北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ポルトの街並

CIMG9135

ポルトの町はそれほど大きくありません。
バスと地下鉄で十分回れそうなので、
観光インフォメーションセンターで2日間のチケットを買いました。

チケットを買いにに行く途中に立ち寄ったのがこちら。

CIMG9134

やけに立派な建物ですが、中は市場になってます。

色とりどりの果物やお花

CIMG9133CIMG9127411Porto Bolhao市場魚屋

どうやって食べるのでしょう?

野菜売り場にはこんなものが。

410Porto Bolhao市場とんがりキャベツ

こちらのキャベツは、先がとんがってるんですね。

観光の定番はドウロ川にも近いボルサ宮。

CIMG9175

かつてのポルトの繁栄を支えた商工会議所のようなもので、
歴史的な部屋を、英語のガイドの案内を受けながら回ります。
今も証券取引所として使われています。

その隣にあったのがSao Francisco教会。

443Porto Sao Francisco教会

内部の彫刻は非常に美しいのですが、
残念ながら撮影禁止でした。

ポルトにも市電が走ってます。
現在運行しているのは2本だけで、
わざわざそれに乗るため町外れまで出かけました。

停留所で待っているのは、
鉄道マニアと思しき観光客ばかりでした。

449Porto市電車内

それでも、古い建物にこの市電はお似合いですね。

CIMG9181

ポルトのランドマークといえば、
ドウロ河にかかるDom Lius1世橋

この橋を上から眺めるため、
川辺と山上をつないでいるケーブルカーに乗ってみました。
ジェットコースターのコースみたいですね。
もちろん、ゆっくり進みます。

475Porto ケーブルカーからDom Luis1世橋

実は、元々は釣橋がかけられていたようで、
1843年に完成したものの、1887年には使用停止となったそうです。
今は橋を支えていた塔が河の北側に残っているだけ、
と、"Pilares da Ponte Pensil"の説明に書かれていました。

写真の右下にちょっと見えているのが、そのペンシル塔です。

観光地ではないですが、
ホテルの近くにあったSao Bento駅にも立ち寄りました。

CIMG9151


ホールを飾るアズレージョは一見の価値がありますよ。


スポンサーサイト
  1. 2008/12/29(月) 07:40:39|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ポルトワインで乾杯 | ホーム | 北へ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/245-0d5509ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。