北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

久しぶりの雍和宮

05雍和門

家が近いので、よく車で雍和宮の前を通ります。
ある時事務所の運転手さんに、
「雍和宮って、元は何の場所だったか知ってるか?」と聞かれました?

雍和宮というのは元々雍正帝が即位前に住んでいた屋敷で、
皇帝が出た家に別の人を住まわせるわけにはいかないので、後に寺院にした、
と何かで読んだことがあります。

運転手さんにそう答えたら、
「皇帝の息子は故宮に住んでいたはずだ」と反論され、
それもそうだ、と納得したことがあります。

-----------------------------------

私が初めて北京を訪れたのが1983年、夏休みの中国語研修でした。
研修先の北京師範学院では、ちょくちょく観光にも連れて行ってくれましたが、
一番最初に行ったのが、確か雍和宮です。

敷居の上に乗っかってお坊さんにしかられた以外、ほとんど記憶がありません。

去年の12月、雍和宮のそばに引っ越しても、近すぎて足を運んでいませんでした。
真夏の日曜日にちょっと暇ができたので、こないだの疑問を思い出し、
25年ぶりに雍和宮に行ってきました。



雍和宮の正門は、雍和宮大街に面した西側にあります。

01雍和宮正門

門を入り、25元で切符を買うと、
南向きの牌楼から中に入ることができます。
次の昭泰門までは銀杏並木が続き、熱さも和らぎます。

29雍和宮参道

で、運転手さんの疑問ですが、今回雍和宮の説明看板を見て理解しました。
やはり、雍正帝が即位前に住んでいたところでした。
子供の頃はともかく、成人したら皇帝の息子達は「~親王」に封じられ故宮を出るのですね。
康熙帝の四男胤も、雍親王に封じられ、ここに住まいを与えられたのでした。

屋敷の入口であった雍和門には、故宮と同じく9x9の門釘が付いています。

07.8雍和門

この建物が、雍和宮の中の雍和宮。
当初は雍親王府の銀安殿だったのが、寺院に改築された時に雍和宮となったそうです。

10雍和宮

この建物は、「雍和宮」の裏にある永佑殿、
雍親王の寝室でした。

12.1永佑殿

雍和門からこの永佑殿までが、康熙帝の時代に建てられたものです。
メインの建物が黄色い瑠璃瓦で、隣接した隣の屋根が黒瓦なのは何故?

雍正帝即位後は皇帝の行宮になり、
崩御後乾隆帝の時代にチベット仏教の寺院に改築されたそうです。
永佑殿より後の建物は、雍正帝没後に建てられたものでした。

こちらは、北二環路からも良く見える建物で、右側が万福閣。

21万福閣

中には高さ18mの弥勒仏が納められています。
地下に埋まった8mとあわせて、1本の白檀の木から掘り出したもので、
ギネスブックにも登録されているそうです。

殿内撮影禁止と書かれていましたが、外人がカメラを構えてもお坊さんは黙認。
それでは私もパシャッ!

18万福閣弥勒菩薩(18m)

ところで、チベット仏教には5つの教派があるそうです。
黒教、白教、花教、紅教それと黄教です。
当時の主流派だった紅教に対する改革派として登場したのが黄教(ゲルク派)で、
その創始者はツォンカバ(宗喀巴)で、パンチェン・ラマやダライ・ラマはその弟子だそうです。

ということは、甘粛省出張時にお客さんが連れて行ってくれた、
青海の塔爾寺のガイドさんが教えてくれました。

この雍和宮も黄教の寺院で、ちゃんと創始者・宗喀巴の像がありました。

他にチベット仏教で有名なのが、男女の交合の姿をした歓喜仏。
この雍和宮にもあるはずです。

探してみると、密宗殿にこんな仏像がありました。

08密宗殿

この布の巻き方は実に不自然ですね。

更に、東配殿と雅曼達嘎楼にあった大威徳金剛像

13東配殿大威徳金剛像25雅曼達嘎楼大威徳金剛像

これも、明らかに何かを隠してますね。

1921年に北京に滞在した芥川龍之介も、雍和宮を訪れています。
その時は、不良坊主(?)に手招きされ、いくばくかの金を払ったら、
布を取ってくれたそうですが、現在は・・・


スポンサーサイト
  1. 2008/09/14(日) 07:44:25|
  2. 北京でお散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<ユーラシアの西の果て | ホーム | 北京オリンピック索引>>

コメント

LIN叔叔さん
お久しぶりです。
私が行った真夏の昼下がりは、さすがに空いてました。
  1. 2008/09/19(金) 16:33:10 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

懐かしい場所です。初一(お一日)と十五は特にご利益あるとのことで休みと初一・十五が重なったとき、数回お参りしました(非自発的です)。いい季節は、入り口から山門?までゆっくりしか歩けないほどの込みようでした。大晦日は、北は二環路から人でいっぱいだそうです。
  1. 2008/09/18(木) 18:07:27 |
  2. URL |
  3. LIN叔叔 #-
  4. [ 編集]

yukoさん
いろいろ教えていただき、ありがとうございます。
私も、王府めぐりを楽しんでみます。
  1. 2008/09/15(月) 08:58:30 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/221-2261c9b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。