北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

宋朝の落人村

369趙家堡東門

私が大学時代に専攻したのは、中国の歴史。
その中でも、宋の時代が卒業論文のテーマでした。

大学で専攻しなくても、
宋朝の初代皇帝が趙匡胤であることは、高校で習いましたね。

宋の時代は文化爛熟の時代ですが、
軍事的には強力とは言えず、
北方の金に攻められて江南に逃れ、
その南宋も1279年に元に滅ぼされました。

宋朝が滅亡し、皇帝の一族(趙氏)が福建に逃れて住み着いたのが、
趙家堡と言われています。

<2009年5月5日>


錦江楼と瑞安楼を見物し、車で趙家堡の東門に着いたのが12時頃。
運転手さんが持参した、手抓麺のお弁当を食べていると、
錦江楼で会った3人連れに再会しました。

趙家堡は入場料を10元取られます。
といっても、事務所の係員が昼ご飯から帰ってくるまで切符が買えません。
いや、切符などというものはなく、ただの手書きの領収書だけが渡されました。

ガイドの勧誘を振り切って入場。

入口近くの地図を見て、まずはお目当ての土楼-完璧楼に向かいました。
ここは、人が住んでいたのでなく、村内の役所のような場所だったそうです。

ところが、

380趙家堡完璧楼

がーん。
修復中じゃないですか。

中に入ってみても、
天井に足場を組んで改装中。

376趙家堡完璧楼天井

村内の別の場所にあった案内板などが乱雑に置かれています。

すぐに見学をあきらめ、
入口近くにあった趙家堡全体を解説する展示を見ました。

すると

そこで、完璧楼の秘密を発見!
もう一度とってかえしました。

先ほど足場が組まれた天井部分に下りてみると、
階段の脇にこんな穴が。

382趙家堡完璧楼暗道

解説の展示によると、隠し通路だそうです。
真っ暗な通路に向けて、適当にフラッシュをたいてみると、

384趙家堡完璧楼暗道

確かに通路ですね~。
さすがに、ここに入っていく勇気はありませんでした。

さて、この趙家堡は、都を逃れた宋朝の落人が、
都を懐かしんで作った村だそうです。

こちらは、府邸の入口にあった門枕石。

389趙家堡府第門枕石

門の中には、先祖を祀る祠堂のような建物があり、
額縁の年号は、明の万暦己未(1619)年でした。

祠堂の隣には、今でも人が住んでいる住居があります。

393趙家堡府第住居

ここの家から出てきたのは、
なんと、入場門でガイドを売り込んできた女性でした。

都の宮殿にあったであろう、池も作られています。

399趙家堡荷花池の橋

この橋を渡って先のほうに歩いていくと、
城壁と門が見えてきました。

門の外は、一面の田んぼが広がっています。

406趙家堡西門から

あれっ、ここから入ったら入場料は要らないんじゃないの?

西門の内側には、お寺の跡も残っています。
仏宝塔を守っているのは、

408趙家堡牛

こちらのお牛様でした。

先程の池に戻り、北縁に沿って歩くと、
北門に出ました。

414趙家堡北門

ここからも、入場料を払わず入れそうですね。

高校生くらいの団体が、説明を受けています。
ここは"瓮城"。
門内に攻め入った敵をここに閉じ込め、
一気に壊滅させる仕掛けです。

412趙家堡北門瓮城

趙家堡では、北門だけにありましたが、
中国のどこの都城にもあるようですね、平遥にもありました。
北京の前門と正陽門の間も瓮城かも。

そろそろくたびれてきたので、趙家堡の見学終了。
いよいよ、土楼めぐりの旅の最後の目的地に向かいました。

スポンサーサイト
  1. 2009/08/23(日) 09:22:32|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トリを飾るのは・・・詒安堡 | ホーム | 捨て去られた土楼・・・瑞安楼>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/265-5428613b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。