北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

リメンバー・パールハーバー

085アリゾナ記念館

ホノルル空港に到着して、
ホテルにチェックインする前にまっすぐ向かったのは、

空港の近くにある真珠湾です。

アリゾナ記念館は入場無料ですが、
時間指定の整理券をもらう必要があります。

入手したのは30分後の入場券。
別途借りた機械による音声ガイドを聞きながら周囲の展示を見ていると
まもなく入場の時間になりました。


まず入場するのは映画館。
退役軍人の方のナレーションの後、真珠湾攻撃のビデオ見学です。

憎きジャップが、宣戦布告もせず、卑怯な闇討ちをした

そんな説明を聞かされるんだろうな、
と思っていたのですが、実際は完璧に中立な説明でした。

日本の靖国神社の遊就館や中国のいろいろな展示館と比べて、
アメリカの度量の広さが伺えました。

むしろ、奇襲攻撃を受けてしまった原因を、一人の無線将校の行動に求めています。
実は、1941年12月7日(アメリカ時間)には、
カリフォルニアから米軍の飛行部隊が、
ハワイの基地に配属されることになっていたそうです。

レーダー係が接近する飛行隊を捕捉、本部に連絡しました。
それを受けたのが件の無線将校、前日に基地に赴任したばかりでした。
「心配ない。今日到着予定の米軍飛行部隊だ」と返答してしまったそうです。

おかげで撃沈されてしまった戦艦アリゾナ号。
そのまま引き上げず、真上に記念館を建てて、平和を祈念しています。

模型を見ると、こんな感じです。

094アリゾナ記念館模型

映画の後は、船で記念館に向かいました。
右側に見えているのは、水底に沈む戦艦の煙突です。

079アリゾナ記念館

記念館の運営はアメリカ海軍、運転しているのも現役のアメリカ軍人です。
舵を握る若い女性水兵さん、船をガツンガツンと岸壁にぶつけて停めました。

船から上がって、館内(と言っても日が当たって結構暑い)に入ります。

086アリゾナ記念館

記念館には、アリゾナ号と運命を共にした兵士の銘板の他には、
特に展示物はありません。

銘板をじっと眺めるアメリカ人のお客さんも少なくありませんでした。

建物からは水底に沈むアリゾナ号を眺められます。
水の中はよく見えませんが、海面から顔を出した、錆びた船体が痛々しい。

092アリゾナ記念館

20分ほどで記念館での見学を終え、
先程の船に乗り陸に戻ります。

チケット売り場でサンドウィッチを買い、ベンチで昼食。
近くには米軍潜水艦の司令室などが飾られていますが、
こんなものも。

100人間魚雷回天

日本の、いわゆる人間魚雷"回天"です。
母艦に帰る能力を持たないこの潜水艇、
狭い空間に人間が乗って、何の役に立ったのでしょう?

スポンサーサイト
  1. 2009/11/22(日) 08:54:53|
  2. 避けて通れない話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<戦艦ミズーリ | ホーム | ここにもあったか!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/273-edc8fd18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。