北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ユーラシアの西の果て

086Roca岬

旅行前、ポルトガルに行くと友人に伝えると、
「じゃあ、ユーラシア大陸の西端まで行くんだ」
とのコメントが返ってきました。

ただの岬だと思っていたので、行く気はなかったのですが、
あまりにも多くの友人に言われたため、ちょっと足を伸ばすことにしました。

ユーラシア大陸の西の果ては、ロカ岬です。

(2008年5月8日)


ロカ岬には世界遺産に指定されているシントラからと、
海辺のリゾート、カスカイスからのバスが出ています。

どちらへも、リスボンから1時間以内で行けます。
バスの時間の都合から、世界遺産は断念して、カスカイス経由を選択しました。

リスボンには市外への鉄道のターミナル駅がいくつもあり、
カスカイス行きは、ホテルに近いカイス・ド・ソドレ駅からの出発です。

カスカイスに近づくと、立派な邸宅が並ぶ高級住宅地となります。
カスカイスまでは約30分、
この辺は十分リスボンへの通勤圏でしょうね。

こちらがカスカイス駅のホームです。

109Cascais駅

バスターミナルは駅前にあるだろうと踏んでいたのですが、どこにもありません。
地図を見てもわからない。
乗り継ぎ時間は30分見ていたのですが、ちょっとやばくなりました。

駅に戻って駅員さんに聞いたら、駅前でなく裏手でした。

10ケ所くらいの乗り場があるのですが、
ロカ岬経由シントラ行きなんてどこにも書いていません。
本当は、"Cabo da Roca"というところを、
"ボカ・ダ・ロカ"と言い間違えながら何人にも聞きまくり、
やっとお目当てのバスに乗れました。

Cascais駅バス乗り場

これを逃すと、1時間半は待つところでした。

また30分ほどバスに揺られて到着したロカ岬。
管理事務所のようなところから裏手に回ると、
こんな草花の向こうに、海が見えました。

073Roca岬の花

柵の向こうは断崖絶壁、
その下は大西洋です。

074Roca岬

曇っていた空も、だんだん晴れ間が広がってきました。
こうやってユーラシアの西の果てから大西洋を見ていると、やっぱり気分がいいですね。

こちらの石碑にはロカ岬の緯度・経度などの他に、
「ここに地が果て、海始まる」と書かれています。
(ポルトガル語など当然わからないので、『地球の歩き方』情報)

072Roca岬の碑

さすがに地の果てだけあって
この日も風がビュービュー吹いています。
そんな中、すくっと立って咲いているこの花は、印象的でした。

091Roca岬の花

寒くなってきたので、岬にあるレストランでコーヒーを飲みながら、
カスカイス行きのバスを待ちました。

行きと同じ道を通ってカスカイスに着くと、
先ほどの寒さがウソのような、真夏の空です。

103Cascais砂浜

まぶしい日差に、白い壁がよく似合います。

105Cascais街並

ここで遅い昼食に食べたいわしの塩焼きはうまかった!

スポンサーサイト
  1. 2008/09/21(日) 18:10:16|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<海辺の要塞ホテル | ホーム | 久しぶりの雍和宮>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/220-52d83677
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。