北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

前門の草廠胡同

草廠二条14号


前門地区で大規模な取り壊しが始まっているので、
前から行こうと思っていた草廠胡同を散歩してきました。

前門大街から鮮魚口街を東に入って10分ぐらい歩くと、右側に草廠頭条があります。

北京の胡同は、特に故宮を取り囲む内城の中の胡同は、東西に作られているところが多いです。
ものの本によると、採光のためと、冬の北風が通り抜けるのを避けるためとのこと。

ところが、草廠頭条から二条、三条・・・十条までの胡同は、南北に緩やかなカーブを描きながら通っています。

昔ながらのたたずまいを残した、趣のある胡同たちだと、本では紹介されていました。


まず、草廠頭条に入ってみましょう。
木の色がそのままの木造の門が随分あります。

この門は、構えが立派です。
でも、素朴な木の色と、練炭がいい味出してますね。

草廠頭条24号

ちなみに、内城の胡同で典型的に見られる門と比べてみてください。
内城は貴族の住んでいた地域、今の地下鉄二号線(環状線)の内側です。
一方前門は庶民の住んでいた地域です。

これは、前海の東側、南羅鼓巷に近い板廠胡同で撮った写真です。

板廠胡同23号

門の上に太い棒が4本突き出していますね。
これを門簪といい、4本か2本かによって住んでいる人の位が違うのだそうです。
門が壁からどれだけ引っ込んでるかも、官位によって決まりがある、と聞いたこともあります。

草廠頭条のこの門には、そもそも門簪がないですね。

胡同で見かける門には、非常に綺麗な彫刻が施されている物があります。
こちらは、内城の秦老胡同35号の家の門です。

秦老胡同35号

草廠二条の門の彫刻はどうでしょう。

彫刻は、てっきり大きな石にそのまま彫るのだと思っていましたが、
ここでは、彫刻をした薄っぺらい表面の石がはがれて、中の木材が見えてますね。

草廠二条13号


草廠頭条から十条までを横に貫く草廠横胡同というのもあります。
そこで見かけたこの門は、彫刻もなかなか細かく、風格出してます。

草廠横胡同33号


草廠頭条のこの家の門の脇には、大きな丸い石が無造作においてありました。

草廠頭条6号

同じような石が、壁の横に縦になって塗りこめられているのもあります。

北芦草園胡同9号

これは、みんみんさんのブログで紹介されていた、石臼です。

内城の胡同ではあんまり見ませんが、ここには沢山ありました。
石臼の一部が、どうして縦になって壁に塗りこめられているんでしょうか?
しかも半分は顔をのぞかせて?

この家など、石臼の脇には、本来なら門の両脇にあるべき門トン(「石」ヘンに「敦」)が置かれています。
無茶苦茶です。

草廠横胡同7号


一番東の端、草廠十条5号のこの家は、小さな門の上に大きな門がかぶさるようになっていますね。
となりの3号も同じです。

草廠十条5号


今回の取り壊しリストには、草廠三条と十条の何軒かが載ってました。
幸い、この家は取り壊しの対象にはなっていないようでした。

でも、役人や開発業者、不動産屋など、いろいろな人がこのあたりをうろついているんでしょうね。
私が草廠八条である門を眺めていたら、そばに立っていた小父さんがこちらを睨んでいます。
写真を撮るのをあきらめて歩き去ったのですが、振り返るとまだ見てます。
結局草廠横胡同の角を曲がるまで睨まれてました。

草廠七条では、綺麗な門が開いていて、四合院の中が覗けました。
他のごちゃごちゃした大雑院と違ってすっきりしており、新しいフェンスなども院内にできていました。
あまりじっと覗いていたら、通りがかりのおじいさんに胡散臭そうな目で睨まれたので、ここでも写真を撮らずに退散しました。

最後に一つ、ちょっと場違いな建物がありました。
「北京市新富金剛石工具廠」
「金剛石」というのはダイヤモンドのことです。
ダイヤを使ったガラス切りの道具などを作る工場でしょうね。
でも、何でこんな場所に?
入り口の上の、かつては赤かったであろう星がなんともいえません。

ダイヤモンド工具工場

スポンサーサイト
  1. 2005/12/23(金) 08:28:20|
  2. 北京でお散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<北朝鮮の名物料理-平壌冷麺 | ホーム | 前門地区再開発>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/33-26b4689c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。