北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オペラ「図蘭朶」

国家大劇院南門

我が社の本社の近くにパンパシフィックホテルがありますが、
その中の中華レストランは「トゥーランドット」。
どうして、中華なのにこんな名前なんでしょう?

トゥーランドットというのは、イタリアのプッチーニ作曲のオペラの題名ですが、
実は、舞台が中国の王宮だったんですね。

プッチーニはこの歌劇を完成させることなく世を去ったので、
最後の18分、クライマックスの部分は、後に補筆されたものです。
最初に補筆したのは、弟子のフランコ・アルファーノ。
この他にも、別のバージョンがあります。

そして、この程初の中国バージョンが完成、
国家大劇院版「図蘭朶」として、3月21日に初演を迎えました。


と、柄にもないことを書いているのは、
この公演の関係者に知り合いがおり、
VIPチケットをいただいて観に行った(聴きに行った?)からです。
上に書いたのも、もちろん、にわか知識です。

知り合いから、国家大劇院北門で待ってると言われましたが、
タクシーが着いたのは南門。
知り合いを待たせて、初めての国家大劇院を写真撮影です。

国家大劇院と人民大会堂

ご覧の通り、人民大会堂のすぐ隣。

05国家大劇院と故宮

故宮も見えます。

通りから見ると気づかなかったのですが、
玉子のようなこの劇場は、周囲に池がめぐらされているんですね。

22国家大劇院南門

入場口である北門の題字の上に、人が見えますね。
その向こうは池です。

だから、入口を入ってホールに向かう通路は、
こんな風に水底通路です。

11国家大劇院水底通路

ちなみに、左に見えるど迫力の女性が、
麗しきトゥーランドット姫です。

内部はこんな感じ。
外見だけ見ていると、周囲の景観にマッチしない変テコな建物に見えますが、
さすがに、新しいだけあった内部は立派です。

17国家大劇院内部

何より良いのは、ホール内に携帯の電波が届かないこと。
中国の皆さん、コンサート中に携帯鳴らす人多いですからね。

でも、写真撮影禁止は全然守られてませんでした。
そもそも、荷物検査の際、手に持っていたカメラはクロークに預けるよう指示されました。
でも、中に入ってみるとみなパチパチ写真を撮ってるではありませんか!
かばんに入れておけば平気だったみたい。

トゥーランドット絵看板

肝腎のオペラですが、
眠くなったらどうしよう、などという心配はまったくの杞憂。
2階の一番前という特等席で鑑賞したトゥーランドット、
あっという間に2時間10分の公演が終わりました。
ひょっとしたら、オペラ好きかも。

スポンサーサイト
  1. 2008/03/28(金) 21:19:39|
  2. 北京でお散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<北京的春天 | ホーム | 門丁肉餅って?>>

コメント

よーじーぼーりさん
最近更新をサボっていてすみません。
励みにしてがんばります。
  1. 2008/05/09(金) 04:27:28 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

ありがとうございます!

ご了解頂き、安心しましたー。
これから少しずつ北京ネタも書いていこう思ってます。
またお邪魔させていただきます!
  1. 2008/05/08(木) 20:20:13 |
  2. URL |
  3. よーじーぼーり #-
  4. [ 編集]

よーじーぼーりさん
いつもご覧いただき、ありがとうございます。
貴ブログ拝見いたしました。
これからも楽しみにさせてもらいます。
リンクは全然問題ありませんよ。
  1. 2008/05/08(木) 13:27:58 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

はじめまして

いつもコメもせず楽しく拝見しています。
北京に出掛けた際は、随分と参考にさせて
いただいておりました。
このたび自分でもブログを立ち上げました。
北京ネタにこちらの記事をリンクさせて
いただいたのですが、なにぶん初心者で
事後承諾でよいのか、ルールが全くわかりません。
ご不快であれば即刻削除しますので
よろしくお願い致します。

  1. 2008/05/08(木) 08:10:22 |
  2. URL |
  3. よーじーぼーり #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/204-00c83222
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。