北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

のぎさんはえらいひと

乃木邸玄関


小さい頃、こんな遊びをしませんでしたか?
鬼が壁に向かって10数え、
その間に、残りの人が鬼に向かって進んでいく。
10まで数えた鬼が振り返ったら、残りの人はその場で動きを止める。

普通は数字を数えるのではなく、10文字の言葉で代用しますが、
地方によって言い方が異なるようです。

最も一般的なのは「だるまさんがころんだ」
関西は品がなく「ぼんさんが※をこいた」
水戸の友達から聞いた「イ※ドじんのくろんぼ」はちょっと問題でしょう。
韓国にも同じ遊びがあり「ム クン フア ピ ヨ チョプ チョ シム ニ ダ」、
(むくげの花が咲きました)と言うそうです。

私が育った横浜の、ごく狭い地域では「のぎさんはえらいひと」と言ってました。(*)
小さい頃は、“のぎさん”というのが誰だか知らなかったのですが、
もちろん、日露戦争で活躍した乃木希典大将です。


日本に帰った時、用事があって千代田線の乃木坂駅に行きました。
駅を出て目の前にあったのが、旧乃木邸。
乃木坂というのはここから取ったのでしょうね。

乃木邸側面

木造の、比較的質素な建物です。
むしろ、表通りからも見える厩舎の方が、レンガ造りで立派です。

乃木邸厩舎

ここで飼われていた“壱号馬”には物語があります。

日露戦争の203高地の戦いの後、
水師営という場所でロシアとの会談が行われました。

乃木大将の人となりに感服した、ロシアのステッセル将軍が、
自分の愛馬を乃木大将に贈ろうとしました。

大将は、個人が受け取ることは軍規違反になるとして、それを拒否、
軍役用に用いたそうです。
その後、戦争が終わって復員した後、改めて払い下げを受け、
“壱号馬”と名付けてかわいがったそうです。

一号厩舎

やっぱり、乃木さんは偉い人だったんですね。

表玄関の前には、「水師営の棗」という木が植わってました。

乃木邸玄関

ステッセル将軍が愛馬をつないだ棗の木だそうです。

私などは、そんなことを言われてもよくわかりませんが、
年輩の方は懐かしく思うはず。
なぜなら、乃木大将とステッセル将軍の会見の話は、
戦前の小学校の教科書に出てくる有名なお話で、
小学唱歌にもなっているのです。

この物語を知らなかった私は、
旅順を訪問した時も水師営には行きませんでした。

その代わり、203高地には行きました。
日本語の上手なおじいさんが、
写真集を手に一所懸命旅順攻略の物語をするのを聞き、
(同行者が写真集を1冊買ったのは言うまでもありません)
乃木大将が建てたという慰霊碑を見学しました。

097旅順203高地

"爾霊山"は「あなたの霊魂の山」という意味ですが、
発音は"203"とほぼ同じ。
やはり、乃木さんは偉い人です。

乃木邸自決の部屋

明治天皇の死をいたんで自決した、
ご夫妻の部屋も残されていました。

(*)最近、実家が隣の中学の学区という方と会いました。
そちらでは、「とーごーさんはえらいひと」と言ったそうです!

スポンサーサイト
  1. 2008/06/28(土) 21:23:31|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オリンピックだっ! | ホーム | 会館めぐり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/214-f3979c70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。