北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

横浜正金銀行

正金銀行1

北京の東交民巷と正義路がぶつかる交差点の南東角には、
かって有名な六国飯店がありましたが、今は別のホテルになっています。
私が香港に駐在していた頃、事務所の近くに六国飯店があったのですが、
まだあるのでしょうか?

さて同じ交差点の北東角にはこんな建物があります。
ちょっと前まで、確か民生銀行の看板があったはずですが、
今は「中融集団」・・・これ何の会社?

それはどうでもいいとして、
最初は、「横浜正金銀行」北京支店として建てられたものです。

"正金"というのは現金のことだそうです。
1880年に開業したこの銀行は、1887年には外国貿易専門の銀行となりました。
北京支店ができたころは、世界三大為替銀行の一つだったそうです。
ちなみに他の2つは、 チャータード銀行と香港上海銀行。

同行は戦後に閉鎖されましたが、その資産を受け継いで生まれたのが東京銀行。
私が社会人になった頃も、外為といえば東京銀行でした。
それが、三菱銀行に吸収合併され、
今は三菱東京UFJ銀行ですね。


この建物、我々ハマッ子にはなじみの深い建物に良く似ています。

正金銀行4

ご存知(?)、関内の馬車道にある神奈川県立博物館です。
(今は神奈川県立歴史博物館かな)
似てませんか?

実は、この建物こそ、横浜正金銀行の本店だったのです。

設計したのは、明治の代表的な建築家、妻木頼黄氏。

北京支店の設計も妻木氏との説が一般的ですが、
同氏は中国を訪れたことはなく、
実際の現場設計はどうも森川範一氏のようです。

ついでに、もうひとつの旧横浜正金銀行の建物をご覧下さい。

正金銀行11

ドームはないものの、雰囲気がちょっと似てますね。
こちらは武漢のバンドにある旧漢口支店、
今は湖北省国際信託投資公司になっています。

さて本店に戻りましょう。

正金銀行5

ペディメント(上部三角形の部分)のすばらしい彫刻、
柱頭のアカンサス(西洋アザミ)の模様は、コリント式の特徴です。

一方の北京支店は、

正金銀行3

渦巻き模様のイオニア式ですね。

本店の正面玄関にあるこの楯の彫刻。

正金銀行6

中に彫られているのは横浜正金銀行の紋章です。

北京支店の壁にも似たような楯の飾りがあるのですが、

正金銀行2

こちらには紋章は彫られていませんでした。

本店の玄関を入ってみましょう。

正金銀行7

天井のステンドグラスがきれいですね。

ここは銀行として使われていた当時の玄関です。
現在博物館としての玄関は、後から付け加えられた部分にあります。

目的は建物だったのですが、ついでに博物館の歴史展示も見てみました。
ボランティアで展示の案内をしている方に声を掛けたところ、
現役の三菱東京UFJ銀行の職員の方で、
以前北京に滞在経験がおありだそうです。

私が、建物そのものに興味があると伝えたら、
持ち場をほっぽって、普通は開放していない色々なところを見せてくれました。

どうもありがとうございます。

見学にも疲れたので、1階にある喫茶店「ともしびショップ」で休憩。

正金銀行8

当時の窓枠が残されていました。

さて、中国に戻ります。
コリント式付柱が立派なこの建物。

正金銀行9

本店や北京支店とは大分雰囲気が違いますが、
紛れもなく横浜正金銀行 天津支店です。

どうしてそんなに強調するかと言うと、

正金銀行10

「中国銀行」の文字の下に、
今でも薄く残る"YOKOHAMA SPECIE BANK"の文字が読めますね。

これが、横浜正金銀行の英語名です。
辞書を調べてみると、"specie"というのはコインの意味でした。


スポンサーサイト
  1. 2009/04/12(日) 07:29:12|
  2. 北京でお散歩
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:8
<<ポルトガルでオヤッ? | ホーム | 北京の租界>>

コメント

よーじーぼーりさん
GWもお仕事とは大変ですね。
トラバと記事中でのリンクありがとうございます。
  1. 2009/04/28(火) 21:30:37 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

建物公開行きたかったなぁ~!公開日は生憎仕事で・・(泣)
私の写真はまだ「民生銀行」の看板でした。

ブログの腕も上がり、トラバも覚えました(苦笑)







  1. 2009/04/28(火) 14:23:17 |
  2. URL |
  3. よーじーぼーり #-
  4. [ 編集]

Shinさん
今のビルも100年経ったら歴史的建造物になるのでしょうね。
  1. 2009/04/20(月) 08:31:20 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

こうやってみると、租界のビルは"威容"という言葉似つかわしいように感じます。歴史を伝えるものを感じます。こういった建物を100年以上前に立てたことその建立時にあったであろうドラマを想像します。調べたら高橋是清も頭取を勤めた銀行ということなので、彼もここに来たのかもしれないな、当時の北京をみてどんな気持ちだったのかなと思います。


現代の東京や、上海のビルたちはどんなドラマを後世の人に伝えるのでしょうか。


関係ないですが、中融集団は不動産屋っぽいですね。あんまり情報が出てきませんが。。。
  1. 2009/04/19(日) 22:27:03 |
  2. URL |
  3. Shin #-
  4. [ 編集]

MJFさん
ハルピンの建物をご覧になったら、結果を教えてください。
  1. 2009/04/13(月) 19:07:27 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

Re:横浜正金銀行

Harbinの建物、昔(と言っても1988年~1991年頃)は新華書店が入っていた記憶があります。
5月の連休はHarbinに行きますから、中央大街で現状を確かめてこようと思います。
また、「秋林」という百貨店の入っていた西大直街の建物もよく似ていましたので、こちらも見てこようと思います。
武漢のバンドにある旧漢口支店は、現在の横浜銀行(正金銀行ではない)にも似たような建物があった記憶があります。
色々と確かめてみたくなりますね。
ちなみに、神奈川県立博物館は中学時代に県立青少年センターと共に毎月一回は通って見学に行っていたので非常に懐かしいです!
  1. 2009/04/13(月) 14:02:54 |
  2. URL |
  3. MJF #-
  4. [ 編集]

yukoさん
ハルピンにも支店がありましたね。
天津支店と似たような造りで、今は美術館になっているようです。
横浜の歴史博物館では、5月2日午後、
「重要文化財旧横浜正金銀行本店本館建物公開」というイベントが予定されており、
同博物館と県庁本庁舎の建物の見どころを非公開部分も含めて案内してくれるそうです。
事前申し込みが必要ですので、興味がありましたらこちらのHPからお申し込み下さい。
http://ch.kanagawa-museum.jp/gyoji/gyoji.html#build
  1. 2009/04/13(月) 09:56:14 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

横浜の歴史博物館は年に1度以上、私も建物に興味があって常設展だけ見に行っています。
そこで、正金銀行時代の世界支店が展示されているのですが、今回のプログで再確認でき感激です。
たしかハルビンにもあったかも。(ウロ覚えです)
博物館のボランティアの方が元行員だったなんて!
今度わたしもガイドを頼んでみようかな。
  1. 2009/04/13(月) 02:45:07 |
  2. URL |
  3. yuko #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/248-733710bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハマの官庁街

数度目の横浜散歩。官営系の建物を廻ってみました。神奈川県庁舎、昭和3年築。内部も重厚感タップリ。古いエレベーターを潰して、倉庫にしてるのかな。扉だけを交換して、欄間はそのまま。物を粗末にしてません。横浜地方・簡易裁判所、昭和4年築。後ろの高層ビルの一部と...
  1. 2009/04/28(火) 15:23:56 |
  2. 「ぽこ」と呼ばニャいで!

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。