北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

捨て去られた土楼・・・瑞安楼

362瑞安楼

錦江楼の見学を終え、次に向かいます。

大通りから、錦江楼に通じる道に入るあたりに、
もう一つ瑞安楼という、今は人が住んでいない土楼があるはずです。

小道の入口まで戻り、
お店のおばちゃんに聞いたところ、
裏の畑の向こうにあるそうです。

畑の香水の臭いをかぎながら畑のあぜ道を進むと、
ずん胴型の円楼が見えてきました。

<2009年5月5日>


錦江楼もそうですが、土楼というより石を組み上げてできた石楼です。
よく見ると、周りに外壁の残骸と思われる石の壁が残っています。

誰も管理していないようで、
文物保護単位の看板もありません。

中に入ってみると、

354瑞安楼

外壁と部屋の仕切りの壁以外、
まったく朽ち果てていました。

元々、錦江楼の内楼と似たようなつくりだったのでしょう。
全体は二階建で、主楼の部分だけ高くなっています。

356瑞安楼主塔

部屋の一つに入ってびっくり仰天。
まるで、アンコールワットで見たタ・プローム遺跡のようです。

357瑞安楼ガジュマル

高いところにある窓、
壁にあいた銃眼、

360瑞安楼銃眼中から

正に、敵の攻撃を防ぐことを主眼として造られた建物なのですね。

363瑞安楼

戦闘に敗れたのか、或いは住む人がいなくなったのか、
石壁だけが知っているようです。

スポンサーサイト
  1. 2009/08/18(火) 17:51:30|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<宋朝の落人村 | ホーム | 無敵の要塞・・・錦江楼>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/264-7b20bac2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。