北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

南の島の大王は

カメハメハ標識

♪南の~島の大王は~
その名も偉大なハメハメハ♪

水森亜土がNHKで歌ったこの歌は有名ですね。

島民全員がハメハメハという名前のこの南の島も、
そこを治めるロマンチックな大王も、
もちろんフィクションです。

でも、初めてハワイ諸島を統一したカメハメハ大王がそのモチーフになっているのは
間違いないでしょう。

ハワイの歌と言われてもうひとつ思いつくのが
"アロハオエ"

実はこの歌、ハワイ王国最後の君主、リリウオカラーニ女王の作詞作曲です。
しかも、白人の手によって女王の位を追われ、
それまで執務していた宮殿の一室に幽閉されていた時に
作ったものだそうです。

国慶節の休暇を利用して、初めてハワイに行ってきました。
滞在中、ワイキキビーチに一度も行ってません。
そんな、変なハワイ旅行記をお送りします。



いきなりクイズです。
明治維新の後、明治天皇が最初に迎えた国賓は誰でしょう?

答えは、ハワイ王国のカラカウア王です。
1879年(明治12年)に訪日したカラカウア王は、
明治天皇に対して驚くべき提案をしました。
15歳の山階宮殿下と、姪のカイウラニ王女の婚約です。

スコットランド人の父を持つカイウラニ王女、
この時はまだ5歳ですが、
大きくなった後の写真を見ると、なかなかの美人です。

とはいえ、明治天皇はこの突然の婚約提案は、
熟慮の末、丁重にお断りしました。

では、どうしてカラカウア王がこんな婚約話を持ち出したかと言うと、
話はカメハメハ大王にさかのぼります。

こちらは、ホテルの部屋に飾られていた、
カメハメハ1世の肖像画。

カメハメハ肖像

部屋の名前も、カメハメハ・ルームでした。

18世紀末、有名なキャプテンクックがハワイのハワイ島にたどり着きました。
彼らから西洋の進んだ武器を購入した、ハワイ島のカメハメハ1世。
次々と他の諸島を攻略し、ついにハワイ全島を統一しました。

イオラニ宮殿紋章

その後、歴代の王様は、白人を政府の中枢に採用しました。

昨年、伊香保温泉に行った時、ハワイ国公使の別邸を見学しました。
この公使は、ロバート・アルウィンという名前で、
デンマーク生まれのアメリカ人。
どうも、ハワイには住んだことがないそうです。
どうして、こんな人がハワイ王国の駐日公使をしているのかわかりませんでしたが、
そういうわけだったのですね。

時代が進むに連れて、ハワイの白人達の中には、
この国をアメリカのものにしようとたくらむ者が増えてきました。

カウカウア王は、そんな状況に危機感を持ったのでしょう。
アメリカへの牽制として、日本との接近を試みたのでした。

あの時婚約が成立していたら、今頃ハワイは日本の領土かも。

世界一周旅行で最新の科学技術に触れたカラカウア王は
建設したイオラニ宮殿に、電話、電灯を引き、
華麗な調度品を取り揃えました。

イオラニ宮殿円柱

しかし、この頃には、白人達はますます権力を強め、
カラカウア王を銃剣で脅し、白人中心の憲法を認めさせていました。

カウカウア王が1891年に亡くなった後、
王位を継いだのが、妹のリリウオカラーニでした。

リリウオカラーニ

彼女はハワイ人の国を取り戻すべく、新憲法を起草しましたが、
逆に白人勢力は臨時政府を樹立、
さらにハワイ共和国を設立してしまいました。

女王を支持する勢力は、武力蜂起しますが、
鎮圧され、女王は逮捕されてしまいます。

幽閉されていたのは、兄カラカウア王が建てたイオニア宮殿の一室。
ここで廃位宣言に署名させられ、ハワイ王国は消滅してしまったのです。

イオラニ宮殿

イオラニ宮殿は日本語ガイド付きで見学できますが、
写真撮影は禁止。

こちらは、リリウオカラーニ女王が、夫のアメリカ人ジョン・ドミニスと住んでいた
ワシントン・プレイス。
現在はハワイ州知事の公邸です。

ワシントンプレース

ガイド付きのツアーがあるのですが、
残念ながら時間が合わず、見学できませんでした。

リリウオカラーニは、アメリカ政府にハワイ王国の再興を嘆願しましたが、
うまくいきませんでした。

でも、一つ成功したことがあります。
歴代の国王が眠る王朝廟を、永久にハワイ王国領とすること。
このことはアメリカ議会で認められ、
王朝廟は今でもハワイ王国の領土です。

王朝廟

門にはハワイ王国の紋章が掲げられ、

王朝廟紋章

敷地にはハワイ王国旗が翻っています。

王朝廟国旗

カメハメハ1世の遺骨はここには葬られていません。
盗掘を恐れて海中洞窟に葬られたそうで、今でも場所はわからないそうです。

それ以外の王様、女王様およびその家族が
ここに祀られています。

カメハメハ廟カラカウア廟

今年はハワイがアメリカ合衆国の50番目の州になって50周年。
ハワイでは記念のイベントも開かれていましたが、
素直にはお祝いする気になれませんね。


スポンサーサイト
  1. 2009/11/01(日) 11:55:43|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<OHAKAMAIRI | ホーム | 北京でお散歩索引>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/270-0bae73d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。