北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

海辺の要塞ホテル

CIMG8739

ポルトガルに、ポサーダPausada という宿泊施設があります。
歴史的な建物や自然環境に恵まれた場所を利用した、政府指定のホテルです。

以前マカオに行った時にポサーダ・デ・サンチャゴという、
古い要塞を使ったホテルに泊まったのですが、
実に素晴らしいところでした。

今回の旅行でも、ぜひともポサーダに泊まろうと思ってました。
それも、Historical Pausadaが狙いです。

残念ながら、リスボンにはポサーダがないので、
1時間ほどで行ける、セトゥーバルという、ポルトガル第3の都市に、
ポサーダに泊まるために足を伸ばしました。


市内からタクシーに乗って"ポサーダ"と告げると、
10分ほどで到着したのは、がっしりした城壁の前。

190Setubal Pousada de S. Filipe入口

他に選択肢はなさそうなので、
これがホテルの入口か?というような門に向かいました。

門の上には何やら由緒のありそうな紋章が彫ってあります。

191Setubal Pousada de S. Filipe紋章

後で宿の人に聞いたら、ポルトガル王国の紋章だそうです。
今の国旗にも描かれていますね。

30mほど中に進むと、階段を上るようになっています。
アズレージョがきれいですね。

ちなみに"壁面を飾るアズレージョ"で紹介した壁から天井までアズレージョで飾られたチャペルは、
この階段を上ったところにあります。

195Setubal Pousada de S. Filipe入口通路

そして、階段を上りきると、青い空に白い壁とパラソルがまぶしいデッキに出ました。
高台から下には青い海が見えて、海辺のリゾートの雰囲気です。

CIMG8709

フロントでは、まだ部屋の準備ができてないので、
しばらくそのあたりを見て回っていろ、と言われました。

このポサーダ・デ・サン・フェリペは、
1590年に建造された要塞を改造したホテルです。
海辺の高台にあるこの要塞、なかなか攻めにくかったでしょうね。

201Setubal Pousada de S. Filipe

要塞だけあって、外敵を見張る窓が付いてます。
今は、のどかに風車が回っているのが見えます。

199Setubal Pousada de S. Filipeより

やっと部屋の準備ができたようです。
案内されたのは、廊下の突き当りの部屋。

162Setubal Pousada de S. Filipe寝室

部屋の中の階段を昇ると、
ロフトの窓から外のテラスに出られます。

CIMG8774

フェンスを乗り越えると、
先ほど一回りした、要塞の屋根にも出られそうです。

館内のレストランも、海岸沿いに広がるセトゥーバルの街を一望できる
絶好のロケーション。

CIMG8771

人気があるのもうなずけました。

スポンサーサイト
  1. 2008/11/02(日) 08:28:02|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<コスタ・アズール(青い海岸)の中心都市 | ホーム | ユーラシアの西の果て>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/239-85241154
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。