北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ポルトワインで乾杯

061LisboaLisboa As  Janelas Verde のポルト酒

ポルトガルに到着した夜、
リスボンのホテルに入ると、
お出迎えしてくれたのがこちらのボトルです。

中身はもちろんポルトワイン

甘いデザートワインというイメージが強く、
自分ではほとんど頼んだことがなかったですが、
寝酒として飲んでみると、悪くないですね。

折角ポルトまで来たのに、
FC Portoのサッカーの試合を見られなかったので、
ポルトワインのワイナリーくらい見学しなくちゃ。


Dom Lius1世橋の南側、ヴィラ・ノヴァ・デ・ガイアには、
黒いマントの絵でおなじみのSandeman他、
有名なポルトワインメーカーが並んでいて、
どこも無料で見学を受け入れてます。

その中から、
2日間バスチケットでワイン購入の割引が受けられ、
試飲も3杯させてくれるGraham'sというワイナリーを選びました。

CIMG9205

ところが、説明書に書かれていた、ワイナリーまでの無料送迎バスは
現在運行されていないとのこと。
橋のたもとから出ているバスに乗れば近くに行きそうなことはわかりましたが、
ワイナリーの場所も示していない地図を手に、
どこで降りるかわからないバスに乗るのは結構冒険ですね。

しかし、案ずるより生むがやすし。
うまい具合にバスはワイナリーの目の前を通過。
次のバス停で降りてすぐでした。

ロビーに入ると、樽を利用したテーブルに
試飲用のワインが並んでいます。

453Porto Grahams Visitor Centre

館内見学から戻った人向けですね。
確かに、3つのグラスがセットで置いてあります。

日本語を話せる館内ツアーガイドもいるそうですが、
この日はお休み。
英語で案内を受けました。

薄暗い館内には、ワインを熟成させる樽が並んでいます。

454Porto Grahams Vats455Porto Grahams Casks

大きい樽はVAT
小さい樽はCask

それぞれ用途が違ったはずですが、忘れてしまいました。

作柄の良い年に作られたヴィンテージ・ポルトは、
樽で数年寝かされた後、更に瓶詰めされて熟成します。
このワイナリーには、非常に古いヴィンテージのボトルも眠っています。

こちらは、私と同い年のポルトワイン

456Porto Grahams年代物(1962)-1

誰ですか、写真を拡大して年代を確認しようとしている人は?

こちらはもっと古いもの

458Porto Grahams年代物(1868)

"1868"の文字が見えますか?
明治維新のころのワインが残されているんですね。

ここまで見学が終わったら、
ワイナリー紹介のビデオを見せてくれました。
これは日本語版で、しかもナンチャッテ日本語ではなく、
文法も発音も本物でした。

ここでポルトワインのミニ知識をご披露します。

ポルトでブドウを栽培しているのかと思っていましたが、
ブドウ畑があるのはドウロ河の上流。
ポルトは船で運び込まれた樽を保存し、
熟成させるところなんですね。

CIMG9196

というわけで、ワイナリーの外にあったこのブドウ棚は
お飾りです。

ポルトには、ホワイト、ルビー、タウニー、ヴィンテージ、LBV(Late Bottled Vintage)など、
いくつかの種類があります。
ホワイトは白葡萄で作ったもので、ポルトにしては甘さが少なくドライです。
ルビーは赤葡萄で作ったもので、かなり甘い。
タウニーはルビーを樽で熟成を重ねたもの。
ヴィンテージはできの良い年だけに作られるワインを、
樽で熟成させた後、濾過せず瓶詰めし、更に長期熟成させた最高級品。
LBVは、ヴィンテージより樽熟成の期間が少し長く、濾過してから瓶詰めしたもの。

確か、こんな感じでした。
このミニ知識を仕入れてから、ロビーに戻って試飲です。
試飲に供されたのは、タウニー、ルビー、ホワイト。

461Porto Grahams試飲

リスボンのホテルで飲んだのは、恐らくルビーですね。

ホワイトは、ちょっと甘い物の冷やせば食前酒に使えそうです。

自分用にホワイトのボトルと、
お土産用の4種類詰め合わせをお買い上げ。


さあて、これで思い残すことはありません。
5月16日にポルトを出発。
帰路はミュンヘン経由で、17日の朝北京に帰り着きました。

スポンサーサイト
  1. 2008/12/30(火) 11:00:50|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<北京の租界 | ホーム | ポルトの街並>>

コメント

ミントさん
あけましておめでとうございます。
久し振りに新年を日本で迎えました。
北京にもおいしいポルトガルレストランができました。またご一緒させてください。
本年もよろしくお願いします。
  1. 2009/01/01(木) 16:36:23 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

ポルトガル旅行記楽しませて頂いています。
やはり歴史の古い町は、楽しいですね。
ワインは、全然分からないけれど 飲みのは好きです!!
ぜひ 今度一緒にワインを飲みながらポルトガルの話しを聞かせてくださいな!

2009年もどうぞ いろんな北京、いろんな中国、旅先でのエピソードなど紹介してください
楽しみにしています
新年は 日本でしょうか?どうぞ 良いお年をお迎え下さいね
そして来年も またよろしくお願い致します。
  1. 2008/12/31(水) 10:39:40 |
  2. URL |
  3. ミント #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/246-1b953819
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。