北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

孔子様は草葉の陰で

045孔廟大成門


とある日曜日。

あまりの天気のよさに、ふらふらとお散歩に出てみました。
目指したのは、自宅近くの孔廟。
毎日のように目の前の道を通っているのに、
今まで中に入ったことがありませんでした。

開門直後の朝8:40では、さすがに観光客も少なめです。


入口を入ると、すぐ両側に石碑が並んでいます。

049清代進士題名碑


元、明、清代の進士及第者を記した石碑"進士題名碑"です。
進士というのは、科挙の最終試験を通過した合格者のこと。
全国で行われる郷試を通過した受験生"挙士"が、
首都北京の貢院で、3年に一度行われる会試を受験。
合格した貢生が、皇帝の謁見を受ける殿試に合格して、やっと進士になれます。

話を石碑に戻すと、一つの石碑にその年の進士及第者の名前と出身が記載されています。
大きな石碑の脇に、小さな説明が置かれているものがあります。
有名人物や、その年の会試のエピソードが書かれています。

こちらは、四庫全書の編集者、紀暁嵐が合格した乾隆19年の進士題名碑。

進士題名碑説明

他にはこんなエピソードがありました:

明の天順7年に行われた会試では、試験場で火災が発生、受験生90余名がなくなりました。
そのため、殿試は翌天順8年に延期されました。

進士及第者でもトップ合格者"状元"になるためには、容姿端麗であることが必要。
ある年の会試トップ合格者の容姿を検討していた際、
その地方の官僚が同じ地方出身者と勘違いして、容姿端麗とコメント、
無事彼は状元になったのですが、
合格発表の際に名前を呼ばれて皇帝の前に進み出た本人は異形の持ち主。
みなが唖然としたそうです。

清朝末期のある状元、官僚になってまもなく清朝が滅亡し、地元に帰って行きました。
その後総統を名乗った袁世凱は彼の才能を高く買っており、中央に復帰するよう誘いましたが、
皇帝擁護派の彼はまったく取り合わず、袁世凱を糾弾する手紙を書いたとのこと。
袁世凱は返事が来たので喜んで内容を読んだのですが、
あにはからんや、厳しい調子で彼を批判する手紙でした。
怒り心頭に発した袁世凱は、そのまま倒れ、ついにあの世に行ってしまったそうです。

中々面白いでしょう。

「喪権辱国」という題名が書かれているのは、北洋軍閥李鴻章の説明。
日本では、日清戦争の下関条約の締結者として知られていますね。
この説明によると、清末に各国と締結した不平等条約はみな彼の責任。
その後中国は”半封建、半植民地の深淵に陥った”そうです。

彼の名前は石碑の中で発見できました。

059進士題名碑(李鴻章)

なぜなら、その下が黒く変色していたため。
恐らく、説明を聞いた多くの人が彼の名前を探して、指差したのでしょう。

思ったより、進士題名碑で時間をとられてしまいました。
孔子像の後ろにある大成門をくぐると、今度は亀に乗った大きな石碑を納めた、
碑亭が並んでいます。

068孔廟碑亭

説明を読むと、ジュンガル平定を記念した石碑です。
異民族の平定は、儒教の教えに則っていましたっけ?
これを知った孔子様、草葉の陰で何を思っていらっしゃるか?

メインの大成殿は、故宮などでよく見かけるような建物ですね。
北二環路からはこの大成殿の屋根がよく見えます。

087孔廟大成殿

中国らしく、孔子様の像が祀ってあるかと思ったら、
中央はこんな具合。

孔子神位

さすがに、孔子様の説く、周の時代の礼節に基づいてお祀りしてるのでしょうか。

さて、進士題名碑を見ていて発見したのですが、
孔廟の西壁に門があります。
この門は西隣の国子監とつながっています。

090持敬門

入場券をよく見ると、国子監との共通入場券でした。
天気がいいので、ついでに国子監も再訪してみました。


スポンサーサイト
  1. 2008/04/25(金) 22:02:06|
  2. 北京でお散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<皇帝の講義 | ホーム | 早足の春>>

コメント

yamaさん
私は参加できませんが、盛会をお祈りします。
  1. 2008/05/08(木) 13:30:14 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

2008 5/10 17:00から、紅楼夢のお料理や点心を忠実に再現した会食会が、銀座全聚徳(HP有)で行なわれます。会費一万円、ツバメの巣のお粥、臙脂鵞鳥、ハスの若葉を練りこんだ小さな円い麺のスープなど15品ほどです。
主催は、紅楼夢を読む会(HP有) お申込みは、中山(お茶の水大学名誉教授)03-3978-7948まで。
  1. 2008/05/08(木) 11:41:40 |
  2. URL |
  3. yama #YeFwB4VE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/208-96505b39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。