北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東 よんじゅう条?

089東四4条61号院内

北京に来たばかりの知人(日本人)に、どこに住んでいるのかと尋ねたら、

「東 四十条です。」

東京に「東十条」というのはありますが、「東よんじゅう条」ってどこだろう?
と、一瞬迷ってしまいました。

東四(トンスー)の交差点から北に向かうと
東四頭条、東四二条、東四三条・・・と東西の胡同が並んでいます。
彼が住んでいるのは、地下鉄の駅名にもなっている、東四 十条ですね。

切るなら、四と十の間で切ってくれ!

この東四xx条は、昔ながらの雰囲気を残す胡同と言われています。
近くに住んでいながらこれらの胡同を散歩したことがなかったので、
とある秋の日、サッカーの試合のウォーミングアップを兼ねて散歩してみました。




北京の四合院は、元々は一家族が住んでいた住宅ですが、
いつの間にやら1軒に数家族が住むようになり、
今や多くの四合院では中庭に小屋を建てて、そこにも人が住んでいます。
門は立派でも、中に入るとゴチャゴチャ、といった四合院がほとんどです。

でも、この地域の四合院にはきちんとした中庭を残したところがいくつか見られました。
冒頭の写真は、東四4条61号の中庭です。

しかし、この四合院の門はちょっと変です。

088東四4条61号門

本来、精緻な彫刻を施したところの下に如意門があったはずですが、
門をつぶして部屋とし、その横に入口を作ったようです。

伝統的な四合院では、中庭に木を植えていました。
東四7条を歩いていると、門の中に立派な木が生えている家を見つけました。
79号のこの門をご覧ください。

147東四7条79号改造門

本来門柱を支えるべき門枕石が、変なところに埋め込まれています。
元々はもっと広くて立派な金柱大門だったものを、何かの理由で小さくし、
門の周りをセメントで固めてしまったようです。

でも、中に入ってみると、家族の生活区と外を分ける垂花門がきちんと残っていました。

142東四7条79号垂花門

垂花門の中に入ると、
それほどゴミゴミしていない中庭に、立派な木が生えていました。

144東四7条79号

掘っ立て小屋と、洗濯物もありますけど。

私は門枕石が好きで、わざわざ模造品の門枕石を買ってきて、自宅の玄関先に飾ってあります。
それなのに、東四7条133号のここの家では邪険に扱っています。

151東四7条133号外された門枕石

この2つの門枕石は模様が違うのでペアではありません。
相方はどこに行ったのかと探してみると、

152東四7条133号土台の門枕石

なんと、石段の土台になってました。
そんなことするのなら、オレにくれ!

普通の門枕石は、こういう丸い形か、あるいは箱型です。
東四4条81号には、変わった形の門枕石がありました。

094東四4条81号門枕石(筒状)

東四3条73号にあるこの門枕石は、
ほとんど壊れていますが獅子のようですね。

058東四3条73号門枕石(獅子)

東四3条ではこんなものも見つけました。

059東四3条泰山石敢当

平遥の旅行記でも紹介しましたが、
T字路で道が突き当たったところに置かれる、一種の魔除け
泰山石敢当です。

北京ではあまり見かけないですね。

スポンサーサイト
  1. 2008/12/02(火) 22:32:15|
  2. 北京でお散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<東富西貴 | ホーム | コスタ・アズール(青い海岸)の中心都市>>

コメント

yukoさん
私は北京に住んでいるので、四合院ホテルに泊まったことがありません。
楽しそうですね。
浮王府は九爺府とも言われているところですね。
中は住居になっているので、そ知らぬ顔をして入ることができますよ。
  1. 2008/12/13(土) 11:18:00 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

前回北京に滞在した時、東四四条37号の四合院ホテル閲微荘に泊まりましたよ~。
懐かしい・・・
地図には「浮王府」が載っていて見に行きましたが塀だけで、中はなにやらマンションが建っていました。
他にも高い塀で閉鎖された王府クラスの四合院が朝陽門南北小路や朝陽門大街側にいくつかありましたが、参観不可でした。

東四十条の西は張自忠路で内覧できる「和敬公主府」がありますよね!
  1. 2008/12/12(金) 23:21:28 |
  2. URL |
  3. yuko #-
  4. [ 編集]

n.pさん
毎日のご訪問ありがとうございます。1週間に1度程度でよろしいかと・・・
門の中に入って人に会った場合、チラッと見られるだけの場合が5割、「誰に用だ?」と聞かれるのが5割くらいですかね。
聞かれても、古い建物に興味があると言えばたいてい許してくれます。
言葉が通じない場合は、ニッコリしてその人の写真でも撮って見せてあげては如何でしょう?
  1. 2008/12/05(金) 08:29:37 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

またまた興味深い記事をありがとうございます。毎日アクセスした甲斐がありました(笑)
ところで、この日は四合院の門の中へはいられたのですね?中庭は公共スペースだから、門が開いていたら入ってもいいのでしょうか?日本の家の感覚で、入ってはいけない気がしていたもので覗き込むくらいしかできませんでした。もし見つかっても「建物研究云々・・・」とごまかせるくらいの語学力があればいいのですが。
  1. 2008/12/04(木) 22:10:30 |
  2. URL |
  3. n.p #GD9XQPA2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/237-680e855c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。