北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

土楼めぐりのお薦め拠点

120香港路牌楼

土楼観光と言えば、廈門を出発地に、
永定の「振成楼」、「承啓楼」や南靖の田螺坑村へ行くのが普通です。

でも、このあたりの有名土楼は、
連休中観光客でごった返しているはず。

ちょっと天邪鬼に、
あまり有名じゃないけど、特色のある土楼を巡ることにしました。

その拠点にしたのが、漳州です。

今回のマイナー土楼めぐりでに欠かせなかったのが
2つの参考文献。
一つは岡田健太郎著『客家円楼』
もう一つが、こちらのブログです。
http://plaza.rakuten.co.jp/fuxiao4649/2000

そのうち『客家円楼』では、土楼めぐりの利便性から、
また、中国歴史文化名城の一つに挙げられ、散策すると楽しいから、
この町での滞在を勧めています。

崇武古城見学の後は、泉州のバスターミナルまで送ってもらい、
その後、長距離バスで漳州に行く予定でした。

ところが、タクシーの運転手は、
丁度知り合いを漳州に送ることになっているそうです。
100元プラスして、私も便乗させてもらうことになりました。

知り合いというのは、産婦人科の若い女医さん。
なかなか楽しいドライブでした。

(2009年5月2日)


漳州と言えば、10年ほど前に日本でも有名になった、
肝臓病に効くという「片仔磺」という薬の生産地。
宿泊した「漳州大酒店」も、「片仔磺」社の経営と知ってびっくり。
よっぽど儲けたんですね。

ホテルで、歴史地区があるのは「台湾路」と「香港路」のあたりと聞き、
早速タクシーで向かいました。

台湾路のあたりに来ると、
それまでの高層ビルの並ぶ近代的な町並みが一変し、
古い木造の建物ばかりになりました。

台湾路には、戦前に建てられたような店が沢山残ってます。

CIMG9384

こちらは、「金ひょうたん 歯科医院」
"きれいな女性向け差し歯"が自慢だったようです。
今では、いろいろな計器を売るお店になっています。

彫刻や、窓のつくりがきれいですね。

116台湾路

彫刻をよく見てみましょう。

CIMG9404CIMG9403

なかなかシュールじゃないですか?

「百年老店」と書かれた天益寿薬店は、
今でも薬局のままです。
この店の窓飾りには、

119台湾路薬局ダビデの星

なぜダビデの星?

台湾路から南に入る小道が香港路。
ここには、明代に立てられたという牌楼が残されています。
冒頭の写真がそれです。

立派な牌楼を横目に見ながら台湾路をまっすぐ進むと、

127台湾路牌楼残骸

ここにあったであろう牌楼は、残骸となってますね。

香港路に戻って、残っている牌楼をじっくり見学。
細かな彫刻が施されているのはよいのですが、
なぜか、大音量で京劇のような音楽が流れています。

ふと路地を見ると、

124香港路楽隊

地元のお年寄りによる、ノリノリの歌劇隊でした。

香港路でふと上を見上げると、
二階に廟の様なものが見えます。

129香港路伽藍廟

裏に回ってみると、「伽藍廟」という看板があり、
”全国最小の空中廟ここから上がる”と書かれてます。

階段のてっぺんは板でふさがれており、
高級そうなカメラであちこちの写真を撮っていた中国人カップルも
あきらめてどこかへ行ってしまいました。

CIMG9428

しかし、そんな板ではあきらめません。
階段を上り、脇にあった戸をノックしたら、
人が出てきて伽藍廟の鍵を開けてくれました。

先程あきらめた中国人カップルも、戻ってきて
全国最小の廟をパチリ。
ただ、中は大したことなかったです。

香港路から秀文路という道に入り、
「毛主席万歳」などと書かれている家を見ながら歩くと、
孔子様を祀る、文廟がありました。

139文廟

何でも、宋の時代に建てられた、国家級重点文物保護単位だそうです。
何故か入り口には、土楼の模型。

137文廟土楼模型

俗に「四菜一湯」と呼ばれる、
有名な田螺坑村土楼群の模型です。

ここには行かないので、模型で我慢しましょう。

いよいよ明日から土楼見物です。

スポンサーサイト
  1. 2009/06/21(日) 17:03:11|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福建最大の円楼 | ホーム | 石造りの古都>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/253-57add9e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。