北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Anything is Possible

212.1パラリンピック旗

"Anything is Possible"

元体操の金メダリスト李寧選手が展開する、
中国のスポーツ・メーカーのキャッチフレーズです。

李寧氏自身が、空を飛んで聖火台に点火し、
この言葉の正しさを実証して見せましたね。

中国政府、あるいはオリンピック組織委員会も、
食の安全問題や、
チベット騒動や、
四川大地震や、
テロの不安や
グルジア紛争などにもめげず、
世界中から賞賛される大会運営を行ったことで、

中国は何でもできる、ということを世界に示しました。
メディアを含めた大会関係者から見たら、素晴らしい大会だったようですね。

大きな事件もなく、無事にオリンピックを終了させたこと
世界中に中国の素晴らしさを示せたこと
中国人民に、中国の偉大さを感じさせたこと
金メダル争いで世界のトップに立ったこと

これらが大会の目標であれば、今回のオリンピックは大成功だったと言えるでしょう。

でも、目標を別のところに置けば、成功の定義が異なります。


日本で報道されているほど、現地では派手には映りませんが、
それでも、オリンピック期間中は北京の警備が厳重になっています。

214地下鉄安全検査

地下鉄の改札前に荷物検査の台が設置され、全員が荷物チェック。
バスに乗ると、車掌のおばちゃんが乗客のかばんを開けさせる。
指定されたホテルには関係者以外立ち入り禁止。
市外からの高速道路では、何度も検問。
あからさまに制服は着ていないが、治安要員(と思しき人)の増加

おかげさまで、今のところつつがなく進行しています。
現地の人も、オリンピックだから仕方ない、とほとんど文句を言っていません。
でも、この態勢をいつまでも続けるわけにはいかないでしょう。
こんな厳重な警戒をしなければならない原因は除かれていないので、
大会終了後の治安は大丈夫でしょうか?

北京市気象局のHPでは、開会式の日に会場に近づきそうな雨雲を察知し、
合計1100発のロケットを発射、周辺に雨を降らせるなどして、
鳥の巣上空での降雨を防いだ、と詳細に報告しています。

オリンピック期間中、市内の建設工事はすべてストップ。
工事現場は外から見えないように、フェンスで覆われています。
外地の労働者は全て故郷に返されたため、
我が事務所の壊れたドアは、未だに修理できていません。

関係者の車だけを通過させる、幹線道路に設けた専用レーン
ナンバープレートの奇数・偶数により使用日が限られる一般車
我が事務所の車も偶数日は使えず、運転手は給料がもらえません。

中国国内でチケットがどのように配布されたかわかりませんが、
どこの会場にも、あまり競技に興味がなさそうなおじさん、おばさんが沢山いました。

以前は、ドアに群がるようにしてバスに乗車していた人々が、
今では列を作って待ってます。(指導員の監視付だが)

097バス待ちの列

タクシーの運転手は全員が黄色いシャツを着用。
半袖、長袖が2着ずつと、紺のネクタイ、ジャケットまで配布されたそうです。

ボランティアは7万人が動員されたそうです。
夜12時近い電車で帰路に着く皆さん、お疲れ様でした。

147地下鉄5号線

8月31日の金曜日に出勤する時気づきました。
前日まで幹線道路の全ての電柱にかかっていたオリンピックの幟が
一夜にして全てパラリンピックの幟に替わっています。

中国政府が、マンパワーを含め、もてる力を全て動員して、
世界の人々に見せるための
美しい北京、素晴らしい大会を作り上げました。
さて、大会終了後はどうなるでしょう?

タクシーの運ちゃんに、大会後もこのユニフォームを着るの?と聞いたら、
「誰が着るか!」と言ってました。
ネクタイをしている人は、既にほとんどいません。

列を作ることに慣れた北京人は、外地から来た人が割り込んだ時にどうするでしょう?
外地人が北京の良いマナーを身に付けるか?
あるいは、北京人が昔の無秩序に逆戻りするか?

大会が始まる前に、胡同の家々が突然中国国旗を掲げるようになりました。

008五道営胡同

開会式の演出は、まさに中国礼賛、中国文化礼賛でしたね。
試合会場では、別の競技で中国選手が金メダルを獲得したとアナウンス。

中国選手団のメダルラッシュと相俟って、
一般の人々が自国への自信、誇りを深めたのは間違いありません。
天津のタクシーの運転手に、開会式はどうだったか?と聞かれたので、
良かった、と答えたら、心のこもった声で、「謝謝!」と言われました。

私は、人民が自国に誇りを持つのは決して悪いことだとは思いません。
が、自国だけが素晴らしいと、他国を見下したり、
尊大な態度を取るのは、勘弁していただきたい。
中国が素晴らしい国であると世界が認めたのだから、
大国にふさわしい言動を期待したい。

「中国は "anything is possible" だけど、二酸化炭素は削減しません。」
これでは世界が納得しないでしょう。

オリンピックが終わった翌々日、
会社のスタッフに今回のオリンピックについての感想を聞くと、
チケットもなかったし、自分には何も関係なかった、との回答でした。

関係施設から一般の人を締め出して行われたオリンピック。
サッカーのワールドカップのように、
会場の外でも市民が各国から来たサポーターと一緒に楽しむ
という雰囲気ではなかったですね。

まあ、中国政府はそのようなことを目標とはしていなかっただろうし、
市民も、わが国でオリンピックが開かれるという栄誉に満足して、
規制も当然のように受け入れていたようですから、
我々がとやかく言う筋合いではないのかもしれません。

でも、このような風景は、あまりオリンピックにふさわしくないような・・・

177鳥巣と兵隊

こちらの方がいいですよね。

192鳥の巣とくつろぐ人々

人民日報は、金メダル至上主義を戒め、次のように論じてます:
「重要なのは五輪を通じて全国民の健康な体づくりを促進することだ」

正にその通り。

一人っ子政策の結果、皆に甘やかされて、丸々太った子供達を見るに付け、
このことが達成された時に、
初めてオリンピックが成功したと言えるのだと思います。

スポンサーサイト
  1. 2008/09/02(火) 12:23:38|
  2. 北京オリンピック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<北京オリンピック索引 | ホーム | 宴の舞台>>

コメント

yukoさん
それは大変でしたね。
私のときは、見てる人もいませんでした。
  1. 2008/09/12(金) 08:24:14 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

私も2枚目の写真、地下鉄の改札前の荷物検査機を写真に撮ろうとしたのですが、捕まってしまいましたよ。
オリンピック前だったからでしょうか。
若くて長身の警備員4人に囲まれて激しく「なぜ写真を撮ったんだ!」と追及され、一時はパスポートを取り上げられて刑務所に入れられてしまうのではないかと恐怖しました。
地下鉄は駅構内も車両内もカメラづくしですね。

日本に戻って駅構内の防犯カメラを意識してみましたが、北京より多かったです。

  1. 2008/09/11(木) 19:24:07 |
  2. URL |
  3. yuko #-
  4. [ 編集]

ハシヅメさん
あの空飛ぶおじさんは、確か中国が戦後初めてオリンピックに参加したロサンゼルス大会の時に、日本の具志堅選手などと争った、中国の英雄です。
東京も、あまりオリンピック誘致では盛り上がっていませんね。
北京では労働者が戻ってきており、以前の無秩序が・・・
  1. 2008/09/10(水) 14:53:36 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

北京にいる時にこのメーカーの短パンを購入しました。あの空飛ぶおじさんが社長とは知りませんでした。

バス乗り場で整列している写真は驚きました。5年前と比較するとあり得ない。

英国人の友人に、次期ロンドン開催は成功するかなぁ?と聞いてみると、『天気が悪くて成功するわけねぇーよ』と他人事のように言っていました。

ロンドンの短い夏が終わり、落ち葉が増えました。
  1. 2008/09/09(火) 19:29:13 |
  2. URL |
  3. ハシヅメ #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/09/04(木) 17:49:10 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

yokoさん
そういえば、社会主義国でのオリンピックは、多くの国がボイコットした1980年モスクワ大会以来2度目ですね。
キャッチフレーズがアディダスと似ているのも、ロゴがナイキと似ているのも、みんな、たまたまですよ。
  1. 2008/09/03(水) 08:55:48 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

わたしもこの成功の陰にみえかくれする現実に
いらだってしまうひとりです。発展途上国が
必ず通過する、一種の通過儀礼のようなものらしいですが・・
日本から来た人たちがことごとく「すごいすごい」を連発するので、「表面的には」とことばをにごして答えるくせがついてしまい「どうしたの?」とよく聞かれました(笑)

ところで、アディダスのキャッチフレーズは
「inpossible is nothing」・・・
たまたまなんでしょうが・・
  1. 2008/09/02(火) 22:19:30 |
  2. URL |
  3. yoko #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/236-41906f69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。