北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

OHAKAMAIRI

マキキ墓地

現在、ハワイの人口の約2割が日系人だと聞きました。

日本からハワイに初めて移民が到着したのは1868年、明治元年のことです。
この時の移民は、政府の正式許可を得ていない、いわば密出国。
2,3年の出稼ぎで来たそうですが、この地で一生を過ごした方々も多かったそうです。

ハワイ王国のカルカウア王が、明治天皇の最初の国賓として迎えられたことは、
前回のブログでも書きました。

その4年後の1885年、両国の間で移民条約が結ばれ、
官約移民と呼ばれる正式な移民が始まりました。

官約移民でも、不法移民でも、サトウキビのプランテーションなどで
奴隷のような労働に従事していたのは変わりません。

ハワイには、この地に骨を埋めた日本人達の墓地があり、
今でもきれいに管理がなされています。


オバマ大統領が通ったハワイ大学。
その南側のモイリリ地区は、その昔、日本人街として栄えていたそうです。

最初に設立されたマキキ墓地が手狭になったため、
1906年、この地にも日本人墓地が作られました。

Kuhio Schoolに近い住宅地の一角に、こんな塀と門があります。

モイリリ墓地門

中に入るときれいに整備された、完全に日本風のお墓です。
一つ一つの墓石には、故人の出身地が書かれており、
周防大島や沖縄の住所が目に付きました。

モイリリ墓地碑

ネットで詳細な場所を探していたときに見つかったのが
"Bon Service at Moiliili Cemetery (ohakamairi)"
お盆にお墓参りをするんですね。

運転手さんによると、日系人の間では、
本国では忘れられてしまった日本の古き良き習慣が、しっかり残っているそうです。

お墓参りも、お盆やお彼岸だけでなく、普通の週末にも行われているとのこと。

モイリリ墓地車

確かに、我々が訪問した時にも、
車で乗り付けて、お墓に花を供えている方々がいました。

モイリリ墓地の近くには、Japan Culture Centerという施設があります。
日本語では、日本文化センター。
テレビショッピングみたいな名前ですが、
移民の歴史、当時の生活、戦争中の苦労話などが紹介されており、
見ごたえがあります。

時間がなくて、早足での見学になってしまいましたが、
もう少し時間をかけて、ゆっくり見たい施設でした。

冒頭の写真は、最初に作られた日本人墓地、マキキ墓地です。
この墓地には、海外で最初の海軍墓地も設けられています。
今でも海上自衛隊の艦隊がホノルルに寄航すると、この墓地に参拝・献花をするそうです。

マキキ墓地碑

ハワイには、多くの日本移民達の無縁仏があったのですが、
1986年、日系人組織が寄付を募り、
その御霊を弔うために、この「ハワイ日本人移民慰霊碑」が建てられました。
約300柱がこの下に眠っているそうです。

明治元年にこの地に渡った、最初の日系移民達は、「元年者」と呼ばれています。
こちらは、マキキ墓地にある元年者達のお墓です。

マキキ墓地明治元年

マキキ墓地に行く途中、
チャイナタウンのはずれにある、こんなところに寄ってみました。

ハワイ出雲大社看板

"布哇(フアイ)"というのはハワイのこと。
1906年に建立されたハワイ出雲大社です。

ハワイ出雲大社

社務所で"ハワイ出雲大社"と書かれたお守りを買ったら、
その10倍はしそうな、カラー版の90周年記念画報をもらいました。

お笑いの「さま~ず」(よく知りませんが)のテレビ番組で
普通じゃ行かないハワイの観光地として取り上げられたので、
日本から沢山観光客が来ると言っていました。

こちらは、さま~ずも取り上げなかった場所です。
何だかわかりますか?

浄土宗総院

ピンクの外壁に、
イスラムチックな外観。

なんと、浄土宗総院という、仏教のお寺です。

これで驚くのはまだ早い。
建物の2階にある本堂に上がってまたびっくり

浄土宗総院座席

畳ではなく、教会のような椅子が並んでいます。
座席の前のポケットに刺してあるのは、
右からめくると漢字、左からめくるとローマ字で書かれた、経文です。

そこに現れたのが、最近現役を引退したと言う、元住職(下の写真右端)。
岡山県のお寺から派遣されたそうで、
自分をことを"Bishop"と呼んでいました。

浄土宗総院本堂

Bishopによると、毎週日曜日に法話の会があり(もちろん英語)、
特にお盆の時には座席がいっぱいになるそうです。

白人のエリートは、日曜日に教会に行くのは当然だと思っているでしょうから、
日系人達も、人でなし扱いされないように、日曜の法話というのを聞きに来るようになったのでしょうか?

浄土宗総院骨壷

こちらは骨壷の保管庫。
一つ一つに"中村家 NAKAMURA"、"岩崎家 IWASAKI"などと書かれています。
最近は景気が悪くなった影響か、銅でできた骨壷を盗む不届き者がいる、
と、Bishopが嘆いていました。

スポンサーサイト
  1. 2009/11/07(土) 09:26:22|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ここにもあったか! | ホーム | 南の島の大王は>>

コメント

H.Yokotaさん
大変御世話になりました。
ハワイについては、あと2回書くつもりです。
  1. 2009/11/11(水) 17:55:55 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

natukasii

ハワイの記録、読ませていただきました。あれこれ、思い起こされて、感動を新たにしました。ohakamairiという旅行記はほかにはまず、ないでしょう。いい旅でしたね。
  1. 2009/11/10(火) 20:31:47 |
  2. URL |
  3. H.Yokota #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/271-a4559f24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。