北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

こんなところで「かーぎやー」!

014柔道男100kg女78kg(科技大学).JPG

日本の花火で、掛け声といえば「たーまやー」、「かーぎやー」ですね。
江戸を代表する花火屋の“鍵屋”がオリンピックに登場です。

----------------------------------------------

なんだかんだ言いながら、日本柔道チームは
ほぼ毎日メダルを取ってくれましたね。
さすがです。

私も柔道の準決勝/決勝のチケットを確保していたので、
日の丸を持って応援に出かけました。
場所は中国科技大学体育館です。

(2008年8月14日)


私は柔道の試合を生で見るのは初めてです。
というか、サッカーと野球以外、一流選手の試合を生で見たことがない。

初柔道と、日本選手のメダルを期待して席に着くと、
すぐ近くに知り合いのご家族が座ってました。

知人「いやあ、残念でしたね。」
山大「はあ?」
知人「日本は両方負けちゃいましたね。」
山大「えっ?三位決定戦も出ないんですか?」
知人「敗者復活戦の初戦で負けちゃいましたよ。」

昨年の春、鈴木桂治の金メダル間違いなし、と思って申し込んだ男子100Kg級。
女子78Kg級も、中沢さえ選手が優勝候補筆頭と聞いていたのですが・・・

勝負はわからないもんですね。

女子78Kg級の準決勝には中国選手が登場。
さすがにすごい歓声です。
特に、私の後ろに陣取った30歳くらいの男の人、
立ち上がって、「おー」っと叫ぶ声の大きいこと。
スペイン選手に一本勝ちしたときには、獣の雄たけびは最高潮に達しました。

決勝はキューバ選手との対戦。
観客は柔道のルールに詳しいとは思えず、
とにかく相手が下に来ると大歓声が沸きます。
キューバの選手は、体勢を低くして背負い投げをかけに行きますが、
これに対しても大歓声、後の男の人も「うぉーっ」。

延長戦の終盤に、副審の一人がキューバ選手の技に効果の判定。
客席はもちろん大ブーイングです。
審判団の相談の結果、この効果は取り消しとなり、延長戦も終了。
旗判定となりました。

結果は、先程効果を主張した副審がキューバ、残る2人が中国の旗を揚げ、
僅差の判定勝ちとなりました。
会場が大騒ぎになったのは言うまでもありません。

さて、男子100Kgでは、中国選手が初戦で一本負けしており、
観客も騒ぎようがないかと思いきや、そんなことはありません。

決勝戦の前に、場内アナウンスで審判が紹介されると
主審は日本人との紹介に、場内から「ブーーーー」

そりゃないんじゃないの、あんた達。

主審は女性でした。

019柔道男100kg(科技大学).JPG

非常に姿勢が美しく、毅然とした態度で裁いていました。

興味を覚えて調べてみると、
名前は天野安喜子さん。
16歳の時に福岡国際女子柔道で銅メダルととった猛者で、柔道5段。
日本人女性として初めてオリンピック柔道の審判員に選ばれたそうです。

そこまではいいとして、
何とこの方、花火の“鍵屋”の15代目の当主を務める花火師なのです。
併設する天野道場では、館長であるお父さん(14代目)を副館長としてサポートしています。

決勝戦の主審は10分前に言われて、びっくりしたそうです。

実はこの方、女子78Kgの決勝では副審をされており、
延長戦でキューバ選手の技に効果を出したその人であることを、
観客はわかっていたでしょうか?

あれが認められていたら、中国選手はその場で敗戦。
男子決勝でのブーイングが一層大きくなっていたでしょう。


スポンサーサイト
  1. 2008/08/21(木) 23:21:02|
  2. 北京オリンピック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<やったー!金メダル! | ホーム | 出て来い“梅西”>>

コメント

n.p.さん
ハハハ、では、いつかのブログに使わせてもらいましょう。
  1. 2008/08/24(日) 12:14:14 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

広げると前が日本、後が中国の国旗になっている、デサント作成のもの
これ、スゴイですね!!これだけで充分ブログネタになりますよ!
  1. 2008/08/22(金) 23:16:44 |
  2. URL |
  3. n.p #GD9XQPA2
  4. [ 編集]

n.pさん

小さい旗は、JOCが設置しているジャパンハウスで配ってます。
私のは、広げると前が日本、後が中国の国旗になっている、デサント作成のものです。
日本を応援していても、後の中国人観客には五星紅旗しか見えないというスグレモノ。
これも、ジャパンハウスで手に入れました。
大きい旗は、やはり日本からでしょうね。
  1. 2008/08/22(金) 12:19:03 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

観客の皆さんがお持ちの日の丸はどこで調達されるのですか?くだらないことをすみません。北京の店で売っているとは考えられないので。。。
  1. 2008/08/21(木) 23:27:56 |
  2. URL |
  3. n.p #GD9XQPA2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/225-a9d6e62b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。