蛋

1番左は"同和爆炒腰花"、このマメ(腎臓)料理は留学時代も時々食べました。
真ん中は"清炒四梭豆"、海南島の野菜だそうです。普通は四角豆と呼びますね。
1番右は" 烩烏魚蛋"、でもイカの卵はわからなかったナア、酸辣味です。

この他、ビールと白酒を含め、8人で1,200元(約18,000円)。
まあまあのコストパフォーマンスでした。

スポンサーサイト
  1. 2008/02/25(月) 22:13:14|
  2. 北京でグルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<昼は鳩笛、夜は星空 | ホーム | 大連に残るニッポン>>

コメント

甘いですからね

ayaziさん

三不粘が未体験でしたか。
確かに、ayaziさん好みの味ではないかも。
釣魚台国賓館に招かれた時にでも、ついでに如何?
  1. 2008/02/26(火) 12:40:52 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

三不粘

まだ食べたことないんです、これ。
三里河ですかあ。
これだけのために行くにはちょっと遠いですねえ・・・うーむ。
東三環路沿いにこの料理名がついた小さなお店があるんですが、ここのは正宗ではないんでしょうね、きっと。
  1. 2008/02/26(火) 12:01:12 |
  2. URL |
  3. ayazi #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/202-0cfc2f6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。