北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

秀篆鎮の土楼群

210秀篆鎮陳龍村龍潭楼

ちょっと、半月楼を探した秀篆鎮に話を戻します。

運転手の曽さんが、
自分の行ったことのない土楼をネットで調べてくれたことは、
既に紹介しました。

秀篆鎮の土楼として教えてくれたのが、
陳龍村にあるという"東泰楼"。

ガイドブックを頼りに、山に面した道路の左側で半月楼を探すかたわら、
右側を見ていると、いくつかの土楼が見えてきました。

田んぼの中を通る道を見つけ、
土楼の固まる集落に降りて行きました。

<2008年5月3日>


近くにいくつかの角楼を発見。
そのうちの一つが、運転手さんがネットで見つけた"東泰楼"でした!

これらの角楼見物は帰り道のお楽しみとし、
道路から見かけた大きな円楼を探しに行きました。

普通の民家や、雑貨屋などが並ぶ小道に、
こんな場所がありました。

204秀篆鎮陳龍村茶加工場

お茶の選別をしてるようですね。
或いは、茶葉から茎を取り除いてるのかもしれません。
話しかけてみたのですが、普通話が全然通じませんでした。

この小道を抜け、左に曲がったところに、
大きな円楼、"龍潭楼"がありました。(冒頭写真)

211秀篆鎮陳龍村龍潭楼

中には人が住んでおり、きれいに整理整頓がなされています。
門を入ったところの、天井に向かう階段も新しい感じ。

213秀篆鎮陳龍村龍潭楼

この隣に、もう一つの円楼がありました。
"光裕楼"です。

先程の龍潭楼もそうですが、
外壁に大きな窓がいくつもあります。

土楼は、そもそも外敵からの攻撃を防ぐことを目的としているので、
外部に開かれた窓を極力少なく、小さくしていました。
午前中に見た在田楼などは、最上部に小さな窓が並んでいるだけです。

219秀篆鎮陳龍村光裕楼

外敵を心配する必要がなかったのでしょうか?

中庭はこの通り、龍潭楼よりもかなり小ぶりです。

220秀篆鎮陳龍村光裕楼

円楼の見学を終え、
先程の集落の小道を抜けて、角楼に戻ります。

こちらが、運転手さんが調べてくれた"東泰楼"。

223秀篆鎮陳龍村東泰楼

中に入ると、
やはり人々が普通に暮らす、生きた土楼です。

225秀篆鎮陳龍村東泰楼

入口近くにいたおばさん達と話をしましたが、
ここでも普通話が極めて通じにくく、苦労しました。
テレビ見ないのかしら?

226秀篆鎮陳龍村東泰楼

アヒルさんにさよならして外に出ると、
門の前の池におじさんが入り込んで作業中。
池から、道を挟んだ向かいの田んぼに通じる水路に、水を汲み入れていました。

227秀篆鎮陳龍村東泰楼

最後に見たのがこちらの"会龍楼"。

230秀篆鎮陳龍村会龍楼

四角い角楼かと思ったら、
角が面取りされて、八角形をしています。

東泰楼もそうですが、
内部の壁にはきれいな絵が描かれていますし、

会龍楼装飾

各戸の門の横には、小さな飾りが付いています。

会龍楼門飾り

さて、この会龍楼、
門の外にこのような石が立っています。

会龍楼旗竿

これは"旗竿石"と呼ばれ、科挙の合格者を記念するものです。
穴の間に棒を通し、その間に旗を立てるのです。

石には
"嘉慶癸酉年貢士会龍楼xx芳孟春"
と書かれていました。

嘉慶癸酉年といえば、清の嘉慶18年(1813年)、
この土楼の住民が、首都北京で行われた科挙の会試に合格して、貢士になったんですね。
残るのは、皇帝に謁見する殿試のみ、ここでは基本的に全員合格ですから、
この方は中央の官僚になったのでしょう。

嘉慶帝というのは、乾隆帝の次の皇帝ですから、
この土楼も乾隆帝の頃には建てられていたことになりますね。

スポンサーサイト
  1. 2009/07/09(木) 21:21:46|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<土楼の王様・・・二宜楼 | ホーム | 行きはよいよい、帰りは?>>

コメント

Shinさん
日本には慣れましたか?
円楼はどちらかというと、暑さに強そうですよ。福建はそんなに寒くならないし。
  1. 2009/07/15(水) 21:25:25 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

円楼、すてきですね~。これは暑さ寒さには強いでしょうか?イメージとしては寒さには強そう。

大都会になった北京とはまったく違う景色ですね、同じ中国かと思うと中国の広さを感じます。いつかこんな中国にも旅行に行きます。

日本にいて中国のニュースに触れるていると、果たして僕がいた中国とこのニュースの中国は同じ国なのかな~と思ってしまうときもあります。
  1. 2009/07/14(火) 23:56:59 |
  2. URL |
  3. Shin #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/257-46aca5d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。